生きた天然の橋。幻想的過ぎる

インドの北東部の奥地にあるメーガーラヤ州のチェラプンジというところは「生きた橋」がある。

ここはしょっちゅう洪水が起こるので、通常の橋は激流によって流されます。
そのため地元住民たちは強靭な根を持つゴムの木を、10年から15年もかけて対岸へと誘い、50人ほどが渡っても耐えうる「樹木の橋」を実現させました。
尚、橋は二重になっていて、優に500年以上の時間を経過し、いまなお成長し続けているそうです。

こんな記事も読まれています

コメントを残す