「Microsoft(Windows)」カテゴリーアーカイブ

【解決済み】既定のアプリを変更しても、変わってくれないバグの対処法 Windows10

設定やコントロールパネルから既定のアプリを変更できない問題

Windowsで「既定のアプリ」を変更しても変わらない問題が多数報告されている。
以下の条件に当てはまれば、下記の解決法を試してみるとよい。

 

条件と症状

・ファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」から変更しても無理
・歯車マークの「設定」から「アプリ」→「既定のアプリ」→「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」から変更しても無理
・再起動しても無理
・コントロールパネルからいっても無理(結局「設定」から進むのと同じ)。


↑この辺の設定ではいくらやっても既定のアプリが変更できない

 

原因

2018年10月からに配布されたWindows updateのKB4462919が悪さをしている。

ちなみに、KB4462919には既定のアプリの問題だけでなく、PCの環境によっては起動不可になるという、恐ろしいバグを含んでいる。

 

対処法

・ウィンドウズアップデートのKB4462919をアンインストールする。

左下のWindowsのマーク→歯車マークの「設定」→「更新とセキュリティ」

「更新の履歴を表示する」

「更新プログラムをアンインストールする」

KB4462919をアンインストール

アンインストールが終わると再起動されるので、その後普通に「既定のアプリ」を変更してみよう。

 

更新プログラムが自動で再インストールされないようにする

Windows 10 に一時的に再インストールするのを止める必要がある。

Windows8 までは設定画面から更新プログラムを選んでスキップすることができたが、Windows 10では不可。

そこで、マイクロソフト公式の更新停止ツールを使う。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3073930/
このページの中ほどの
新しいドライバーの修正プログラムがリリースされるまで、一時的にドライバーが再インストールされないようにするには、Windows 10 用の Windows 更新プログラムとドライバーの非表示と表示を切り替えるユーザー インターフェイスを提供するトラブルシューティング ツールを利用できます。

次のトラブルシューティング ツールは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

[ダウンロード] アイコン 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージ」

と書いている場所から、wushowhide.diagcab というトラブルシューティングツールをダウンロードして、更新プログラムを停止させておこう。

この記事も読まれています