「東欧・中央ヨーロッパ」カテゴリーアーカイブ

ブルガリアの共産党本部廃墟。美しすぎる。

廃墟はマニアがいるほど人気で、なぜか心にグッとくるものがある。あのヨーグルトでお馴染みのブルガリアに、世界で一番美しいと言われる廃墟があります。これは冷戦時代に利用されていたブルガリア共産党の建物です。

この記事も読まれています

こんなファラオ嫌。古代人の悪ふざけ。

もちろんふざけてはおらず、子だくさんや、子孫繁栄を願っての事だろう。
ラムセス2世は190人もの子供を持った(養子も含む)ことで有名だが、古代エジプト人がファラオの子孫繁栄を重要視していたことが分かる。
ちなみにこのファラオは、オーストリア、ウィーンの美術史博物館に収蔵されている。

神秘的なザルツカンマグートのドクロ

オーストリア西部のザルツカンマグート。電車と船を乗り継いでしかいけない田舎の村だが、映画サウンド・オブ・ミュージックのオープニング撮影にも使われた美しい山々と湖が有名。
そんな小さな山間の村に、大量のドクロが奉られている建物が街中にポツリとある。