「東南アジア」カテゴリーアーカイブ

これで普通に売り物。タイで見かけた手作りっぽい変な顔のTシャツ。変なお土産。

タイの服屋で見かけた手作りっぽいTシャツ。何気に400Bもした。謎のお土産。
俺以外絶対買わねーと思いながら購入した。

この記事も読まれています

タイの最先端ファッションはここから始まる。斬新なファッションのおっさん。

タイは暑い。熱帯だ。春夏秋冬はなく、1月~12月まで暑いので、衣替えはない。お正月も夏休みもクリスマスも半袖短パンなわけだ。
クローゼットが小さくてすむ。
だからこんな素晴らしいファッションも1年中できる。うらやましい!

この記事も読まれています

タイ北部の村ノーンカイのブッダパークの気持ち悪い像

タイ北部、ラオス国境の村ノーンカイのブッダパークには気持ち悪い謎の像がたくさんある。
蛇の神っぽい像の手がおかしなことになっていた。
やばい。あんまり神々しくもありがたくもないのがまたタイクオリティで素晴らしい。

この記事も読まれています

タイ北部の田舎町、ラオスとの国境の町ノーンカイの謎の仏陀パーク

ブッダパークと聞けば遊園地っぽいが、実は巨大な仏像(?)の彫像がいたるところに鎮座されている公園のようなもの。仏教の仏像だけでなく、ヒンディー教、バラモン教などの彫像がごちゃ混ぜに配置されている。
珍しく行く価値のある”くそスポット”だ。タイ北部に行く機会があれば是非足を運びたい。

この記事も読まれています

空気が乾燥している時の対処法。多分20世紀少年の”ともだち”も喉が弱かったんだろう

熱い国によくあることなのだが、エアコンが効きすぎている。温度が低いだけなら温度を上げるかエアコンを切ればいいのだが、窓がない安宿でエアコンを切ることは不可能。温度を上げても空気は乾燥する…
というわけで顔にタオルを巻いて寝よう。この方法なら、いくら寝返りをうってもマスクのように取れる心配はない。

この記事も読まれています

タイの屋台で売ってた虫。芋虫、タガメ、カマキリ

タイ北部のラオス国境の村のノーンカイは隠れた観光スポット。虫が食べられるのは当たり前。仏陀パークとかいう変な仏閣もあって見所満載…なのかな?でも結構楽しめる。
虫は、素揚げして佃煮のような感じで味付けされていて香ばしくて美味しい。
食感と見た目さえ我慢すれば…

この記事も読まれています

ラオスでおっさんに貸してもらった手漕ぎボート。水をかき出さないとビタビタになる。

ラオスの北のほうの村、ノーンキャウで、その辺のおっさんにボートを借りた。
当たり前だが、水がザブザブ染みてくる。10分に1回水をかき出さなければいけないので結構大変だった。水がたまると、危ない以前に全く進まなくなる。「なんで漆とか塗って水しみないようにするとか考えないのか。」とか考えたあなたは日本人ですね?

この記事も読まれています

ラオスのおやつ、鳥の足。鳥の足を丸のまま直火でグリルしてみました

ラオス北部の農村の屋台では直火で焼かれた鳥の足の串焼きをよく見かける。ただ、炭火ではなくただの木を燃やしているだけなので、お世辞にも香りはいいとは言えず、肉もほとんどない。味は鳥皮と同じような感じ。
クリスピーなおやつ感覚なのだが…うーん。ラオス人はあまり食べていなかったので、多分現地人の中での立ち位置は、日本でのベビーカステラよりも下だと思う。

この記事も読まれています

ラオスの定番のお土産。共産党Tシャツ。別名ソビエトTシャツ。

ベトナムでも類似のお土産を見かけるが、ラオスは安い。
東南アジア最貧国の1つであり、海岸線に面しておらずまた国土の多くが山であるためにあまり発展した産業はない。
首都ビエンチャン以外では道路もほとんど舗装されていないので交通インフラも貧弱。
そんな物価の安いラオスではベトナムで1枚300円程度で売られているこのTシャツも、100~150円で購入できる。

この記事も読まれています

ラオスの街中で遊ぶ子供達にフレンドリーに接してみたら?

ラオスは世界でも最も治安の良い国の1つだと言われている。人はみんな親切で丁寧で金に汚くない(ように見える。少なくとも近隣国に比べると格段に)
なので、街中でリヤカーで遊んでいた子供に話しかけて一緒に遊ぼうとしたら、超不審がられた…そりゃそうか。

この記事も読まれています