「西ヨーロッパ」カテゴリーアーカイブ

F1のベルギーGP観戦、ドライバーに近づけるお勧めスポット、チケットの購入方法、スパ・フランコルシャンサーキットの様子とお勧めの観戦スポット

海外のF1観戦チケット購入方法

F1公式サイトなどからでも購入できるが、一番簡単なのが
Spaグランプリの公式Webサイトからの購入。

レース当日の金、土、日の近隣都市からサーキット会場までのシャトルバスも同時に予約できて便利。

シャトルバスに関しては、こちらに詳しくまとめているのでご参考までに。
スパ・フランコルシャンのサーキット会場へ行く方法。公共交通機関とシャトルバス発着のおすすめ都市

こんな感じのEチケットがメール添付で送られてくる。
スマホ画面でも大丈夫なのかな?と思っていたが、プリントアウトしろと書かれているので、ちゃんとプリントアウトしておこう
当日、お客さんもみんなちゃんとプリントアウトしていた。

 

お勧めの観戦ポイントと、おすすめのサーキット会場イベント(ファンゾーン)

下のサーキット地図で言う上、Silver2のすぐ裏にシャトルバスは到着する。
レンタカーで行っても同じ場所に駐車場がある。

ゲートをくぐってすぐに、ファンゾーンが見えてくる。
ピットストップ体験などの無料アクティビティも5個ぐらいある。

2019年はF2のレースで事故死してしまったアントワーヌ・ユベールの写真があり、みんな思い思いのメッセージを書いていた。

さらに奥に行くと、上のサーキット地図の①の辺りで、舞台があって、土曜日は昼過ぎ頃からイベントをしている。

ここで行われるクイズ大会はお勧め

希望者がその場で挙手して舞台に上げられ(とは言え、希望者は10人に満たないぐらい少なかったので、希望しさえすれば誰でもOK)、簡単なF1の2択クイズを出される。
ミハエル・シューマッハはF1で何回ワールドチャンピオンになったでしょう?A.5回、B.7回…のような。

英語とフランス語のどちらでも出題していた。

舞台下の観客が「叫んで答えを教えてもOK」というルールで、スマホで調べて舞台上の人に教えるというチームプレイも認められている!
とにかくゆるーい感じのクイズ大会

しかし、商品はなかなか豪華で、10人中勝ち残った3名に、スパ・フランコルシャンサーキットのドライブチケット(ペア)がもらえる。
伝説のスパを運転できるチケット、なかなか欲しいじゃないか!

ただし、運転できるのは土曜日の夕方なので、シャトルバスで来ている人は時間的な制約があるかもしれないので注意。

その舞台の手前からはちょうどオウルージュが見える。

 

サーキット内の食事事情

支払は全てチケット制。
まず、チケットブースで、チケット10枚を35ユーロで購入する。10枚単位でしか買えない。

次に、こういった感じの屋台のブースでチケット1枚でハンバーガー、サンドウィッチは1.5枚、ソーセージパニーニは2枚という風に、チケットで支払う。
残ると勿体ないので、ビール350mlか水500ml(チケット1枚)、ビール500ml(チケット1.5枚)で最終的に調整するといいだろう。

だけど、食事は期待しない方がいい。私は週末を通じて4種類の食事+ワッフルを食べたが、許せる範囲の味だと思えるものは何もなかった
街のカフェや駅のコンビニで買えるパンやサンドウィッチの方がよっぽどおいしい

バーガー。正直クオリティはとても低い。

サーキット内は原則何でも持ち込みOK。缶ビール、ペットボトル、パンなどを街で購入して持っていく事を強く勧める。

ただし、ビン類は持ち込み禁止なので注意。

サーキット内のトイレ事情

客席付近のいたるところにトイレは設置されている。
男子トイレと女子トイレの数は同じぐらい。観客は男の方が多いので、男子トイレの方がやや混む。
でも並ぶと言っても問題ないレベル。

 

サーキット内のウォーキングスポット(見どころ)

この地図の通りに歩いてみるのがお勧め。

からサーキットの下を潜るトンネルを抜けるのだが、その横でオウルージュの坂道感を味わえる。

トンネルをくぐって、②の辺りでオウルージュ(赤い川)を見る事ができる。
サーキットのコーナーのオウルージュの語源にもなった川で、一見の価値あり(川としては普通の小川)。

は次に書いている、お勧め観戦スポット。

では、F1ドライバーやチーム関係者が入ってくる道を歩くことになる。
チャールズ・ルクレールの運転する紺色のフェラーリに遭遇。
思わず声をかけたが、ルクレールはニコリともしてくれなかった。超クール!
いきなりの事すぎて写真は撮れず。

入り待ち出待ちをしている人はいるものの、それ程混雑してないのでお勧めポイント。

 

サーキット内の観戦スポット(ブロンズ席の人向け)

スパフランコルシャンの有名な観戦スポット。
岩山のふもとや上はブロンズチケット(自由席)で入れる場所
人気の場所なので場所取りが必要だが、眺めはGOLD6(450ユーロ)とほとんど同じ。
ブロンズは195ユーロなので半額以下で、GOLDの眺望が得られる場所。

この地図では、③の辺り
SILVER2の裏が駐車場、シャトルバスの乗り場なので、矢印に従って、オウルージュからサーキットをくぐるトンネルを抜けて行くといい。

 

ベルギー山間部、F1観戦に適した服装

木金はとても暑かった。30℃前後になり、半そででも暑いぐらいだった。
観戦していた場所には屋根があったが、なんと屋根ありの中の最前列だったので太陽は燦々と差し込み、かなり辛かった(木金だったので、上の影のある空席に移って観戦)。

一転、土日は薄曇りでやたらと寒い。
20度前後だが薄いダウン+暖かいお茶が欲しいぐらいだった。

ということで、半そでもしくは薄手の長袖を着て、寒くなったら上に羽織る物とストールや綿のマフラーがあると良いだろう。
晴れ予報であっても、結構な確率で雨も降るので、屋根のない場所ならレインコートと傘もあった方がいい。
ちなみに傘の持ち込みもOK(パラソルNG)。
 

F1観戦でお勧めの座席

観戦する場所を決めかねているなら、お勧めはGOLD6、GOLD7、GOLD8の3つ。
前述の通り、GOLD6は、そのすぐ横のブロンズで入れる岩山もお勧め。

GOLD7はこんな感じで見える。スタート直後に第1コーナーで荒れるので、最初から目を凝らして見ておこう。

 

日曜日のレースが終わったら

表彰台はGOLD1の前にある。
表彰式を見るためには、GOLD9横あたりからコースに入れるのでのでお勧め。

普通に歩いて入れる場所もあるが、そこまで行かなくても、こんな感じでタイヤバリヤの隙間から飛び降りることも可能

タイヤバリアは1mぐらいあるので、膝ついたりすると、擦りむけるよ。

SILVER1の辺りからもサーキットに入れる。
オウルージュの上まで登って、撮影。

タイヤカスも拾える。
レース中にもしクラッシュがあったのなら、破片も拾える。

この記事も読まれています

F1ベルギーGPに行こう スパ・フランコルシャンのサーキット会場へ行く方法。公共交通機関とシャトルバス発着のおすすめ都市

レンタカーで行けるのは知ってるけど、海外の運転は怖いし交通渋滞も嫌だし、そんな人にはシャトルバスがお勧め

F1のベルギーグランプリ、一度は行ってみたい有名サーキット。

詳細は開催年によって違うが、長距離シャトルバスを含めて概ね毎年運行しており、Spaグランプリの公式Webサイトから予約できるので便利。

ちなみに、2020年のシャトルバス運行都市は以下の通り。
同じ都市名でも、フランス語表記、ドイツ語表記、オランダ語表記と全て綴りも発音も全く似ても似つかないものもあって難しい

ベルギー
Anvers/アンヴェール (アントワープのフランス語表記、オランダ語表記でAntwerpen/アントウェルペン) 35ユーロ/1日
Bruxelles-Midi/ブリュッセル中央 35ユーロ/1日
Bruxelles-Nord/ブリュッセル北 35ユーロ/1日
Charleroi/シャルルロワ 35ユーロ/1日
Gand/ヘント 45ユーロ/1日
Liège/リエージュ 35ユーロ/1日
Mons/モンス 35ユーロ/1日

フランス
Lille/リール 45ユーロ/1日
Namur/ナミュール 35ユーロ/1日

オランダ
Amsterdam/アムステルダム 55ユーロ/1日
Eindhoven/エイントホーフェン 35ユーロ/1日
Maastricht/マーストリヒト 35ユーロ/1日

ドイツ
Aix-La-Chapelle/エクス・ラ・シャペル (アーヘン/Aachenのフランス語表記) 35ユーロ/1日
Düsseldorf/デュッセルドルフ 35ユーロ/1日

ルクセンブルク
Luxembourg/ルクセンブルク 35ユーロ/1日

近いのはリエージュとマーストリヒト(オランダ)とアーヘン(ドイツ)。地図中の青文字で、リ、ア、マと書いてる場所。
バスで1時間~1時間半の道のり。

シャトルバスは、Silver2のすぐ裏に到着する。FANゾーンもこの辺りなので嬉しい。

ちなみに、シャトルバスではなく観光バスのツアーの場合、GOLD8辺りに着く便もある。
 

シャトルバスの予約のしかた、チケット、バスの乗り方

予約はSpaグランプリの公式Webサイトから予約できる。

こんなページ。

チケットはEチケットでメールで添付されて送られてくる。

シャトルバスはバス停や駅前に迎えに来てくれる。前日には看板などはでておらず、少し不安になるかもしれないが、分かりやすい場所に来てくれるので心配いらない

朝の6時か6時半ぐらいなので、少し薄暗い。

こんな感じのバス。予約人数が多い場合は2台、3台とやってくる。
乗客は完全にリスト化されているので、名前やチケットを確認される。予約なしでその場でお金を払って乗る事はできない

時間が近くなると、あー絶対F1行くって言う人が集まってくる。

 

でもシャトルバスの乗り場として、リエージュ(ベルビエも)をあまりお勧めしない理由

まず、リエージュ
確かにかわいい街だし、スパ・フランコルシャンにも一番近い。

でも街が小さいので、F1開催中はホテルが取れないし、宿泊費がやたらと値上がりし、普通のホテルで1泊4万円程になる事もしばしば。あまりお勧めしない。
ベルビエという街もリエージュの近くにあるが、ベルビエでも普通のホテルで1泊3万円は覚悟しておいた方がいい。

あと、ベルギー南部の街は英語は思いの外通じない。フランス語圏だからだ。
 

おすすめはアーヘン(フランス表記Aix-La-Chapelle/エクス・ラ・シャペル)かマーストリヒト(オランダ)

・シャトルバスでも日曜日で1時間半(金曜土曜はもっと短い)でつくのがありがたい。
・街の規模もそれなりに大きいながら、そこまで大都市じゃないので過ごしやすい。
ホテルが通常の値段でとれる!
英語が通じる。
・観光する価値ありの素敵な街。
・アムステルダムやブリュッセルの空港から、列車で街まで簡単に行ける。
 

アーヘンの街の紹介

アーヘンには滞在したので、アーヘンの街紹介を少々。

神聖ローマ帝国の皇帝であるカール大帝ゆかりの街、アーヘンではカール大帝が埋葬されている大聖堂がある。

中にももちろん入れる。大聖堂前の広場ではカフェやレストランがたくさんあって、なかなかにおいしい料理も食べられる。もちろんビールも

詳しくは知らないが、超有名なパン屋らしい。Nobis Printen/ノービス・プリンテン。カフェ併設。

大聖堂の中。結構立派。カール大帝の彫像なども。

ドイツビールはもちろん外せない!

F1ベルギーGP観戦記、木曜スパフランコルシャンサーキットへ行く方法と、木曜にサーキットでできる事 2019年

F1ベルギーGPを見に、スパフランコルシャンサーキットへ行く方法

F1観戦の為にサーキットに向かう方法は国によって様々だが、ベルギーGPはシャトルバスがお勧め。

リエージュ、ベルビエ、リール(フランス)、アーヘン(ドイツ)、エイントホーフェン(オランダ)、などの近隣都市はもとより、ブリュッセル、アムステルダム(オランダ)、デュッセルドルフ(ドイツ)などの比較的遠い場所からのシャトルバスも毎年、金土日と運行してくれている。

だがしかし!木曜日にはシャトルバスが無い!

木曜日のファンゾーンのアクティビティやドライバーのサイン会サーキットウォークピットウォークに行きたければ自力で行くしかない!
 

つーわけで、頑張って木曜日にスパフランコルシャンサーキットへ行こう

多分レンタカーが一番いいと思うが、運転に自信がない人、国際免許がない人は公共交通機関でも可能。

リエージュ、ベルビエ、スパなどまでは鉄道があるので、電車で簡単に行くことができる。
ドイツやフランスからでも、問題なく電車で行ける。

リエージュから路線バスに乗り、一番近い村まで45分。そのバス停からサーキットまで徒歩40分といったところ。
サーキットにつくまで飲食店やトイレはない
舗装されているが、結構な山道なのである程度の覚悟は必要。

木曜日なら交通渋滞はほとんどないので、リエージュからタクシーで30分ぐらいで着く。
 

ベルギーGPの木曜日のアクティビティ

ピットウォークは16:00開始。
ファンゾーンは2時間もあれば十分なので、木曜は午後からでいいと思う。

タクシーにしても徒歩にしても、普通に行けば下記GOLD2のすぐ裏に着く。

GOLD8の裏にも門があるが、ファンゾーンはGOLD2の方にしかないのでそちらがお勧め。

駐車場は広いので、レンタカーでも楽々。木曜日は渋滞は皆無。

ピットのタイヤ交換体験(無料)。でも実際の機材ではなく、マキタの電動ドリルを改造してそれっぽくしてるだけのものだった。8チーム対抗タイムトライアルみたいなゲームもできる。

PS4のF1ゲーム体験(無料)。ゲーム経験者も多数いて、初プレイではまるで歯が立たない。ちなみに最下位も最下位、ド最下位だった。

中で食べられるご飯や軽食には期待しない方がいい。うまいと思えるものは何もなかった。
ベルギーワッフルなど冷凍を温め直すだけ。持ち込みOKなので、駅でサンドウィットやオヤツを買いあさって行くが吉。
ペットボトル、缶のドリンクも持ち込みOK。ビンはダメ。

 

木曜の山場、ピットウォークとドライバーのサイン会

16:00にコース内に入れるようになのだが、15:00ともなれば、コース入口は黒山の人だかり
オランダ人の背の高い事…

ドライバーのサインが欲しいなら、14:30ぐらいから、オウルージュ前の入り口付近で並んだ方がいい。
で、ゲートが開いたら走る結構な上り坂を1kmぐらい走るので、ペース配分重要!

私はアホだったので、ダッシュすべき事を知らなかった。
のんびりと、どうでもいい看板などを撮影(いつでも撮れる)。

オウルージュの前で撮影(後から撮れば良かった)。

オウルージュで寝そべったり(後からで良い)。

スターティング・グリッドではしゃいだり(最後で良い)。

既に人はまばらになってきた(みんなダッシュしてサイン会に行ったから)。

自分がサイン会をやっているピット出口(GOLD7の向いぐらい)にたどり着いた時には、既に手遅れだった。
キミ・ライコネンやダニエル・リカルドはいたらしい。他にも色々で合計10人ぐらい

ピットウォーク。かなりの混雑。ドライバーもチラホラ見える

ピットレーン内は混雑がひどいので、隙間(戦略やタイムの札を出す隙間)から外に出る。

外に出るとこれぐらいの混雑具合。さあ帰ろう。

 

木曜日の総括

・行くのは午後からで十分。
・食事は持参すべし。
・ビールやジュースは売ってるが、ペットボトル1本3.5ユーロ。(チケット制。チケット10枚を35ユーロで購入する。)
・サインが欲しいなら14:30からオウルージュ前付近で並ぶ。
・ゲートが開いたらダッシュ

この記事も読まれています

オランダにあるマックス・フェルスタッペン公式ストアへの行き方。営業時間、店の様子。F1観戦、レッドブル・ホンダ応援グッズ

まあまあな田舎にある、フェルスタッペン公式ストア、Verstappenshopに行く方法

オランダ南部の、スワルメンという小さな村にあるマックス・フェルスタッペン公式ショップ、その名も「Verstappenshop」に行ってみた。

フェルスタッペンショップ公式ホームページ

オランダとは言うものの、ドイツとの国境に近い。
オランダの首都アムステルダムからだと車で3時間ぐらい。
結構な田舎なので公共交通機関のみで行くのは結構難しそうだ。
 

行くならレンタカーは必須。でもオランダの運転大丈夫?

オランダは左ハンドルで右側通行。日本と逆。
国際免許証を取得(免許センターなどで2300円ぐらいで即日発行。試験等は無し)すれば、レンタカーの運転は可能。

オランダの道路は非常に運転がしやすい
道路は広くて綺麗だし、高速道路も発達している。
何より、ずーっと直線道路で、交差点も非常に少ない。

こんな感じ。

とは言え、アムステルダム(Amsterdam)の街中はさすがに人も車も多く、運転は嫌だと思う場合は地方都市まで電車で行ってみよう。

アムステルダムからエイントホーフェン(Eindhoven)まで列車で25ユーロ程。2時間かからないし、空港からでも乗れる(ユトレヒト乗り換え1回が多い)。

エイントホーフェンも比較的大きい街だが、アムステルダムよりは断然運転しやすい。

レンタカーを借りるならここからの方がいいかもしれない。

カーナビにフェルスタッペンショップの住所を入力
Bosstraat 91A, 6071 XT Swalmen

約50分のドライブ。

スワルメンの街は田舎なので道路は全然問題はなかった。

到着。すぐ分かるし、裏にやたらとデカい駐車場(もちろん無料)もあり、駐車も全く問題なし。

店構えはこんな感じ。田舎の街としてはかなり立派。

営業時間。

オランダ語は読めないが

月火曜 定休日
水木金曜 13:30-17:30
土日曜 10:00-17:00

RBのマシンがドーンと展示されている。

フェルスタッペンと2ショットが撮影できる機械。撮影後、Eメールアドレスを入れたら送信してくれる。
ちなみに何でもいいが、このショップで物を買わなければいけない。
レシートのバーコードをスキャンして撮影できる仕組み。写真は何枚でも撮れるので撮りまくって送りまくっても大丈夫。

買った商品はこんな缶の箱に入れてもらえた。クッキー缶のような。

去年モデルのキャップは50%オフになっていた。
24.95ユーロの半額。1300円ぐらい。これはお買い得!

ちなみに、今年モデルのキャップやTシャツも、F1会場より5ユーロほど安かった。お買い得。

この缶の箱の中に、近所の喫茶店の割引券が入っていた。ケーキ頼むとドリンク無料になるとな。
せっかくなので、徒歩3分ほどの喫茶店でオランダスタイルのチェリーケーキを食べた。
結構重そうに見えるが、意外とあっさり味で、見た目よりはおいしかったです。

海外で銀行口座を作る ~イギリス短期留学で~

イギリスで銀行口座作りたい

海外の銀行口座ってちょっと憧れる。実際に使い道は何って言われても実用性はそれ程あるわけじゃないが。
 
例えば、
・海外で物を買う時、クレジットカードじゃなくて振込みができると便利。ヨーロッパの国へは振り込み手数料が無料、又はとても安い。
・定期的に旅行を行く時の為にお金を貯めておく。銀行の利息も日本よりはマシ。
・Google AdSense のイギリス口座を開設できる。お金はポンドで振り込まれる。
 
ぐらいしかない。
いずれにしても、必要ない人には全く必要ない。でも逆に作っておいても損はない。特に、イギリスの銀行口座の登録が必要なイギリスのサービスに登録できるのは嬉しい人もいるかもしれない。
atm-img
 

HSBC/エイチ・エス・ビー・シー

hsbc
店舗数世界1位の巨大銀行。”パスポート口座”という種類の銀行口座ならパスポートだけですぐ開設できる。
ただし、毎月6ポンド(1000円~1200円ぐらい)も口座維持費用が必要。
 
現実的には短期滞在者がHSBCで、普通の銀行口座を作るのは難しい。

 

Barclays/バークレイズ

barclaysbank
外国人には優しくない銀行。
長期滞在者(ビザ所有者)でなおかつ定職についていれば開設は可能。でも短期滞在者や留学生、現地学生で外国人の場合は開設不可。
 
ちなみに銀行の手数料利率や条件は普通。一般的なイギリスの銀行と同じく、振込手数料は無料。

 

Lloyds/ロイズ

lloydstsb
世界最古の保険サービスを開始した会社として有名。
 
ビザさえあれば口座開設は簡単。学生ビザでも大丈夫なのでおすすめ。
普通の銀行口座は”クラシック口座”と呼ばれ、クラシック口座を開設すると、無料で定期預金口座(easy saver)も開けることができる。定期預金口座の方が金利が良い。
 
日本の定期と違って、お金の出し入れ・振込は自由。なので実は定期預金じゃない。ただし引き落としや、クレジットカード・デビットカードの口座としては使えない。基本的にはeasy saverにお金を入れておいて、使う前にclassic accountにお金を移すことになる。
 
もちろんインターネットバンキングは全て可能。

 

Santander/サンタンデール

santander-uk
スペイン系でイギリスでサービスを行っている銀行の中でも最大級。
定職についていないものは、まず Basic Account を開設させてくれる。Basicでは金利が全くつかない。Debit、Credit機能もなし。日本の振替口座に似ている。それ以外は普通の銀行口座と同じ。パスポートだけで開設可能。
 
Basic Accountを開設後、半年以上経過してその間支払いの滞りなどがなければ(全く使用しなくてもOK)、Standard Accountを開設してくれる。これは普通の銀行口座で、利息もつくし、希望すればDebit、Credit機能もつけられる(クレジットカード機能をつけるには審査が必要。つまり定職についている必要がある)。
 
Santanderも簡単に口座を持てるので、まずBasicアカウントを作って、半年後にStandardに切り替えよう。Standardアカウントには、e-savingアカウントがついてくる。これはLloydsのeasy saverアカウントと同じような、日本で言う定期預金に相当する。利息がいいが、引き落としなどには使えない。ただし日本の定期と違い、出し入れ、振込は自由。
口座維持費はいずれも無料。

もちろんインターネットバンキングは全て可能。
 

RBS/ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド

rbs
スコットランド系の銀行。一般人向けの銀行サービスはあまり行っていない。
資産家でないなら用はない。

当然留学生に口座開設も不可能。

 
ukbanks

結論

簡単に口座開設するならLloydsかSantanderだろう。使い勝手もいい。イギリスの滞在が終わるときには、住所は日本の住所に変更しておこう。
 
もしも窓口でイギリスから完全に帰るなら口座を閉じろとか言われるかもしれない。その場合は「またイギリスに仕事で戻ってくる」などといっておけば間違いなく日本の住所への変更は可能。
 
カード更新の時なども、ちゃんと日本まで送ってきてくれる。

イギリス南部の牧場。池やフェンスで囲まれた景色

ヨーロッパでは酪農に多額の補助金を出している。日本の米農家と似たような状態で、補助金があるからこそ、ロンドンなどの大都会からわずか電車で20分程度行ったところでも酪農家が沢山いる。
牧場には馬や羊も買われていてヨーロッパ独特の景観を生み出している。

イギリス南部のブライトン近く。石灰岩の崖が延々と続くセブンシスターズ

ヨーロッパの夏は、暑すぎずカラッとしていて最高だ。
冬は風が吹きすさび誰もいなくなるこの場所も夏はピクニックの人が数多く訪れる。イギリス南部の街ブライトンとイーストボーンの間に位置するセブンシスターズ。そそり立つ崖が延々と続いており、絶好のピクニックコースだ。2時間~3時間程度で歩ける。
ロンドンから片道2時間半程度とアクセスも悪くないので人気の避暑地だ。

ハリーポッターの撮影地、レイコックアビー。古いマナーハウス

ハリーポッターはイギリスの各地で撮影されているが、そのうちの1つレイコックアビー。アビーとは修道院や寺院の意味だが、幅広い用途の呼称として使われ、マナーハウスや貴族の邸宅の事をアビーと呼ぶ場合も多い。
築500年以上のアビーも多く、まるで映画の世界に入り込んでしまったかのような錯覚を覚える。

養殖ニジマスの名産地バイブリー。トラウトサーモンのクリーム煮がおいしい

イギリス中部の有名な観光地コッツウォルズ。その地域の都市、バイブリーはトラウトサーモンの養殖で有名。
目の前の清流で養殖されているトラウトサーモンを贅沢に1匹調理してくれる。
天気のいい夏場は人がたくさんいるが、天気も良くカラッと晴れることが多いので気分は最高。

ソールズベリー大聖堂の外観。マグナ・カルタのオリジナルの写本が現存する

イギリス中部のソールズベリー大聖堂。ここにはマグナ・カルタ(大憲章)のオリジナルの写本の4つのうちの1つが収蔵されていて、それを見ることができる。
1200年代前半に作られた憲法で、注目すべきは国王が憲法に従うと明記されている点だ。
立憲君主制自体は珍しいものではなかったが、国王といえども憲法に反することはできないという状態、例えばロンドン市民の関税自主権、教会は王権と独立して自由であることなどが保証されている。