「西ヨーロッパ」カテゴリーアーカイブ

海外で銀行口座を作る ~イギリス短期留学で~

イギリスで銀行口座作りたい

海外の銀行口座ってちょっと憧れる。実際に使い道は何って言われても実用性はそれ程あるわけじゃないが。
 
例えば、
・海外で物を買う時、クレジットカードじゃなくて振込みができると便利。ヨーロッパの国へは振り込み手数料が無料、又はとても安い。
・定期的に旅行を行く時の為にお金を貯めておく。銀行の利息も日本よりはマシ。
・Google AdSense のイギリス口座を開設できる。お金はポンドで振り込まれる。
 
ぐらいしかない。
いずれにしても、必要ない人には全く必要ない。でも逆に作っておいても損はない。特に、イギリスの銀行口座の登録が必要なイギリスのサービスに登録できるのは嬉しい人もいるかもしれない。
atm-img
 

HSBC/エイチ・エス・ビー・シー

hsbc
店舗数世界1位の巨大銀行。”パスポート口座”という種類の銀行口座ならパスポートだけですぐ開設できる。
ただし、毎月6ポンド(1000円~1200円ぐらい)も口座維持費用が必要。
 
現実的には短期滞在者がHSBCで、普通の銀行口座を作るのは難しい。

 

Barclays/バークレイズ

barclaysbank
外国人には優しくない銀行。
長期滞在者(ビザ所有者)でなおかつ定職についていれば開設は可能。でも短期滞在者や留学生、現地学生で外国人の場合は開設不可。
 
ちなみに銀行の手数料利率や条件は普通。一般的なイギリスの銀行と同じく、振込手数料は無料。

 

Lloyds/ロイズ

lloydstsb
世界最古の保険サービスを開始した会社として有名。
 
ビザさえあれば口座開設は簡単。学生ビザでも大丈夫なのでおすすめ。
普通の銀行口座は”クラシック口座”と呼ばれ、クラシック口座を開設すると、無料で定期預金口座(easy saver)も開けることができる。定期預金口座の方が金利が良い。
 
日本の定期と違って、お金の出し入れ・振込は自由。なので実は定期預金じゃない。ただし引き落としや、クレジットカード・デビットカードの口座としては使えない。基本的にはeasy saverにお金を入れておいて、使う前にclassic accountにお金を移すことになる。
 
もちろんインターネットバンキングは全て可能。

 

Santander/サンタンデール

santander-uk
スペイン系でイギリスでサービスを行っている銀行の中でも最大級。
定職についていないものは、まず Basic Account を開設させてくれる。Basicでは金利が全くつかない。Debit、Credit機能もなし。日本の振替口座に似ている。それ以外は普通の銀行口座と同じ。パスポートだけで開設可能。
 
Basic Accountを開設後、半年以上経過してその間支払いの滞りなどがなければ(全く使用しなくてもOK)、Standard Accountを開設してくれる。これは普通の銀行口座で、利息もつくし、希望すればDebit、Credit機能もつけられる(クレジットカード機能をつけるには審査が必要。つまり定職についている必要がある)。
 
Santanderも簡単に口座を持てるので、まずBasicアカウントを作って、半年後にStandardに切り替えよう。Standardアカウントには、e-savingアカウントがついてくる。これはLloydsのeasy saverアカウントと同じような、日本で言う定期預金に相当する。利息がいいが、引き落としなどには使えない。ただし日本の定期と違い、出し入れ、振込は自由。
口座維持費はいずれも無料。

もちろんインターネットバンキングは全て可能。
 

RBS/ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド

rbs
スコットランド系の銀行。一般人向けの銀行サービスはあまり行っていない。
資産家でないなら用はない。

当然留学生に口座開設も不可能。

 
ukbanks

結論

簡単に口座開設するならLloydsかSantanderだろう。使い勝手もいい。イギリスの滞在が終わるときには、住所は日本の住所に変更しておこう。
 
もしも窓口でイギリスから完全に帰るなら口座を閉じろとか言われるかもしれない。その場合は「またイギリスに仕事で戻ってくる」などといっておけば間違いなく日本の住所への変更は可能。
 
カード更新の時なども、ちゃんと日本まで送ってきてくれる。

この記事も読まれています

イギリス南部の牧場。池やフェンスで囲まれた景色

ヨーロッパでは酪農に多額の補助金を出している。日本の米農家と似たような状態で、補助金があるからこそ、ロンドンなどの大都会からわずか電車で20分程度行ったところでも酪農家が沢山いる。
牧場には馬や羊も買われていてヨーロッパ独特の景観を生み出している。

この記事も読まれています

イギリス南部のブライトン近く。石灰岩の崖が延々と続くセブンシスターズ

ヨーロッパの夏は、暑すぎずカラッとしていて最高だ。
冬は風が吹きすさび誰もいなくなるこの場所も夏はピクニックの人が数多く訪れる。イギリス南部の街ブライトンとイーストボーンの間に位置するセブンシスターズ。そそり立つ崖が延々と続いており、絶好のピクニックコースだ。2時間~3時間程度で歩ける。
ロンドンから片道2時間半程度とアクセスも悪くないので人気の避暑地だ。

この記事も読まれています

ハリーポッターの撮影地、レイコックアビー。古いマナーハウス

ハリーポッターはイギリスの各地で撮影されているが、そのうちの1つレイコックアビー。アビーとは修道院や寺院の意味だが、幅広い用途の呼称として使われ、マナーハウスや貴族の邸宅の事をアビーと呼ぶ場合も多い。
築500年以上のアビーも多く、まるで映画の世界に入り込んでしまったかのような錯覚を覚える。

この記事も読まれています

養殖ニジマスの名産地バイブリー。トラウトサーモンのクリーム煮がおいしい

イギリス中部の有名な観光地コッツウォルズ。その地域の都市、バイブリーはトラウトサーモンの養殖で有名。
目の前の清流で養殖されているトラウトサーモンを贅沢に1匹調理してくれる。
天気のいい夏場は人がたくさんいるが、天気も良くカラッと晴れることが多いので気分は最高。

この記事も読まれています

ソールズベリー大聖堂の外観。マグナ・カルタのオリジナルの写本が現存する

イギリス中部のソールズベリー大聖堂。ここにはマグナ・カルタ(大憲章)のオリジナルの写本の4つのうちの1つが収蔵されていて、それを見ることができる。
1200年代前半に作られた憲法で、注目すべきは国王が憲法に従うと明記されている点だ。
立憲君主制自体は珍しいものではなかったが、国王といえども憲法に反することはできないという状態、例えばロンドン市民の関税自主権、教会は王権と独立して自由であることなどが保証されている。

この記事も読まれています

イングリッシュガーデンにいた黒猫

イングリッシュガーデンにいた黒猫。ヨーロッパは野良猫は意外に少ない。保険所に相当する機関で保護するからなのだが、動物愛護の機運が高いので、安楽死は行われず、里親を募集したり、専属の施設で育てられたりする。
その施設の多くは寄付で運営されている。寄付文化の少ないアジアでは成り立たないモデルだ。

この記事も読まれています

イギリス南部の街カンタベリー。清教徒革命の時にクロムウェルが武器製造を依頼した鍛冶屋

イギリスには歴史的な建物が今でも普通に現存していて、今でも使われている。
1640年代に行われた清教徒革命(ピューリタン革命)の指導者のクロムウェルは革命を起こすにあたって武器を集めた。その際に武器製造を依頼した鍛冶屋の建物が現存している。今ではパブ兼になっているので、歴史的な建造物でお茶やお酒を飲むこともできる。是非行ってみたい。

この記事も読まれています

ヴァージングループの創設者、リチャード・ブランソンの出身高校ストウ・スクール

イギリス中部のバッキンガムシャーにあるストウ・スクールの門をはるか彼方に見る。この道を20分も車で走れば、F1の聖地シルバーストンサーキットがある。
ストウ・スクールは、ヴァージングループの創設者のリチャード・ブランソンの出身校(中退)として有名で、世界で最もお金を持っている高校の1つとして有名。

この記事も読まれています

ハリーポッターの撮影地の1つ、レイコックの屋敷の中庭

誰もが知ってるハリーポッターの映画。イギリスの各国で撮影されているが、舞台の1つレイコック。有名なコッツウォルズの近くの小さな町レイコックだが、交通の便は良くない。公共交通機関ではなかなか行けないのでバスツアーかレンタカーを使うべし。

この記事も読まれています