「東アジア」カテゴリーアーカイブ

パーマって中国語でなんていうの?「電髪」です。

衝撃画像でも何でもないが、街頭にあった美容院の価格表。
中国語で美容用語、というか髪の毛にまつわる色々な言葉。
ウォッシュ&ブローは「洗吹」。
パーマは「電髪」。
うむ。そのままですね。

この記事も読まれています

道教寺院。チープでケバいがこれでも聖なる場所。

大陸拳法や古代の工芸美術品などを見ても、大陸の文化はエキゾチックでどこか異様な雰囲気がある。
中国の学校の学生が普通に通学していく場所が道教寺院になっていて、そこがまたなんともいえない雰囲気。
見た目はチープで派手だが、一応おごそかな場所らしい。うーむ…

この記事も読まれています

PM2.5に霞む高層ビル建築

深刻な問題として大気汚染が叫ばれている。日本も高度経済成長の時などは喘息が大きな問題になったが、世界第2位の経済大国に成長した中国は当時の日本の比ではないほど深刻だ。
子供達が学校で絵を描くと、空を灰色か茶色に塗るそうだ。青空を見たことがないから…

この記事も読まれています

飛行機から見た富士山が神秘的

日本人なら富士山に特別な思いを持っている人も少なくないが、たまには上から眺めてみるのはどうだろうか。
実は羽田から九州へのフライト時には、左側の席を取るとこの光景が見られる。
火口もよく見え、富士山の壮大さを再認識することが出来る。

この記事も読まれています

水面に移る冬の白川郷。

雪深い日本アルプスにある、世界遺産白川郷。岐阜県屈指の豪雪地帯ならではの合掌造りの家が立ち並ぶ。
今でこそ観光地になり、交通網も発達しているが、ほんの20年前までは冬は外界と遮断され、春まで人の行き来が不可能になるような場所だった。

この記事も読まれています

なんだか懐かしくて神秘的な九份

19世紀末に金鉱が発掘されたことにより発展した町だが、日本統治時代から徐々に金の採掘量が減少し、第二次世界大戦後に枯渇。
今でもその時代の街並みが残っていて、日本人にはどこか懐かしい。
二・二八事件を描いた映画「悲情城市(A City of Sadness)」が台湾で大ヒットし、ロケ地となった九份も一躍台湾の中で有名な観光地になった。
独特の地形から、常に霞がかったような天候になりやすいので、千と千尋の神隠しよろしく、神様の世界に迷い込んだような錯覚を覚える。

この記事も読まれています

千と千尋の神隠しの舞台、九份

台湾北部の小さな町、ほぼ1年中霧がかかったような天気の九份。
様々な映画の舞台となったことで有名で、日本で馴染みの深いものでは、スタジオジブリ作品の千と千尋の舞台だとと言われている。

この記事も読まれています

ちょっとカッコイイ消火器の目印

台湾では、消火器の事を「滅火器」と言うらしい。
それだけでもかっこいいのだが、ここまで壁の中心に主張するように掲げられると嬉しくなる。
次回の台湾旅行の際には、是非ダイソーでこのプレートの購入を検討したい。

この記事も読まれています

一応気を使ったパクリコンビニ

韓国ソウルにあるパクリのコンビニエンスストアです。
その名もTwoSEVEN。トゥーセブンで良いと思うのですが、大胆なパクリ看板デザインが目を引きます。
大きな7の横にちっちゃく7がついています。
普通のコンビニです。

この記事も読まれています

めっちゃでかいチンギスハーン

モンゴルのチンギスハーン像。
ウランバートル東のトゥール川の高台にあり、ツォンジン・ボルドグと呼ばれている記念の場所にある巨大な像。
馬像の高さは30mで、円形の台座だけでも高さ12m・直径30mもあります。

この記事も読まれています