「Word Press」カテゴリーアーカイブ

さくらのレンタルサーバーでログイン画面で500エラー。クイックインストールでも500エラー

さくらサーバーでWordpressが500エラー internal server errorになる

さくらのレンタルサーバーにWordpressをインストールする時にはパーミッションが問題になる場合がある。

だが、パーミッションが問題なくても管理画面(サイト画面も)500エラーになる場合がある。

そのポイントをまとめておく。
 

パーミッションは問題なし!

直接インストールした場合は、フォルダやphpファイルのパーミッションの設定をしておく必要がある。

しかし今回の場合はパーミッションも問題ない

クイックインストールだから、パーミッションに問題がないのも当たり前。

さくらのレンタルサーバーに他のワードプレスも多数インストールしており、他のWordpressは正常に稼働している。

新規にインストールしたWordpressだけが500エラー。

 

色々調べた結果、php.iniが問題だった

まず、さくらのレンタルサーバーではエラーログを確認してみよう。

さくらのインターネットサーバコントロールパネルにログインし、左のメニューから「アクセスログの設定」をクリック。

ページ中ほどの「エラーログの表示 エラーログ」をクリック。

 
エラーログが表示される。下の方が新しいエラーだ。日付を見ながら確認していこう。

[error] [client **.***.0.106] malformed header from script. Bad header=<br />: install.php

このようなエラーが確認できるなら、PHP.iniの編集で500エラーを回避可能。
 

500エラーの回避方法

さくらのインターネットサーバコントロールパネルで

左のメニューから「PHP設定の編集」をクリック。

php.iniで「magic_quotes_gpc = On

となっている。

これは、フォームで送られた全てのデータがエスケープされる。

つまり、PHPのコマンドなどが正常に受け取れなくなる。

まあ小難しい事はどうでもいいので、この箇所ををコメントアウトしよう。

PHPのコメントアウトは 「;」 で可能。

;magic_quotes_gpc = On

とすれば500エラーは回避できる。

この記事も読まれています

さくらのVPSに導入したWordPressでRSSのFeedや、個別記事のページが404 not foundになったら

WordPressでRSSフィードが取得できない時に疑うこと

ワードプレスでは自動でRSSを出力してくれる。その取得URLは下記の通り、

http://example.com/feed/
http://example.com/feed/rss/
か、
http://example.com/?feed=rss
http://example.com/?feed=rss2

他にもあるが、どうでもいいので割愛。

マネージド・レンタルサーバーであれば多分このエラーはレアケース。

ちゃんと指定してもRSSが取得できないケースがある。
VPSにインストールした場合は割とある。
その原因は .htaccess にある。

 

症状

・RSSが取得できない
・直接RSSのURLを見に行くと404エラー(そりゃ取得できる訳もない)
・個別記事も404
・カテゴリーなども404

 

確認

サーバー内(FTPソフトなどで見る)Wordpressのフォルダの .htaccess をダウンロードして中身を見てみよう。

# BEGIN WordPress
<ifmodule mod_rewrite.c=”">
RewriteEngine On
RewriteBase /wp/
RewriteRule ^index\.php$ ? [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

大体こんな感じのものが書かれているはず。

書かれてなければコピペして上書きアップロードで完了。

書かれてるのにダメな場合もある。
よくあるパターンはVPS使っていて .htaccess が無効になっている場合。

 

VPSで個別記事が404になる時の解決法

.htaccess が無効になっているのを有効化する方法。通称黒い窓を触る必要がある。

さくらのVPSで説明するが、他のVPSでもやり方は割と同じ。


さくらの会員メニューにログインする。

「契約情報」→「契約サービス一覧」→「サーバ設定」→「コンソールの中のシリアルコンソール」

なお、シリアルコンソールでなくてもやり方は同じ。

基本的には、マウスは使えない、コピペなど普通にはできない。

キーボードの矢印とコマンドとエンターでやっていく。

[root@www~]#

となっている状態で

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

と入力して(何回か)エンター。

ずらーっと英語が出て来るので

/AllowOverride

とコマンドを打てば検索できる。

「n」 で次の検索結果へ、「N」で前へ検索していく。

# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be “All”, “None”, or any combination of the keywords:
# Options FileInfo AuthConfig Limit
#
AllowOverride None

この 「None」 を 「All」 に変更する。

「i」をキーボードで押すとインサートモードになる。

つまり書き換えができる。

インサートモードで「バックスペース」で削除、普通に記入して

記入し終わったらインサートモードを止める。

「ESC」 でインサートモード終了。

続いて mod_rewrite の検索。

/LoadModule rewrite_module

LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so の先頭に # がついていれば、その # を削除。

# はコメントアウトなので、 # の行は無視される。

インサートモードを解除(コマンドモードで)

「:wq」エンターで、上書き保存。

[root@www~]# となってるところで、

service httpd restart エンター

で、 httpd を再読み込み。

これで、.htaccess が効くようになり、404は解消されるはず。

この記事も読まれています

【WordPressにログインできない場合の対処法】エラー:予期しない出力によりCookiesがブロックと言われる

急にWordpressにログインできなくなった時の原因と対処法

(ユーザー名とパスワードは間違ってないのに)

主なエラーメッセージはこんな感じ。

Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /…サーバーパス/wp-includes/session.php:1) in /…サーバーパス/wp-login.php on line 425
最後の数字は色々ある。

エラー:予期しない出力により Cookies がブロックされました。ヘルプが必要な場合はこちらのドキュメンテーションを読むか、サポートフォーラムをご利用下さい。

ログインエラーの原因の特定

このエラーが出ている場合の原因を特定すれば、それぞれ対処できる。またブログのデータそのものは壊れていないので、心配はいらない。

1. functions.php の中の改行。
2. functions.php の中の echo が原因。
3. wp-config.php を UTF-8(BOMあり) で保存してしまった。
4. php.ini の設定が原因。
5. 外部からの悪意のある攻撃で nav-menu.php が書き換えられた。

1. 2. 3. については、自分でphpファイルを操作したり、テンプレートをカスタマイズした場合に発生する。

4. は、自分で設定を変更する、または自分で設定しなくても、サーバーの仕様が運営会社によって勝手に変更された場合に発生。

5. は、最近全然使ってなかったけど久しぶりにログインしようと思ったら、といった場合、つまりWordpressのバージョンが最新じゃない時に起こりやすい(特にWordpress4.4以前)。

 
 

1. functions.phpの中の改行が原因の場合の対処法

functions.phpの中の余分な改行、もしくは、header(“Location:….”); の前に改行が入ってるとダメ。

解決法 → functions.phpの該当しそうな改行を片っ端から消す。
ログインできないので、管理画面からではなく、FTPソフトなどを使って/wp-content/themes/テーマ名/functions.php のファイルを直接編集してアップロードしなおす必要がある。

 
 

2. functions.phpの中のechoが原因。

header(“Location:…”); の前に echo があるとダメ。

解決法 → 1.の時と同じように、ファイルを直接修正する。

 
 

3. wp-config.php を UTF-8(BOMあり) で保存してしまった。

何らかの理由で、wp-config.php を編集して上書き保存する時に UTF-8(BOMあり) で保存してしまうことが原因。

解決法 → wp-config.php を UTF-8 で保存しなおす。

もちろん管理画面からではなくFTPソフトなどを使って wp-config.php のファイルを直接保存しなおしてアップロードしなおす必要がある。

 
 

4. php.ini の設定が原因。

自分で設定を変更した場合はもちろんだが、サーバーの運営会社がメンテナンスなどを理由に勝手に変更する場合もある。

この場合は、Wordpressは関係ないので、サーバーにログインして、 php.ini の設定で output_buffering = Off となっていたら、output_buffering = On にすると解決する。

サーバーによっては、そもそも php.ini の設定ができない場合もあるので、カスタマーセンターなどに問い合わせてもいいかもしれない。

 
 

5. 外部からの悪意のある攻撃で nav-menu.php が書き換えられた。

解決法 → /wp-includes/nav-menu.php/wp-admin/includes/nav-menu.php の2つのファイルを確認し、 istart と検索して、該当箇所を削除。

詳しい削除方法はこちらの外部からの攻撃でnav-menu.phpが書き換えられた場合の対処法を参照。

 
 

それでもログインできない場合

最終手段。
新しいWordpressをダウンロードしてきて、Wordpressフォルダを丸ごとFTPで再アップロードする。
記事内容などはデータベースに格納されているので、丸ごと再アップロードしてもブログは無事だ。

ただし、以下のファイルとフォルダだけはアップロードしない事!

WordPressのフォルダ直下にある .htaccess と wp-config.php

/wp-content/themes/今使ってるテーマのフォルダ/

これでどんな問題があってもログインできるようになる。
逆に言うと、これでもダメな場合は、 .htaccess wp-config.php 自分が使っているテーマ のどれかに問題があることになる。

この記事も読まれています

WordPressが外部からの攻撃で nav-menu.php が書き換えられた場合の対処法

WordPressにマルウェアを送り込むソースを埋め込まれた時の対処法

JPCERT/CC や サーバーの管理会社から、下記のようなメールが届いた場合は要注意。

<div id=”zqtf” style=”display:none”>67 76 90auc 72 1-8 a7 bm,as4等の文字列が埋め込まれています。
※当該 URL を確認する際は、十分お気をつけください。確認する際は、
ブラウザのスクリプト機能を無効にするなど、影響ない環境で、
ご確認ください。
※上記は、http と :// の間を空けております。
※当該コードは Internet Explorer で確認しております。
同様の改ざんは WordPress や Joomla などの CMS を使用したサイトで確認
されており、”//istart” や “//iend” のような文字列が埋め込まれていまし
た。CMS に関連するファイルを一度ご確認願います。

でも、対応は簡単なので、すぐに対処しよう。

JPCERT/CCとは?

一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンターの略で、簡単に言うと、セキュリティ関連の注意喚起をしている機関。

 
 

原因と攻撃の経路

これは、Wordpress 4.4系より前バージョンのセキュリティホールを狙ったものだ。もちろんサーバーの状況などにより、Wordpress4.3以前のバージョンでも攻撃されない場合もある。

ちなみに、ロリポップ、お名前.comは特に多くの被害が報告されている。

→ マルウェアを埋め込まれると、ブラウザでのデータのやり取りが外部に送信されるので、メールフォームなどを設置している場合は特に注意が必要。

簡単に特定でき、修正もできるので、被害が発生する前に対処しよう。

WordPressの場合
/wp-includes/nav-menu.php
/wp-admin/includes/nav-menu.php

この2種類のファイルが狙われ、ソースコードの中に //istart//iend というコードが埋め込まれてしまう。

acreport-cms_01

FTPソフトで、/wp-includes/nav-menu.php/wp-admin/includes/nav-menu.php の2つのファイルを確認し、 istart と検索して、該当があれば攻撃されている。

//istart から //iend までのソースを全て削除すれば、ひとまず脅威はなくなる。

その後、再度同じ被害にあわないように、WordPressを最新にアップデートしておくこと。

既にWordpressが最新の場合は、サーバーの設定に問題がある。

海外からの管理画面や、コアファイルへのFTPアクセスをを全て拒否する設定する。
管理画面にBASIC認証を設定する。

などの対策が有効。

 

この記事も読まれています

Twenty Twelveのスマホメニューが開かない場合の対処法

WordPressのスマホレイアウトでメニューボタンが動かない!

ある特定の条件下で、Wordpressのテーマ、Twentytwelveのスマホ用メニューが開かない場合がある。
twentytwelve-menu1
この修正方法を紹介。
 

 

条件1 Twentytwelveを使っている。

WordPressのテーマ(テンプレート)にtwentytwelveを使っている時にこれは発生する。TwentyelevenやTwenty thirteen fourteen fifteen…などでは起こらない(今後ずっとおこらないかどうかは不明)

条件2 子テーマを使用していて、header.phpをカスタマイズしている

親テーマのheader.phpがアップデートで変更になった。具体的には端末判定によるスマホ対応ではなく、レスポンシブデザインによるスマホ対応になった。

レスポンシブってなに?って場合はこちらのレスポンシブデザインでtableタグを制御をチェック。

この2つの条件が当てはまる場合に、Twentytwelveのスマホメニューが動かなくなる。
 

 

解決法 子テーマのheader.phpを修正

 
Wordpressの管理画面にログインし「外観」→「テーマ編集」

右上の「編集するテーマを選択:」の箇所がTwentytwelveの子テーマになっている事を確認して、「header.php」を編集する。

メニューの部分が

<nav id=”site-navigation” class=”main-navigation” role=”navigation”>
<h3 class=”menu-toggle”><?php _e( ‘Menu’, ‘twentytwelve’ ); ?></h3>
<a class=”assistive-text” href=”#content” title=”<?php esc_attr_e( ‘Skip to content’, ‘twentytwelve’ ); ?>”><?php _e( ‘Skip to content’, ‘twentytwelve’ ); ?></a>
<?php wp_nav_menu( array( ‘theme_location’ => ‘primary’, ‘menu_class’ => ‘nav-menu’ ) ); ?>
</nav><!– #site-navigation –>

となっている箇所があるはずなので、その中の

<h3 class=”menu-toggle”><?php _e( ‘Menu’, ‘twentytwelve’ ); ?></h3>

を、↓↓↓ に変更するだけ。

<button class=”menu-toggle”><?php _e( ‘Menu’, ‘twentytwelve’ ); ?></button>

これでメニューが動くようになったはずだ。

なお、カスタマイズは自己責任で。心配ならバックアップを取っておこう。

この記事も読まれています

【SEO対策・アルファSSL】お名前.comのSSL適用後に必要な3つのステップ

月額100円のアルファSSLのSEO効果を最大限に引き出そう

関連記事:
30秒で終わる月額100円のSSLの導入方法はコチラ

お名前.comのアルファSSLを適用し、httpsでアクセスできるようになっても、それで終わりではもったいない。

サイトを最適化する3つの手順を紹介。

1. .htaccessの設定

wing

SSLの設定が完了した後、 https://xxxxxxxxxx.com で自分のサイトにアクセスしてみて、httpsでアクセスが出来るようになっていたら、今までのように、http でアクセスがあった時にも https に一本化されるようにしておきたい。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

.htaccess に上記の記述を追加しよう。

今.htaccessが無い場合は、 このSSL.txtをダウンロードして、FTPなどでサーバーにアップしよう。

サーバーにアップ後、ファイル名を .htaccess に変更することを忘れずに!
 

 

2. URLの書き換え

https-image
次に今あるURLを全て書き換えた方がいい。

相対パスの場合は特に変更は必要ないが、絶対パス、つまり「 http://xxxxxxxx.com/image.jpg 」のようになっている場合は、これを全て、https に変更しておく。

WordPressの場合などは、プラグインのSearch Regexなどを使って、一括で「http://」を、「https://」に書き換えると楽だ。

ただし、外部リンクまでhttpsに変えてしまわないように注意!
 

 

3. WordPressの設定URL

普通のHTMLやPHPで作ったサイトの場合はこのステップ3は必要ないが、Wordpressで作ったサイトの場合には、Wordpressの設定も変更しておかなければならない。

管理画面の「設定」→「一般」の中の

WordPress アドレス (URL)
サイトアドレス (URL)

wp-address
の2箇所も https://~ に変更しておこう!

この記事も読まれています

WordPressの最も簡単なバックアップ方法。データベースと画像のバックアップ。サーバークラッシュに備えよう

WordPressのバックアップは大丈夫?データベース(記事内容)、画像、とテンプレートのバックアップ方法

 
ブログを一生懸命書いても、ミスでテンプレート上書き(アップデートも含む)してしまったり、サーバーに不具合があったり、プラグインの相性が悪くデータベースが壊れてしてしまったりする。
 
大切なブログのデータをバックアップして守ろう。
 
 

WordPressの全データをバックアップしよう

 
 
大きく分けて、バックアップには3つの手順が必要。
 
1. データベース(書いた記事の文章)のバックアップ
2. 画像・写真のバックアップ
3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ
 
 

1. データベース(文章)のバックアップ方法

 
絶対に必要なものがこれ。データベースのバックアップだ。これは書いた文章そのもの。最も大切なものだ。

これにはphpMyAdminを使ってデータベースをダンプ(つまりエクスポート)する方法と、プラグインを使う方法がある。

phpMyAdminはややハードルが高い人もいるかと思うので、ここではプラグイン「WP-DBManager」を使う方法を紹介する。

まず、プラグインのWP-DBManagerを入れる。プラグインの新規追加で「WP-DBManager」と検索すればすぐ出てくる。

プラグインを有効化してから→「DB Options」をクリック。
db-backup

MySQLダンプのパスとMySQLのパスは自動で入力されているはずだが、サーバー環境によっては自動で入力されない場合もある。
“no mysqldump in /usr/local/bin /usr/bin /bin”となっていると、自動で入力されていないので自分で入力しなきゃいけない。

自動で入力されている場合は触らなくてOk。

自動で入力されないサーバーの代表格がお名前.com共有サーバーSD

この場合手動で下記入力
Path To mysqldump:
/usr/local/mysql/bin/mysqldump

Path To mysql:
/usr/local/mysql/bin/mysql

db-backup-bk1

バックアップフォルダへのパスは自動で入力されるはず。こんな感じで。
Path To Backup:
/export/sd203/www/jp/r/e/gmoserver/9/2/xxxxxxxx/xxxxxxx.com/blog/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/backup-db

db-backup-bk2

ちなみに確認方法は、
FTPで、Path To Backupのパスを見る。バックアップフォルダが自動で出来ている場合は、その中の、「1450050232_-_DB名.sql」というのがDBバックアップ。自動でバックアップフォルダが出来ていない場合(サーバーの仕様による)手動でbackup-dbと言う名前のフォルダを作るなどの作業が必要な場合もある。

心配ならDBバックアップはローカルに移しておくといい。

これで文章データは週1回自動でバックアップされていく。「DB Options」の画面でバックアップ頻度とかは変えられる。

テーマとか、テンプレートのカスタマイズのバックアップ、画像のバックアップをする場合は、wp-contentのフォルダをローカルに移しておけ。

 
 

2. 画像・写真のバックアップ方法

 
画像のバックアップもしておこう。文章データ(データベース)と画像データがあれば、仮にサーバーがクラッシュした場合であっても、記事の復元は可能なので安心だ。
 
wp-content/uploads の中にアップロードした画像や写真が保存されている。不安ならこれをFTPソフトなどで、ローカルに移動させておくといい。

2015/12
2016/01
2016/02

などと、年月毎にフォルダに格納されている。
images-backup

これで月が替わるごとにバックアップすれば完璧だ。

 
 

3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ方法

 
更に、テンプレートをカスタマイズしている場合は、テンプレート(ブログの外観)もしておこう。これは再びテンプレートphpフィアルを編集しない限りは最初の1回だけのバックアップで大丈夫だ。
 
wp-content/themes の中身をFTPソフトでローカルに移しておこう。

ちなみに、テンプレートは全くカスタマイズしていない場合、基本的にはバックアップは不要。

この記事も読まれています

Stinger7の「powered by STINGER」をフッターから削除する方法

レスポンシブWordpressテンプレートのスティンガー7のカスタマイズ

超有名WordpressテンプレートのStingerの中でもかなり優秀なStinger7。レスポンシブデザインに対応していて、役立つ設定も豊富で良い。

ただ、悲しい事にテンプレートでは「powerd by STINGER」になってしまっている
powered の綴りが間違っていて、powerd になっている。これはダサすぎる。
ochikomi
 
フッターの powerd by STINGER を修正又は削除したいと思っても、ワードプレス管理画面からのテンプレートの変更(テーマの編集)では削除できない。
 
 

powerd by STINGER を編集・削除する方法

まず管理画面の footer.phpfunctions.php の編集ではここの部分はいじれないので、FTPソフトが必要になる。
 
FFFTPかFileZillaのようなFTPソフトを使い、Wordpressをインストールしているサーバーにアクセスしよう。
サーバーのコントロールパネルのブラウザのFTPでも同じようにアクセスする。

ファイルパス:

wp-content/themes/stinger7/js

の中にある、base.js を編集する。

ファイルの中身はややこしそうなコードの羅列だが、「stinger」と検索するとヒットする箇所がある。

そこに

<a href=”//wp-fun.com/” rel=”nofollow”>powerd by STINGER</a>

と書いてあるはずなので、この部分を削除するなり変更するなりする。

base.jp を再度上書きアップロードして完了。

この記事も読まれています

WordPressでphpファイルに一切記入せずに固定フッターを導入する方法 ワードプレスプラグイン

固定フッターを導入できるプラグイン – WordPress

 
 
スクロールしてもフッターがついてくるようになっているページが結構あるが、Wordpressでもこの
固定フッターを導入できる。
固定フッターに「ログインボタン」を追加したりすると、なかなかいい感じになる。

beforelogin

functions.php やページ用のファイル(index.phpやfooter.phpなど)に記述しても大丈夫だが、テンプレートがアップデートされると、カスタマイズが上書きされて消えたりする。
もちろん子テーマを使う事で上書きは回避できるが、そういった複雑な手段を使わなくても、簡単にプラグインで追加できる。

プラグイン Simple Sticky Footer

WordPress公式ディレクトリはここ。
https://ja.wordpress.org/plugins/simple-sticky-footer/

ワードプレスの管理画面「プラグイン」→「新規追加」で「Simple Sticky Footer」と検索する。

インストールして有効化。

「固定ページ」→「新規追加」で固定フッターに表示したい内容を記述する。
この写真では無料会員登録ページへのリンクを追加してみた。
sticky-footer1

固定ページの追加が終わったら、次は、「外観」→「Sticky Footer」をクリック。
sticky-footer2

Sticky Footer の設定ページで
sticky-footer3
Select page
先ほど追加した固定ページのタイトルを選択しよう。

幅/Width
ページの幅を入力。入力しない場合でも表示はされるので、入力必須ではない。

Animation Effect
アニメーション・エフェクト、Fade(フワッと表示)などを選べる。

Delay(s)
秒単位でアニメーション・エフェクトの時間を入力。

Addition CSS Rules
スタイルシートを入力できる。色や透過具合などもこれで設定可能。

隠す/hide
If this box is checked the Sticky Footer will be a hidden div. It is useful when you want to put some tracking scripts or other hidden HTML elements.
このボックスにチェックを入れると、フッターが表示されなくなる。これは、SEO用のアクセス解析のコードとかを入れる時に便利。

I want to use shortcodes
If this box is checked the Sticky Footer will be showed only on the pages where the shortcodes were inserted.
ショーとコードを入力したページにのみ、固定フッターが表示されるようになる。
特定のページにだけ表示させたい場合に便利。

この Simple Sticky Footer を活用して、ログインボタンを下の固定フッターに表示させたりなんかするといい感じになる。

ログインした人にはログインボタンを非表示にする方法は、関連記事に紹介しているので、参考にしていただきたい。
—————
関連記事:
WordPressで、ログイン時だけdisplay noneなどを適用し、非表示にする方法

この記事も読まれています

WordPressでログインしてる時だけスタイルシートを追記する方法

WordPressで、ログイン時だけdisplay noneなどを適用し、非表示にする方法

 
 
例えば、「ログインはこちら」などを固定フッターに表示しているが、ログインした人には、固定フッターそのものを非表示にしたい場合などに便利。

 
beforelogin
↓↓↓ログインすると、固定フッターを非表示に↓↓↓
afterlogin
 

 

ちなみに、上の写真のように、固定フッターに「ログインボタン」を追加するのに便利なWordperssのプラグインはこちらの記事を参照。
固定フッターを導入する方法 ワードプレスプラグインSimple Sticky Footer
 

 

functions.phpにログイン時のみ、CSS追記をする記述を追加

 

管理画面の「外観」→「テーマの編集」→「テーマのための関数(functions.php)」 とクリックして、 functions.php に、

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom’);
function footer_custom() {
if ( is_user_logged_in() ) :
echo ‘<style type=”text/css”>#sticky-footer {display: none;}</style>’;
endif;
}

と追記しよう。

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom‘);
function footer_custom() {

この、footer_custom は任意の名前でOK。

これで、ログイン時のみ、ヘッダーに、「id=”sticky-footer” に対して display: none; ね」と追記することができる。
 

 

応用編、ログインしてない時だけに適用する

 

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom’);
function footer_custom() {
if ( is_user_logged_in() ) :
else :
ここに非ログイン時の処理を記載
endif;
}

こんな感じで色々使える。

この記事も読まれています