「CSS」カテゴリーアーカイブ

画像バナーや画像リンクをCSSでキラキラ光らせてアニメーション化し目立たせるフラッシーバナー方法

CSSだけで、jQueryもJavaScriptも使わずにバナーをキラキラしたアニメーションで修飾しよう

画像のアニメーションバナーのデモはこちら
 

必要なもの

flashystyle.css

 ↓まとめてダウンロード↓
デモセットのダウンロード

 

記述例

HTML

<head>と</head>の間で、cssとjQueryを呼び出す。

<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/styleflashy.css" />
<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.10.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
var shinyObj = '.button a span.shiny';
var shinySpeed = 800;
var interval = 2000;
$(function() { setTimeout('shinybutton()', 500 ); });
function shinybutton(){
	$(shinyObj).animate({left:'+=630px'},shinySpeed).animate({left:'-120px'}, 0);
	setTimeout('shinybutton()',interval);
}
</script>
</head>

バナーを表示したい場所に、下記の記述を。

<div class="button">
<a href="#">
	<span class="shiny"></span>
	<span class="btn"><img src="img/banner.png" /></span>
</a>
</div>

これだけ。
「#」は、リンク先を指定すること。banner.pngは任意の画像ファイルに変更可能。

 

フラッシーバナーの解説

var shinySpeed = 800;
var interval = 2000;
$(function() { setTimeout('shinybutton()', 500 ); });
function shinybutton(){
	$(shinyObj).animate({left:'+=630px'},shinySpeed).animate({left:'-120px'}, 0);

・shinySpeed は光のエフェクトが動くスピード
・interval は光のエフェクトが出てこない時間帯の長さ
・{left:’+=630px’},shinySpeed).animate({left:’-120px’} ここは、画像バナーの横幅に合わせて変更すること。

 

flashystyle.css の
.button a
.button a span.shiny
の2か所の width:height:left:top:、のサイズも画像バナーに合わせて変更すること。

画像のアニメーションバナーのデモはこちら

こんな記事も読まれています