「タイ」カテゴリーアーカイブ

タイの地下鉄の切符はオセロっぽい

タイのバンコク・メトロの建設はほぼ全額が日本からの借金で行われたことは有名。建設工事請負も80%以上が東急を初めとする日本企業、車両の納品も三菱が60%あまり。
数字だけ見ると、まさに日本の植民地状態である。
少しでも渋滞が解消されて、便利になるといいな。

この記事も読まれています

お釈迦様の頭にウンコが乗っている理由

無礼な物言い失礼いたしました。
お釈迦様の髪の毛はウンコなのですが、これは「螺髪(らほつ)」と呼ばれる髪の毛です。
なんでウンコなのかというと、元々仏教には仏像という概念がなかく、社、樹、道具、骨、遺髪などを崇拝の偶像としていた。
ギリシャ文化の影響を受けたインド・パキスタン美術において仏像が定着してきたのだが、その際にギリシャ風の巻き髪が仏像の姿として定着し、それが中国、日本へと伝わったのが理由だと言われている。

この記事も読まれています

東南アジアのジュースが甘すぎる訳

レッドブル発祥の地タイ。ちなみに今世界的に有名なレッドブルはオーストリアのおっさんがタイのレッドブルに欧州の販売ライセンスを貸与され始まった。
まあそんな話はいいとして、熱い国の飲み物は基本的に甘いし辛い。これはやはり気温に由来していて、たくさん汗をかくから、飲み物から糖分と塩分を補給しなければいけないと言う訳だ。
そんなものばっかり飲んできたものだから、そういう味覚になってしまったわけ。
ロシア人がやたらと酒を飲み、やたらとマヨネーズを使う理由もやはり気温由来だと言える。

この記事も読まれています

スケールの違う路上駐車。人間やればできるもんだ。

タイの首都バンコクでは自家用車の普及が目覚しい。奥は駐車場だが手前は路上駐車。
こんな風に路上駐車して、どうやって車を出せばいいのかが謎だったが…地元に人に聞いてみると、タイで駐車する時は、ギアをニュートラルに入れっぱなしにしてハンドブレーキもひかないままにするルールがあるらしい。
車を出したい人が前後の車を手で押して動かしてから出すそうだ。前後が詰まっている場合は、10台前ぐらいからちょっとずつ押して動かしていくのだと。
すげぇ。

この記事も読まれています

樹の根に埋まってしまった顔

タイの世界遺産、アユタヤ遺跡にある仏陀の顔の石造。
とても有名な観光名所になっているが、冷静に考えると凄い。
落ちてしまった仏像の顔部分を取り囲むように樹の根が張ったのだろうが、これほど綺麗に真っ直ぐ正面を向いた状態になったのは、何かしら神秘的な力が働いたと思う人がいても不思議はない。

この記事も読まれています

タイのフォーマルな結婚式の様子

お坊さんが15人ほど家に来て、祈りを捧げたり、聖水を新郎新婦に振りかけたり、紐をみんなで持ってお経を唱えたり、ロウソクを垂らしたりする。

この記事も読まれています

タイの格調高い結婚式の飾り。

タイの結婚式で使われる祝福の飾り。
2つのクッションの上に、新郎、新婦が手を置き、貝殻から聖水を流して祝福する。
屋台でも売ってる有名な花飾りプアン・マーライの大きなものが下に置かれていて、とてもいい匂いがする。

この記事も読まれています