「お名前.com」タグアーカイブ

【SEO対策・アルファSSL】お名前.comのSSL適用後に必要な3つのステップ

月額100円のアルファSSLのSEO効果を最大限に引き出そう

関連記事:
30秒で終わる月額100円のSSLの導入方法はコチラ

お名前.comのアルファSSLを適用し、httpsでアクセスできるようになっても、それで終わりではもったいない。

サイトを最適化する3つの手順を紹介。

1. .htaccessの設定

wing

SSLの設定が完了した後、 https://xxxxxxxxxx.com で自分のサイトにアクセスしてみて、httpsでアクセスが出来るようになっていたら、今までのように、http でアクセスがあった時にも https に一本化されるようにしておきたい。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

.htaccess に上記の記述を追加しよう。

今.htaccessが無い場合は、 このSSL.txtをダウンロードして、FTPなどでサーバーにアップしよう。

サーバーにアップ後、ファイル名を .htaccess に変更することを忘れずに!
 

 

2. URLの書き換え

https-image
次に今あるURLを全て書き換えた方がいい。

相対パスの場合は特に変更は必要ないが、絶対パス、つまり「 http://xxxxxxxx.com/image.jpg 」のようになっている場合は、これを全て、https に変更しておく。

WordPressの場合などは、プラグインのSearch Regexなどを使って、一括で「http://」を、「https://」に書き換えると楽だ。

ただし、外部リンクまでhttpsに変えてしまわないように注意!
 

 

3. WordPressの設定URL

普通のHTMLやPHPで作ったサイトの場合はこのステップ3は必要ないが、Wordpressで作ったサイトの場合には、Wordpressの設定も変更しておかなければならない。

管理画面の「設定」→「一般」の中の

WordPress アドレス (URL)
サイトアドレス (URL)

wp-address
の2箇所も https://~ に変更しておこう!

この記事も読まれています

ECCUBEインストール。お名前.comの共用サーバーSDにEC Cubeをインストールする方法

お名前.comサーバーのサブドメインにEC CUBEをインストール

 
EC CUBE を お名前.com の共有サーバーSDにインストールした。
夜な夜なちょっとずつ進めて、ようやくインストール完了まで行ったが、以前Serversman@VPSやサクラのVPSなどにインストールしたときと結構違う感だったので、メモしておく。
 
ECCUBE バージョン 2.11.4~3.0.1まで確認。
 
 

お名前のサーバー側の処理

 
onamae-server1
まず、お名前.comのほうでデーターベースを作る。
サーバーNaviにログインして、コントロールパネルから、MySQLをクリック。
 
 
onamae-server2「作成」をクリック。できたデーターベースの情報をメモしておく。
 
必要な情報は、データーベース名、ホスト名、ユーザー名、パスワード。つまりほぼ全て。
 
 

次にサブドメインを登録した。別にサブドメインじゃなくてもいいんだが、なんとなく。
 
subdomain1同様にコントロールパネルから、独自ドメイン設定。
 

subdomain2サブドメイン追加で適当に。
今回はshop.yourdomain.comにしておいた。

 

FTPソフトでアップロード

FTPソフトでサーバーに接続すると、サブドメインのフォルダが勝手にできてる。(設定反映までに数時間かかる場合あり)

 
 
filezilla1
お名前.comは公開しないデータを、 files 公開するデータを ドメイン名のフォルダに入れる仕様になってる。
 
 
別に絶対こうしないとアカンというわけではないが、とりあえずそれに従って、
files の下に、ECCUBEを解凍した中の、data をアップロード。
ドメイン名フォルダに、htmlの中身をアップロード。
 
結果 files/eccube-2.11.4/data/(dataの中身)….
shop.yourdomain.com/(htmlの中身)…..
という感じ。
 
 

ここで注意が必要なのが、.htaccess はアップロードしないこと。でないと、500 internal server errorとなる。
また、define.php の3行目を

define(“HTML2DATA_DIR”, “../files/eccube-2.11.4/data/”);

としておくこと。
 
 
ec-cube04
ファイルパーミッションは画像を参照のこと。
 
 

URLにアクセスしてインストール

ec-cube03その後、インストール画面
http://shop.yourdomain.com/install/
にアクセス。
 
 
ec-cube05
ec-cube06このあたりは適当に入力し。後からでも変更可能。
次へ進むを押していく。
 
 
ec-cube07
 
 
MySQLで、
DBサーバ:お名前.comの ホスト名 (数字じゃない)
ポート:空欄
DB名:お名前.comのデータベース名
DBユーザ:ユーザー名
DBパスワード:パスワード
 
をそれぞれコピペ。
 
次へ進むを 3,4回押すと、インストールが完了する。

この記事も読まれています

お名前.com 共用サーバーSDって実際どうよ?

お名前.com 共有サーバーSDの限界

 

今やレンタルサーバーの最大手に上り詰めたGMOのお名前.com。

色々悪口も言われているが、総じてコストパフォーマンスは非常に高い。
特にWordPressを始めたい人初心者には強い味方だ。かくいうこのサイトもお名前.comの共有サーバーSDを使っている。

 

その他にも、Xサーバー、海外のJust Host、さくらのレンタルサーバ スタンダード、ロリポップ、を併用している。

併用している事でお分かりいただけるかと思うが、大前提として、全てある程度のコストパフォーマンスと安定性を兼ね備えている。

 

お名前.com 共有サーバーSD11

onamae-saever
まず共有サーバーSDだが、かなり激しく使用していた時期があった。具体的にはWordPressを5個(データベースも別で5個)、Zen Cart1個(データベース1個)程度。

共有サーバーSDではデータベースが30個まで追加可能なので、まだまだ大丈夫だと思っていたが、ある日突然限界が来た。

g-access
WordPressの1つの人気が徐々に高まり、それに合わせてサイト表示速度が遅くなっていった。
ユニークアクセスが1日10000件に近づいたあたりから、かなりの確率で500 Internal Server Errorが表示されるようになってしまった。

 

他のサイトのアクセスは多くても1日1000以下、なので、原因はハッキリしていた。

プラグインの整理、キャッシュの最適化、軽いサイトを作る方法などを試したが一向に改善せず。

 

サイトの品質が下がると、それにつれて徐々にアクセス数も低下していった。

 

そこで一念発起し、人気サイトのみXサーバーに移転させたのだ。その後、表示速度は元通りになり、アクセスも1日9000あたりで落ち着いたので一件落着。

結論は、新品状態のお名前.comよりもXサーバーの方が圧倒的に高速だという事だ。

 

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

Xサーバー

xserver1

お名前.com共有サーバーSDからの避難場所として選んだXサーバー。サーバー代金こそお名前.comより、ほんの少し高額だが、その価値はある。

安定性、表示速度はかなりのもの。

データーベース、perl、sendmailなども問題なく使える。

目下もっともおすすめするサーバーだ。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード

sakura-internet

初めて使用したレンタルサーバー。

大きな不満もないので今でも継続使用している。

サービスそのものは可もなく不可もなくといったところだが、データベースの個数制限、サブドメインの個数制限などは貧弱。

cron設定も個数制限が厳しい。

普通のホームページ用のWebサーバーとしては問題ないが、データベースなどを仕様するWordPress用としてはあまりおすすめはできない。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

Just Host

just-host

大手アメリカ系ホスティングサービスで、アメリカ、イギリス、カナダなどで最大手の一角。

2000年ごろまでは、海外サーバーは国内系に比べて安かったが、現在では国内系もかなり頑張っており、料金はほぼ同等。(サーバー代月額1000円程度)。

データベース、メールアドレス、サブドメイン、cron等は全て無制限で使用できる太っ腹ぶり。でもそんなにいらないっすよね…

国内からのアクセスは遅め。

やはり海外サーバーは海外からのアクセスをメインで考える方がよさそうだ。

逆に、英語でのサイト運用などを考えている場合は、国内系サーバーだと海外で遅くなっているの可能性もある。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

ロリポップ(ロリポプラン)

lolipop-server
一言で言うと、ここで挙げた中では最低のサーバー。プランによっては価格は一番安いかもしれない。

さくら同様、データベース数、cron、cgiなどの環境は消していいとは言えない。

悪名高き、データ全部消えちゃいました事件も記憶に新しいし、サイトの表示速度も残念ながらお名前.comよりも遅い。

上位プランを仕様するぐらいなら、Xサーバーなどを使うほうが断然おすすめ。

とにかく安くあげたい人向けか。
体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

 

名称 お名前.com 共有 Xサーバー さくら Just Host ロリポップ
体感速度 × ×
DB個数 30個 30個 20個 無制限 1個
cron × 無制限 5個 無制限 5個まで
月額料金 1300円 1000~4000円 500円 8.99ドル 500円

 

 

結論

お名前.com共有→ドメインをいっぱい取りたい人におすすめ。コストパフォーマンス良。速度はそれほど速くはないが…

Xサーバー→なんといっても高速。高速サーバーが欲しい人におすすめ。2chもXサーバーを使ってるとかなんとか。

さくら→使い勝手は悪くない。可もなく不可もなく。DB数も最近拡充され意外と悪くないし、大手なので結構速い。

Just Host→DBやCronを大量に使いたい人おすすめ。あと海外向けのサービスを考えている人にも。

ロリポップ→とにかく安くあげたい人。データベースなんていらねー、月額を限りなく安く。という人向き。

 

この記事も読まれています