「アドミン」タグアーカイブ

管理画面でだけ適用するCSSファイルを作って、子テーマ化する WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

WordPressの管理画面でだけCSSファイルを読み込ませる方法

 
WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになるので、管理画面の配置や色を変更したい場合、非表示したいものなどがある場合に、スタイルシートを使いたい場合もあるだろう。

色々と方法はあるが、今回は外部CSSファイルを子テーマに入れて、管理画面で読み込ませる方法を紹介。


 

functions.php へ記述

//adminのCSSを子テーマに追加

function load_custom_wp_admin_style() {
  wp_register_style( 'custom_wp_admin_css', get_stylesheet_directory_uri() . '/admin-style.css', false, '1.0.0' );
  wp_enqueue_style( 'custom_wp_admin_css' );
}
add_action( 'admin_enqueue_scripts', 'load_custom_wp_admin_style' );

スタイルシートのパス

get_stylesheet_directory_uri()

この部分で、子テーマフォルダへのパスを表している。
スタイルシート名は、ここでは admin-style.css だ。

この記事も読まれています

投稿一覧の画面にアイキャッチ画像を表示させるプラグイン – WordPress

WordPressのダッシュボードに、アイキャッチ画像/Featured imageを、投稿一覧/All Posts画面に表示させよう

 
Wordpressの管理画面の、投稿一覧のページには、通常は、タイトル、作成者、カテゴリー、タグ、コメント、日時のみが表示されている。

ここにアイキャッチ画像のサムネイルを追加しよう。
 

サムネイル追加の方法はたくさんあるが…プラグインが一番簡単

functions.phpに記述する方法もあり、それほど難しくないのだが、今回は最も簡単で、最もWordpressっぽい、プラグインによる方法を紹介。

 
plugin-new
WordPress管理画面の左メニュー「プラグイン」>「新規追加」をクリック。
 

plugin-3


画面右側の検索ボックスに「Featured image to All-Posts」と書いて検索。
 
プラグイン「Featured image to All-Posts」で、「いますぐインストール」をクリック。
 
インストール完了画面が表示されたら、「プラグインを有効化」をクリック。

これでおしまい。アイキャッチ画像追加表示に設定はありません。

eyecatch
管理画面の、投稿一覧にアイキャッチ画像のサムネイルが追加されます。