「ケーズホールディングス」タグアーカイブ

ケーズデンキの値札の意味が分かる、ケーズで値引きして貰える値札の暗号を紹介

K’sデンキで商品についてる値札やポップで値引き商品を判断する方法

 
家電量販店では色々と値引きテクニックがある。
ケーズデンキの値札の意味が分かれば交渉を有利に運ぶことが出来る。
値引きできない商品を時間を掛けて値引き交渉しても無駄だ。なので値札の見方を覚えておこう。

 
——————-
ケーズデンキでの基本的な値引きテクニックは
社員が教えるケーズデンキで底値で買おう。ケーズデンキ値引き方法。を参考に。
——————
 

値札を大きく分類すると3つに分けられる

 
1.値切りやすい商品
2.普通の商品
3.値段が既に下がっている商品

ケーズの値札の下には、よく分からない数字と記号が書かれている。これは社内での値引き暗号なので、重要なヒントだ。
一般的に多くの店舗で採用されているものを紹介する。

<6208や6206などの4桁の数字>
これは部門コードなので値引きとは関係がない。

<31303841などの8桁の数字>
数字だけでは意味はない場合が多い。下のアルファベットと組み合わせることでその意味が分かる。

<A、XY、AG XRなどのアルファベットの意味>
Aは1000円、10000円値引き可能。
Xは値引きできない。
という意味になる。その他にも、Gが500円、5000円などの意味になる場合もある。とある店舗では、XYでもXRでも関係なく、Xがあると値引き不可。2文字目はダミー。

8桁の数字の何文字目を使うかは店舗によって違うので価格.comなどで底値を参考に調べるとすぐに分かる。

0-koukoku-daitokka
例えばコレ。

価格.comでの安値は3500円前後、「31303841 A」なので2文字目か最後のも文字の「1」とAで x 1000円値引きできます、つまり1000円値引き可能で「3580円までならOK」ということになる。

ただし、違う値引きルールを使っている店舗もあるので、全てこの法則が当てはまるわけではない。

値札を見て売りたい商品を見抜く

 
 
1.値切りやすい商品、又は売りたい商品
 
0-tokusentokka


特選良品。
既に値段が下がっている場合はもあり、更なる値引きができるかどうかは商品による。ただ、いずれにしても底値で買いやすい「売りたい商品」だ。

0-kstokka
ケーズデンキ特価。
割と普通の値札。上記の8桁コード+英語を見て値引き可能性を探ろう。

0-koukoku-daitokka
広告の品。
広告に載せた商品なので売りたい商品、もしくは人気商品が多い。ただし値段は安くないので、しっかり値引き交渉をしよう。

 
 
2.普通の商品
 

2-normal
普通の値札。
何の変哲も無い商品。値引きをしてくれる場合もあるししてくれない場合もあるが、決して売りたい商品ではない。

2-koukoku
広告の品。
広告に載りましたよというだけ。安くなっている保証もない。値引きできるかできないかもこれだけでは判断できない。広告は信じてはいけない。

 
 
3.値段が既に下がっている商品
 
1-syobuntokka
ワゴンセール系。
基本的には100円、500円、1000円などの売りきり商品。ワゴンの中にごちゃっと置かれている場合が多く、既にかなり安いので値引き交渉はほぼ不可能。旧製品が安いケーズデンキの異名をとるK’sの真骨頂。

1-kessan
展示品。
展示品なのでネット最安値よりも安いのが当たり前。半中古でも気にしない人は展示品を狙っていこう。超長期在庫の展示品以外は、値引きは基本的にはできない。

1-syobun
メーカー生産完了した旧製品。
新品だが、型遅れになっているもの。新品だが、新製品じゃないので、値札で元々安くなっている場合が多い。全く値引きできないわけではないので、トライしてみてもいい。

 
 
 
 
———–
関連記事
社員が教えるケーズデンキで底値で買おう。ケーズデンキ値引き方法。

この記事も読まれています

社員が教えるケーズデンキで底値で買おう。ケーズデンキ値引き方法。

とある家電量販店で働き、偶然にも数名知り合いが他の家電量販店で働いている。

大手は網羅していたりするので、そんな皆で教えあった家電量販店の内情から、底値で買う方法を紹介していこう。
————-
関連記事
ケーズデンキの値札の意味が分かる、ケーズで値引きして貰える値札の暗号
————-
 

ケーズデンキで最安値で買う方法

ポイントシステムが無い、ネット販売にそれ程力を入れていない他の大手家電量販店とは一線を画するケーズデンキ

保証システムはなかなか手厚くサービスも悪くない。
でも安く買いたいのは当たり前。

現金値引きのみなので、ケーズデンキで最安値で買う方法も他の量販店とは少し違う。

 

①欲しい商品を決める

お店の特徴として、安い商品と高い商品がある。「新製品が安いケーズデンキ」と言う割には、実は旧製品が安い

言ってしまえば、「必ずこの商品が欲しい」と言う決め打ちの人はケーズデンキはおすすめしない

欲しい商品はこれ。でも同等品なら他メーカーや型遅れでもいいよ。」という人は安く買える可能性が高い。

欲しい商品を選び、同等品の他メーカー品の価格などを一通りチェックしておこう。

 

②価格.comの値段を調べる

あまり、ネット対抗価格や他店対抗を行わないケーズデンキ。

ケーズデンキ オンラインショップはあるが、ジョーシンweb、ビックカメラ.com、ヤマダウェブに比べると値段も安くない場合が多い。

あくまでも長期保証などのサービス、ポイントカードを持ちたくない人の層を確保することで対抗している。

とは言うものの最安値を知らないままで最安値で買い物をすることなど出来ないので、調べてメモを取っておこう。

他社と違い、他店対抗やネット価格対抗をしてくれないので、幅広いラインナップやメーカーの値段を見ておく必要がある。
なお、価格.comは旧製品の値段は全く当てにならないならないので、参考程度でいい。

 

③メーカー担当者を見つける

ここも、他社と違う部分。まずメーカー担当者に声をかけ、必要なものを伝える。
例えば冷蔵庫なら「何Lで価格はこのぐらい、この機能は絶対欲しい」などだ。
「なんかお買い得になってる商品はないの?」と聞いておくのも忘れずに。

新しい商品の場合は、お店が売りたい商品(セレクト品と呼ばれたりするもの)の方が値段を下げてくれやすい。

なぜなら、セレクト品を月間一定個数以上売ると、メーカーからキックバックがあるのだ

最終的に原価割れで売ったとしても、メーカーから5%のキックバックがあれば利益がでると判断すれば、原価割れで手に入れられる場合もある。

自分が欲しい商品ではなく、お店が売りたい商品を見抜くことが大切。

 

④社員と価格交渉する

メーカー担当者の売りたい商品やお買い得商品の性能が自分の納得いくものであれば、価格の交渉になる。

調べていた、他メーカーの値段やネット価格を目標に値引きを依頼しよう。
これが、お店の売りたい商品でない場合は、値引きは無理だ。

その場合は、他メーカーの製品や、型遅れの話をして、同等の性能のなかで割引率が高いものを探そう。

断定はできないが、一般的には月末の方が原価割れ価格を引き出しやすい。なぜならセレクト品が月間目標に届かない商品が安くなるからだ。
型遅れ品の場合は月末や月初は関係ないので、新商品の発売時期の直後などがおすすめ。

 

こだわりの多い人は、ケーズデンキには行くな。
これが鉄則だ。
————-
関連記事
ケーズデンキの値札の意味が分かる、ケーズで値引きして貰える値札の暗号
————-

 
関連記事:

ヨドバシカメラで底値で買う方法。

ビックカメラで底値で買う方法。

コジマで底値で買う方法。

ジョーシンで底値で買う方法。

ケーズデンキで底値で買おう。

ヤマダ電機で底値で買う方法。

EDIONで底値で買う方法。