「スクロール」タグアーカイブ

【解決済】Excel(エクセル)でコメント挿入のせいで、スクロールバーが長くなりすぎた時の対処法(条件を選択してジャンプで「最後のセル」を選んでも無理な場合)

エクセルのスクロールバーが長くなりすぎて、スクロールの棒みたいなものがすごく小さくなって使いにくい時の2つの対処法

表題通り、例えば、エクセルのセルで使っている場所が60行までしか使ってないのに、スクロールしていくと、スクロールバーが伸びていて、2000行とかまでいってしまう事がある。

 

スクロールバーがおかしい時の対処法1(最後のセルを選択して削除)

これはよく言われている方法で、まず試してみよう。

最後のセルが選択できない場合は、更に次の対処法を試してみること。

「ホーム」タブ→「検索と選択」→「条件を選択してジャンプ(S)」→「最後のセル」で「OK」

すると、「最後のセル」が選択される。

ここでDeleteボタンや、右クリックで「削除」なんかをして消すと戻る。
 

最後のセルを削除しても戻らない場合の対処法(コメントを確認)

対処法1の最後のセルを選択しても、ちゃんと最後のセルが選択されて、スクロールが伸び切った先を選択してくれない場合は、コメントが悪さをしている。

「校閲」タブ→「すべてのコメントの表示」

これでコメントが全て表示されるので、スクロールを思いっきり下(または右)まで引っ張ってみよう。

一番下(または右)の付近にコメントがあるので、このコメントをクリック。
するとこのコメントがついている元のセルの場所が分かる。
画像では、コメントは6068行目付近にあるが、実際のセルはH4907。

コメントが付けられているセルに戻って、右クリックして一旦「コメントの削除」をして、それから、再度近くの場所にコメントボックスを配置してコメントをつけるといい。

なお、「すべてのコメントの表示」をもう1度クリックしたらコメントはまた消えてくれる。

この記事も読まれています

リンクに#を入れてクリックしたら、なめらかにスクロールして移動させる方法

コピペOK。これだけで#のリンクをクリックしたら自動でスクロール移動に。もちろんスマホ対応。

リンクをタップしたりクリックしたら、パッと切り替わるのではなく、にゅるーっと動いていく#リンクがある。これを導入する方法を紹介。

なめらかスクロールのデモページはこちら

 
 

用意するもの

scroll.js
・jQueryファイル(HTMLで直接読み込むなら用意しなくてもいい)
 
 

HTMLへの記述方法

<script type=”text/javascript” src=”https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/2.1.3/jquery.min.js”></script><!– scroll –>
<head>
<script type=”text/javascript” src=”js/scroll.js”></script><!– scroll –>
<head>

こんな感じで、jqueryとscroll.jsを読み込む。

あとはリンクで #xxx といつも通り記述するとなめらかにスクロールしていく。

まとめてダウンロードする場合はこちら
scroll.zip
 
 

jsファイルの内容と簡単な解説

$(document).ready(function(){
$(‘a[href*=#]’).click(function() {
if (location.pathname.replace(/^\//,”) == this.pathname.replace(/^\//,”)
&& location.hostname == this.hostname) {
var $target = $(this.hash);
$target = $target.length && $target
|| $(‘[name=’ + this.hash.slice(1) +’]’);
if ($target.length) {
var targetOffset = $target.offset().top;
$(‘html,body’)
.animate({scrollTop: targetOffset}, 1000);
return false;
}
}
});
});

上から順に、

a hrefの中に#を使っていた場合
そのハッシュ(#)をターゲットにして
なめらかにスクロールするアニメーションだよ

という意味。

.animate({scrollTop: targetOffset}, 1000);
ここの数字を大きくすればゆっくり動き、小さくすれば早く動く。
この例の1000だと、1000ミリ秒=1秒なので、1秒で目的地に到着する。

なめらかスクロールのデモページはこちら