「ログイン時」タグアーカイブ

ログイン時のみ一部メニューを非表示に(ログインしてる時だけ違うCSSを読み込ませてメニューを表示させる方法) WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

WordPressで、ログインしてる人と、ログインしてない人で違うメニューを表示させる方法

 
WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

ログイン後にのみCSSを読み込ませて、デザインや配置、表示非表示を切り替えたい場合など。


  ↓↓↓


 

メニューで、非ログイン時に非表示にするものにclass付けする

管理画面の「メニュー」で、「表示オプション」の中の「CSSクラス」のチェックボックスにチェックを入れる。

CSS class(オプション)の部分に、ログイン後非表示にしたいモノにだけ「loggedin」と書いておく。

ちなみに、class名は何でもいい。

 

functions.php へ記述

//ログイン時のみCSS適用

function loggedin_css() {
if ( ! is_user_logged_in() ) :
echo '<style type="text/css">li.loggedin {display: none;}</style>';
endif;
}
add_action( 'wp_head', 'loggedin_css');
if (!is_user_logged_in())

で、ログインしているユーザーにだけ、スタイルを読み込ませる。

ちなみに、この例では外部CSSではないが、下記のように外部CSSにして読み込ませても同じことができる。

function loggedin_css() {
if ( ! is_user_logged_in() ) :
echo '<link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://..../xxx.css">';
endif;
}
add_action( 'wp_head', 'loggedin_css');

https://…./xxx.css の部分にCSSのパスとファイル名を記入しておくこと。

この記事も読まれています

WordPressでログインしてる時だけスタイルシートを追記する方法

WordPressで、ログイン時だけdisplay noneなどを適用し、非表示にする方法

 
 
例えば、「ログインはこちら」などを固定フッターに表示しているが、ログインした人には、固定フッターそのものを非表示にしたい場合などに便利。

 
beforelogin
↓↓↓ログインすると、固定フッターを非表示に↓↓↓
afterlogin


 

 

ちなみに、上の写真のように、固定フッターに「ログインボタン」を追加するのに便利なWordperssのプラグインはこちらの記事を参照。
固定フッターを導入する方法 ワードプレスプラグインSimple Sticky Footer
 

 

functions.phpにログイン時のみ、CSS追記をする記述を追加

 

管理画面の「外観」→「テーマの編集」→「テーマのための関数(functions.php)」 とクリックして、 functions.php に、

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom’);
function footer_custom() {
if ( is_user_logged_in() ) :
echo ‘<style type=”text/css”>#sticky-footer {display: none;}</style>’;
endif;
}

と追記しよう。

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom‘);
function footer_custom() {

この、footer_custom は任意の名前でOK。

これで、ログイン時のみ、ヘッダーに、「id=”sticky-footer” に対して display: none; ね」と追記することができる。
 

 

応用編、ログインしてない時だけに適用する

 

add_action( ‘wp_head’, ‘footer_custom’);
function footer_custom() {
if ( is_user_logged_in() ) :
else :
ここに非ログイン時の処理を記載
endif;
}

こんな感じで色々使える。