「管理画面」タグアーカイブ

管理画面のプロフィールで、子テーマのfunctions.phpでsangoの親テーマによるfunctionsの追加項目を削除する WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

管理画面のプロフィールで、sangoによる追加項目を一旦削除

WordPressの管理画面のプロフィールで、親テーマによって追加される項目を削除したい。

remove_filter('user_contactmethods', 'add_user_contactmethods');

でフィルターフックを削除できるのだが、

functions.phpに記述したものは、子テーマ → 親テーマ の順で適用される。

子テーマでいくら remove_filter しても、親テーマで上書き add_filter されてしまうので、効果がない。

親テーマの後に remove する必要がある。
 

functions.php へ記述

add_action( 'after_setup_theme', '' );

にフックすると、テーマの読み込み後(つまり、親テーマのfunctions.php後)に処理してくれる。

//管理画面のプロフィールのsangoの追加項目を一旦削除

function remove_sango_add_user_contactmethods()
{
 remove_filter('user_contactmethods', 'add_user_contactmethods');
}
add_action( 'after_setup_theme', 'remove_sango_add_user_contactmethods' );

これで、OK

この記事も読まれています

WordPress BuddyPressカスタマイズメモ 返信メール、メニュー、管理画面、投稿画面など (SANGOテンプレート)

BuddyPressのカスタマイズメモ

基本設定と運用の前提

・BuddyPressでユーザー登録(投稿者として)してもらい、みんなで記事を投稿してもらう

・ユーザー同士は顔見知りじゃないので、それぞれの記事は、管理画面では見えないように

・ユーザー(投稿者権限)の管理画面でのメニューを一部非表示に

・ユーザーの投稿画面で表示オプションを非表示に

・Buddypressのmemberページを使わずに、SangoのAuthorページを活用

・アップデートの通知などをユーザーに見えないように

・コメント時のメール通知などの最適化

・アップデート時に問題が起こらないように、子テーマ化して、コアファイルは極力触らず、functions.phpを使う
 

BuddyPressで実現したカスタマイズ一覧

サイトフロント(管理画面以外の見えるWebサイト全て)

・サイドバーにオリジナルWidget、ユーザーごとの記事PVランキング「人気のメンバー」を追加

・サイトフロントのアドミンバー非表示

・ログイン直後に管理画面ではなくサイトフロントへ飛ばす

・サイトフロントのコメントの編集ボタンを削除

・ログイン時は、非ログイン時と違うメニューを表示させる

 

管理画面全体

・管理画面の一部メニュー非表示

・管理画面のサブメニューの非表示

・管理画面のメニューのアドミンバーの、BuddyPress通知の吹き出しを削除

・管理画面のアドミンバー内の「ヘルプ」「表示オプション」「Wロゴ」などのメニューを非表示

・Wordpressやプラグインのアップデート通知を非表示

・「投稿」→「記事」、「コメント」→「あなたの記事へのコメント」へ、メニューの文言変更

・ダッシュボード画面の「アクティビティ」「クイックドラフト」などを非表示

・管理画面用のCSSファイルを、子テーマ化する

・ログイン画面の「W」のロゴを他の画像に変え、リンク先、マウスホバーの文言変更

・管理画面のプロフィール項目でいらない部分を消す

 

投稿画面、投稿権限

・記事投稿でタイトルの入力を必須にする

・投稿者の「投稿」では、自分の投稿のみ表示させる(他ユーザーの投稿は管理画面の投稿一覧では見えない)

・自分のもののみの投稿数を取得して、記事数に代入

・upした画像は投稿者本人しか見えないようにする

・投稿画面で、メタディスクリプション、トラックバック、リビジョン、フォーマットなどの不要なオプションを削除

・cssで投稿画面の不要な文字修飾オプションを非表示に ※・sango のビジュアルエディターのバグ修正(スマホでTinyMCEの文字修飾がおかしい)へリンク

 

コメント関連

・「あなたのコメント」を管理画面のメニューに追加

・「あなたのコメント」に投稿者自身が、人の記事に書いたコメントを表示

・「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパム、承認待ち等を)削除

・「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパムチェック、一括操作も)削除

・「あなたのコメント」「あなたの記事へのコメント」の編集権を調整して、「あなたのコメント」に編集権限を与え、「あなたのコメント」に「削除する」だけ残す

・「コメント」に、「あなたの記事へのコメント」のみを表示させる

・コメントページの上のコメント数を「あなたの記事に書かれた、人からのコメント数」のみカウントする

・「あなたの記事に書かれた、人からのコメント」で上のコメントメニュー削除

 

BuddyPressのメンバー機能

・メンバーなどWidget/ウィジェットのURLの文字列を、別の文字列に置換する

・メンバーなどWidget/ウィジェットのURLをリダイレクトさせる

・メンバー登録時の、ユーザー名で禁止文字列を設定する

・メンバーのタイトルの名前(ユーザーID)に「さん」を追加して表示

・文言変更「登録」→「新規登録」に

 

Sangoのバグ修正・カスタマイズ

・sango のビジュアルエディターのバグ修正(スマホでTinyMCEの文字修飾がおかしい)

・新たなプルダウン(フォントサイズ)追加

・管理画面のプロフィールで、sangoによる追加項目を一旦削除

・管理画面のプロフィールで、Sangoの「肩書」の部分を「出身地」などに変更、管理画面のプロフィールでいらない部分を消す

Sangoの著者ページ「author/…」でその著者の投稿が無いと、プロフィール詳細とアバターが正しく表示されないバグ修正

 

通知メールのカスタマイズ

・コメント通知メールの差出人(wordpress@yourdomain.com)を変更

・トラックバック、ピンバック、コメントの通知メール内容を変更

 

プラグインのカスタマイズ(子テーマ及びfunctions.phpで)

・メールに返信した時にコメントを書いた人のメールアドレスが出ないようにする(Better Notifications for WordPressの設定の問題点を修正するため、管理画面で特定のページの時のみ、jsを上書きする)

コメントページの上のコメント数を「あなたの記事に書かれた、他ユーザーのコメント数」のみカウントする方法 WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

管理画面のコメントページでコメント数は「あなたの記事に書かれた、他ユーザーのコメント数」のみカウントさせる

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

他人の記事へのコメントを、投稿者に見せる必要はないので、それを非表示にした上で、コメントページの上にある、コメント数のカウントを自分の投稿へのコメントのみカウントするようにする。
 

functions.php へ記述

//投稿者のみ、コメントを「自分の投稿」へのコメント数のみカウント

function myblogs_comments_count() {
 global $pagenow;
 if(is_admin() && current_user_can( 'author' )){ //管理画面かつ投稿者権限の場合
  global $user_ID;
  get_currentuserinfo();
  if ( false === ( $stats = get_transient( 'myblogs_author'.$user_ID.'_comments' ) ) ) {
   $stats = array('moderated'=>0,'approved'=>0,'post-trashed'=>0,'trash'=>0,'total_comments'=>0,'spam'=>0);
   $the_query = new WP_Query( array('author' => $user_ID,'posts_per_page' => -1) );
   if ( $the_query->have_posts() ) : while ( $the_query->have_posts() ) : $the_query->the_post();
    $comments = myblogs_count_comments(get_the_id()); //それぞれの状態のコメントをカウント
    $stats['moderated'] = $stats['moderated'] + $comments->moderated;
    $stats['approved'] = $stats['approved'] + $comments->approved;
    $stats['post-trashed'] = $stats['post-trashed'] + $comments->{'post-trashed'};
    $stats['trash'] = $stats['trash'] + $comments->trash;
    $stats['total_comments'] = $stats['total_comments'] + $comments->total_comments;
    $stats['spam'] = $stats['spam'] + $comments->spam;
   endwhile;
   endif;
   wp_reset_postdata();
   set_transient( 'myblogs_author'.$user_ID.'_comments', $stats, 60 * 30 );
  }
  return (object) $stats;
 }
}
add_filter('wp_count_comments','myblogs_comments_count');

//「自分の投稿」へのコメント数をカウントの後半

function myblogs_count_comments( $post_id = 0 ) {
 global $wpdb;
 $post_id = (int) $post_id;
 if ( !empty($stats) )
  return $stats;
  $count = wp_cache_get("comments-{$post_id}", 'counts');
 if ( false !== $count )
  return $count;
  $where = '';
 if ( $post_id > 0 )
  $where = $wpdb->prepare( "WHERE comment_post_ID = %d", $post_id );   $count = $wpdb->get_results( "SELECT comment_approved, COUNT( * ) AS num_comments FROM {$wpdb->comments} {$where} GROUP BY comment_approved", ARRAY_A );
  $total = 0;
  $approved = array('0' => 'moderated', '1' => 'approved', 'spam' => 'spam', 'trash' => 'trash', 'post-trashed' => 'post-trashed');
 foreach ( (array) $count as $row ) { // 全てで、ゴミ箱のものはカウントしない
  if ( 'post-trashed' != $row['comment_approved'] && 'trash' != $row['comment_approved'] )
   $total += $row['num_comments'];
  if ( isset( $approved[$row['comment_approved']] ) )
   $stats[$approved[$row['comment_approved']]] = $row['num_comments'];
 }
 $stats['total_comments'] = $total;
 foreach ( $approved as $key ) {
  if ( empty($stats[$key]) )
   $stats[$key] = 0;
 }
 $stats = (object) $stats;
 wp_cache_set("comments-{$post_id}", $stats, 'counts');
 return $stats;
}

 
なお、
「コメント」に、「あなたの記事に他ユーザーが書いたコメント」のみを表示させる方法はこちらを参照。

WordPressのオリジナルメニュー「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパムチェック、一括操作も)削除 BuddyPressカスタマイズメモ

オリジナルメニュー「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパムチェック、一括操作も)削除

 
WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

・「あなたのコメント」を管理画面のメニューに追加

・「あなたのコメント」に投稿者自身が、人の記事に書いたコメントを表示


 

functions.php へ記述

後々、人が書いたコメントを編集したり削除したりできなくするので、スパムチェック、一括操作等も削除しておく。

//投稿一覧画面とコメント画面のバルクメニューを非表示

if (!current_user_can('administrator')) {
add_filter( 'bulk_actions-edit-post', '__return_empty_array', 100 ); //投稿のバルクメニュー
add_filter( 'bulk_actions-edit-comments', '__return_empty_array', 100 ); //コメントのバルクメニュー
add_filter( 'filter_by_comment-type-edit-comments', '__return_empty_array', 100 ); //コメントの編集用フィルター
add_filter( 'bulk_actions-edit-comments-mine', '__return_empty_array', 100 ); //あなたのコメントでのバルクメニュー
}

“管理者”でもメニューを削除したい場合は、一番上と一番下の

if (!current_user_can('administrator')) {

}

を削除すればいい。

WordPressの記事投稿画面で、新規投稿時にタイトルの入力を必須にする WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

WordPressログイン画面の「W」のロゴを他の画像に変え、リンク先、マウスホバーの文言変更

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

WordPressに慣れていない人が使うことも想定できるので、タイトルなしのまま新規投稿すると「タイトルなし」となり、ダサいので、タイトル入力を必須にしておこう。


 

functions.php へ記述

WordPressにはタイトルを必須にするような設定はない。

functions.phpに記述して、記事投稿画面にjavascriptで、タイトルが記入されてない時にアラートを出すようにする。

//記事投稿タイトル必須

function required_title() {
?>
<script type="text/javascript">
jQuery(document).ready(function($){
if('post' == $('#post_type').val()){
$("#post").submit(function(e){
  if('' == $('#title').val()) {
  alert('タイトルを入力してください');
  $('#ajax-loading').css('visibility', 'hidden');
  $('#publish').removeClass('button-primary-disabled');
  $('#title').focus();
  return false;
  }
});}});
</script>
<?php
}
add_action('admin_head-post-new.php', 'required_title');
add_action('admin_head-post.php', 'required_title');

この例では、新規投稿、投稿の編集でタイトルの入力を必須にしている。

同様に、固定ページ用でもタイトル入力が必須になる。

管理画面でだけ適用するCSSファイルを作って、子テーマ化する WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

WordPressの管理画面でだけCSSファイルを読み込ませる方法

 
WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになるので、管理画面の配置や色を変更したい場合、非表示したいものなどがある場合に、スタイルシートを使いたい場合もあるだろう。

色々と方法はあるが、今回は外部CSSファイルを子テーマに入れて、管理画面で読み込ませる方法を紹介。


 

functions.php へ記述

//adminのCSSを子テーマに追加

function load_custom_wp_admin_style() {
  wp_register_style( 'custom_wp_admin_css', get_stylesheet_directory_uri() . '/admin-style.css', false, '1.0.0' );
  wp_enqueue_style( 'custom_wp_admin_css' );
}
add_action( 'admin_enqueue_scripts', 'load_custom_wp_admin_style' );

スタイルシートのパス

get_stylesheet_directory_uri()

この部分で、子テーマフォルダへのパスを表している。
スタイルシート名は、ここでは admin-style.css だ。

WordPress BuddyPressカスタマイズメモ 管理画面のサブメニューの非表示。管理者以外

管理者以外は、プラグイン、ユーザーなどのサブメニューを非表示にする

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

管理者以外の、編集者や投稿者には、非表示にしておきたいメニューがある。

管理画面の一部のメニューを非表示にするで、メニューごと非表示にする方法は商会した。

今回はサブメニューだけを非表示にする方法。

functions.php へ記述

//管理画面のサブメニューの非表示(管理者以外)

if (!current_user_can('administrator')) {
function remove_submenus() {
// remove_submenu_page('index.php', 'index.php'); // ダッシュボード -> ホーム
// remove_submenu_page('index.php', 'update-core.php'); // ダッシュボード -> 更新
// remove_submenu_page('edit.php', 'edit.php'); // 投稿 -> 投稿一覧
// remove_submenu_page('edit.php', 'post-new.php'); // 投稿 -> 新規追加
// remove_submenu_page('edit.php', 'edit-tags.php?taxonomy=category'); // 投稿 -> カテゴリ
// remove_submenu_page('edit.php', 'edit-tags.php?taxonomy=post_tag'); // 投稿 -> タグ
// remove_submenu_page('upload.php', 'upload.php'); // メディア -> ライブラリ
// remove_submenu_page('upload.php', 'media-new.php'); // メディア -> 新規追加
// remove_submenu_page('link-manager.php', 'link-manager.php'); // リンク -> すべてのリンク
// remove_submenu_page('link-manager.php', 'link-add.php'); // リンク -> 新規追加
// remove_submenu_page('link-manager.php', 'edit-tags.php?taxonomy=link_category'); // リンク -> リンクカテゴリー
// remove_submenu_page('edit.php?post_type=page', 'edit.php?post_type=page'); // 固定ページ -> 固定ページ一覧
// remove_submenu_page('edit.php?post_type=page', 'post-new.php?post_type=page'); // 固定ページ -> 新規追加
// remove_submenu_page('themes.php', 'themes.php'); // 外観 -> テーマ
// remove_submenu_page('themes.php', 'widgets.php'); // 外観 -> ウィジェット
// remove_submenu_page('themes.php', 'theme-editor.php'); // 外観 -> テーマ編集
// remove_submenu_page('plugins.php', 'plugins.php'); // プラグイン -> インストール済みプラグイン
// remove_submenu_page('plugins.php', 'plugin-install.php'); // プラグイン -> 新規追加
// remove_submenu_page('plugins.php', 'plugin-editor.php'); // プラグイン -> プラグイン編集
// remove_submenu_page('users.php', 'users.php'); // ユーザー -> ユーザー一覧
// remove_submenu_page('users.php', 'user-new.php'); // ユーザー -> 新規追加
// remove_submenu_page('users.php', 'profile.php'); // ユーザー -> プロフィール
// remove_submenu_page('tools.php', 'tools.php'); // ツール -> 利用可能なツール
// remove_submenu_page('tools.php', 'import.php'); // ツール -> インポート
// remove_submenu_page('tools.php', 'export.php'); // ツール -> エクスポート
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-general.php'); // 設定 -> 一般
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-writing.php'); // 設定 -> 投稿設定
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-reading.php'); // 設定 -> 表示設定
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-discussion.php'); // 設定 -> ディスカッション
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-media.php'); // 設定 -> メディア
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-privacy.php'); // 設定 -> プライバシー
// remove_submenu_page('options-general.php', 'options-permalink.php'); // 設定 -> パーマリンク設定
}
add_action('admin_menu', 'remove_submenus', 102);
}

「//」を頭につけると、コメントアウトなので、メニューからは削除されない。

上の例でいくと、「ユーザー一覧」を非表示にしたいなら、

// remove_submenu_page('users.php', 'users.php'); // ユーザー -> ユーザー一覧

  ↓

 remove_submenu_page('users.php', 'users.php'); // ユーザー -> ユーザー一覧

と、頭の//を削除すればいい。

“管理者”でもメニューを削除したい場合は、一番上と一番下の

if (!current_user_can('administrator')) {

}

を削除すればいい。

 

メニューを非表示にしている場合は、サブメニューも強制非表示

例えば、メニューの「ユーザー」を

remove_menu_page('users.php');

で非表示にしている場合は、

remove_submenu_page('users.php', 'users.php');
remove_submenu_page('users.php', 'user-new.php');
remove_submenu_page('users.php', 'profile.php');

と書いていなくても、

「ユーザー」のサブメニューである
ユーザー -> ユーザー一覧
ユーザー -> 新規追加
ユーザー -> プロフィール

の3個は強制的に非表示になる。

プラグインなどで勝手に追加されるメニューのIDを調べる方法

functions.phpへ

function check_post_label_id() {
    global $menu;
    global $submenu;

    var_dump($menu);
    var_dump($submenu);
}
add_action( 'admin_menu', 'check_post_label_id' );

これを書いて、ページ(ソース)を見ると

array(数字) {[0]->string(数字)"メニューの単語"[1]=>string(数字)"スラッグ"......}

って感じの文字の羅列が見えるので、

“メニューの単語” の前にある array(数字)数字が”メニューの単語”のIDになっている。

WordPress BuddyPressカスタマイズメモ 管理画面の一部のメニューを非表示にする。管理者以外

管理者以外は、プラグイン、ユーザーなどのメニューを非表示にする

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

管理者以外の、編集者や投稿者には、非表示にしておきたいメニューがある。

ついでに、プラグインで追加されるメニューも、非表示にしたい。

functions.php へ記述

//管理画面の左のメニュー非表示

if (!current_user_can('administrator')) {
function remove_menus() {
  remove_menu_page('index.php'); // ダッシュボード
  remove_menu_page('separator1'); // セパレータ1
// remove_menu_page('edit.php'); // 投稿
// remove_menu_page('upload.php'); // メディア
  remove_menu_page('link-manager.php'); // リンク
// remove_menu_page('edit.php?post_type=page'); // 固定ページ
// remove_menu_page('edit-comments.php'); // コメント
  remove_menu_page('separator2'); // セパレータ2
  remove_menu_page('themes.php'); // 外観
  remove_menu_page('plugins.php'); // プラグイン
// remove_menu_page('users.php'); // ユーザー
  remove_menu_page('tools.php'); // ツール
  remove_menu_page('wpcf7');//plug-in contact form7
// remove_menu_page('options-general.php'); // 設定
// remove_menu_page('profile.php'); // プロフィール(管理者以外のユーザー用)
}
add_action('admin_menu', 'remove_menus');
}

「//」を頭につけると、コメントアウトなので、メニューからは削除されない。

上の例でいくと、例えば、「ユーザー」も非表示にしたいなら、

// remove_menu_page('users.php'); // ユーザー

  ↓

 remove_menu_page('users.php'); // ユーザー

と、頭の//を削除すればいい。

 

プラグインで追加されたメニューを非表示にする方法

プラグインで追加されたメニューを削除するための引数(例えば、wpcf7 みたいな)を確認したいのであれば、

管理バーに追加されたメニューの場合は

global $wp_admin_bar;

の直後に

var_dump( $wp_admin_bar );

と記入したら見えるので、確認できる。

サイドに追加されたメニューの場合は

プラグインなどで勝手に追加されるメニューのIDを調べる方法

functions.phpへ

function check_post_label_id() {
    global $wp_admin_bar;

    var_dump($wp_admin_bar;);
}
add_action( 'admin_menu', 'check_post_label_id' );

これを書いて、ページ(ソース)を見ると

array(数字) {[0]->string(数字)"メニューの単語"[1]=>string(数字)"スラッグ"......}

って感じの文字の羅列が見えるので、

“メニューの単語” の前にある array(数字)数字が”メニューの単語”のIDになっている。

引数が分かれば、

remove_menu_page('調べた引数');

で非表示にできる。