「調べる」タグアーカイブ

WordPressメニューの変更、非表示、IDの調べ方「投稿」→「記事」、「コメント」→「あなたの記事へのコメント」へ、メニューの文言変更 WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

WordPressのメニューの文言を変更する方法

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入してSNSを構築する場合、「コメント」だけだと自分が書いたコメントなのか、人が自分に対して書いたコメントなのかが分からないのでメニューを変更したい。

今回は、「投稿」→「記事」へ変更。
「コメント」→「あなたの記事へのコメント」に変更する。

 

functions.php へ記述

管理画面のメニューの文言を変更。
ちなみに順番を入れ替えたり、サブメニューの文言を変更したりもできる。

//投稿→記事、コメント→あなたの記事へのコメント

function change_post_label() {
global $menu;
global $submenu;
$menu[5][0] = '記事';
$menu[25][0] = 'あなたの記事へのコメント';
}
add_action( 'admin_menu', 'change_post_label' );
global $sabmenu;

サブメニューを変更しないのであれば、この1行は別になくてもいい。
 

メニューID一覧とサブメニューのID一覧を紹介

メニューとサブメニューのID(key/キー)一覧

$menu[2] // ダッシュボード
  $submenu['index.php'][0] //ホーム
  $submenu['index.php'][10] //更新
$menu[4] // セパレーター(区切り線)
$menu[5]  // 投稿
  $submenu['edit.php'][5] //投稿一覧
  $submenu['edit.php'][10] //新規投稿
  $submenu['edit.php'][15] //カテゴリー
  $submenu['edit.php'][16] //タグ
$menu[10] // メディア
  $submenu['upload.php'][5] //タグ
  $submenu['upload.php'][10] //新規追加
$menu[15] // リンク
  $submenu['link-manager.php'][5] //リンク一覧
  $submenu['link-manager.php'][10] //新規追加
  $submenu['link-manager.php'][15] //リンクカテゴリー
$menu[20] // 固定ページ
  $submenu['edit.php?post_type=page'][5] //固定ページ一覧
  $submenu['edit.php?post_type=page'][10] //新規追加
$menu[25] // コメント
  $submenu['edit-comments.php'][0] //すべてのコメント
$menu[26] // お問い合わせ
$menu[59] // セパレーター(区切り線)
$menu[60] // 外観
  $submenu['themes.php'][5] //テーマ
  $submenu['themes.php'][7] //ウィジェット
  $submenu['themes.php'][10] //メニュー
$menu[65] // プラグイン
  $submenu['plugins.php'][5] //インストール済みプラグイン
  $submenu['plugins.php'][10] //新規追加
  $submenu['plugins.php'][15] //プラグインエディター
$menu[70] // プロフィール
  $submenu['users.php'][5] //ユーザー一覧
  $submenu['users.php'][10] //新規追加
  $submenu['users.php'][15] //あなたのプロフィール
$menu[75] // ツール
  $submenu['tools.php'][5] //利用可能なツール
  $submenu['tools.php'][10] //インポート
  $submenu['tools.php'][15] //エクスポート
$menu[80] // 設定
  $submenu['options-general.php'][10] //一般
  $submenu['options-general.php'][15] //投稿設定
  $submenu['options-general.php'][20] //表示設定
  $submenu['options-general.php'][25] //ディスカッション
  $submenu['options-general.php'][30] //メディア
  $submenu['options-general.php'][35] //プライバシー
  $submenu['options-general.php'][40] //パーマリンク設定
$menu[99] // セパレーター(区切り線)

 

プラグインなどで勝手に追加されるメニューのIDを調べる方法

functions.phpへ

function check_post_label_id() {
    global $menu;
    global $submenu;

    var_dump($menu);
    var_dump($submenu);
}
add_action( 'admin_menu', 'check_post_label_id' );

これを書いて、ページ(ソース)を見ると

array(数字) {[0]->string(数字)"メニューの単語"[1]=>string(数字)"スラッグ"......}

って感じの文字の羅列が見えるので、

“メニューの単語” の前にある array(数字)数字が”メニューの単語”のIDになっている。

この記事も読まれています

TwitterのAPIを使用する際にキーを取得する方法

TwitterのオリジナルBOTなどを作るのに必要なAPIキーを取得しよう

ツイッターをSOHOなどでビジネス利用する人は、自分自身で更新する他に、自動で呟かせたり、ブログと連動させたり、自動で誰かのアカウントをリツイートさせたりしたい場合がある。

そんな時に必要になるのが、ツイッターAPIのキー。
 

手順1 ログインとアカウント作成の注意点

Twitter developersへログイン
Twitterのアカウントを持っている場合は、Twitter developerで右上から「Sign in」しよう。

 
twidev1

 

アカウントを持っていない場合は、Twitterのアカウントを作成すること。
https://twitter.com/loginアカウントはここから作れるが、日本語版では新規登録ができないかもしれない(環境未確認)。英語でやってみよう。
twi-signup

 

手順2 アプリケーションの作成

アプリケーションって何?って感じだが、API(BOTやら連動アプリやら)を使うのに必要なもの。

例えば、BOT2個、連動アプリ2個を動かす場合、合計4つだが、2種類なので2つのアプリケーションが必要。など。

アプリケーション1個に対してそれぞれ、APIキーが発行される。アプリケーションは、「Create an application」をクリックすれば作成できる。

twidev2

Name:
何でもいい。同じ名前は登録できないので、twi001, twi002とかでOK。

Description:
何でもいい。”aaaaaaaabbbbb”とかでもいい。

Website:
サイトのURLを。これも別になんでもいいのだが、ブログのURLやHPのURLを適当に入力しておく。

Callback URL:
あなたのWebサイト上でTwitter認証の際に使うコールバックのURL。
BOTボットなどを作成する場合は、Twitter認証を使わないので設定不要。

 

手順3 アクセスレベル

デフォルトのアクセスレベルは「read-only」だが、投稿したい場合は「Read and Write」を選択すること。

twidev3

この際登録ボタンを押しても設定が反映しないことが度々ある。

しばらく待ってみたり、何回かやれば設定が変更される。

 

手順4 キーの確認

「Details」をクリックすると、
「Consumer key」と「Consumer secret」が確認できる。

メモ帳あたりにコピペしておこう。

twidev4

 

手順5 トークンの取得

アプリケーションの種類によっては、Access Token(アクセストークン)と、Access Token Secret(アクセストークンシークレット)が必要になる。

ボットなどを作る時にも必要。

「Details」タブの一番下にある「Create My Access Token」ボタンをクリックしすると、

twidev5

Access Token と Access Token Secret が発行される。

これもテキストなどにコピペしておこう。

twidev6

Twitterには上記の4つのキーがあって、自作BOTやアプリによって必要になってくるので覚えておこう。