タグ別アーカイブ: コマンドプロンプト

2.WordPressの自作プラグインのアップロード、公開に必要なApache Subversionのダウンロード、インストール方法

Subversionのダウンロード、インストール方法

 
Wordpressの公式ディレクトリに自作プラグインを公開するには、まずプラグインのアップロードのために、Subversion (Apache Subversion / アパッチ・サブバージョン)というソフトを使う。

1.WordPress.orgのアカウントに登録し、公式ディレクトリにプラグインを申請する

2.プラグインの公式ディレクトリへのアップロードに必要なSubversionのダウンロードとインストール
↑いまここ↑

3.Subversionを使ってWorpdress.orgの公式ディレクトリにアップロード&バージョン管理

4..potファイルから .mo ファイルを作ってプラグインの多言語化(国際化)

 
 

Subversionのダウンロード

http://subversion.apache.org/へ行く。

英語しかないが、順を追っていけば大丈夫。

左メニューから「Binary Packages」をクリック。
subversion-install-1

 
 

「Binary Packages」のページへいくと、色々なOS用のSubversionがあるので、Windowsの場合は、ページの一番下にある。
32、64ビットのWindowsのCliant用であればどれでもいいのだが、今回は、SlikSVNを例に紹介。
subversion-install-2

 
 

SlickSVNのページへ行くと、サーバーかクライアントか、32bitか64bitかを選択する。
ちなみに、自分のOSがどれか分からない場合は、以下の画像参照。
subversion-install-3

自分のPCのOSが何かを調べるには、デスクトップのコンピューターアイコンで右クリック→プロパティ。または、左下からメニューを開いてコンピューター右クリックからコンピューターのプロパティを見れば分かる。
subversion-install-4
これは64ビットのWindows クライアント。

 
 

該当のSubversionをダウンロードし、アイコンを叩いてインストール開始。

subversion-install-5-0

 
 

Subversionのインストール

「Next」をクリック。
subversion-install-5-1

 
 

「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れて、「Next」をクリック。
subversion-install-6

 
 

こんな感じで「Next」をクリック。
subversion-install-7

 
 

「Install」をクリック。
subversion-install-8

 
 

インストールが完了したら、「Finish」をクリックして終了。
subversion-install-9

ちなみに、Subversionはコマンドプロンプトに新しいコマンドを追加するソフトなので、インストールしてもアイコンなどは作られない。
操作は基本的にコマンドプロンプト上で行うことになる。

次は、Subversionの使い方を見ていこう。

————-
参考記事:
1.WordPress.orgのアカウントに登録し、公式ディレクトリにプラグインを申請する

2.プラグインの公式ディレクトリへのアップロードに必要なSubversionのダウンロードとインストール

3.Subversionを使ってWorpdress.orgの公式ディレクトリにアップロード&バージョン管理
↑次ここ↑

4..potファイルから .mo ファイルを作ってプラグインの多言語化(国際化)

こんな記事も読まれています