「PV数集計」タグアーカイブ

BuddyPressカスタマイズメモ – ユーザーごとのPVランキングを表示するオリジナルWidgetテンプレートを追加する方法

WordPressにオリジナルのサイドウィジェットの xxxx.php を追加する

<追加したい機能>

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressのメンバーのごとに、記事のPV数を集計して、ウィジェットでランキング表示する。

こんなやつ。

 
<追加の流れ>

・ユーザーごとの投稿PV数を集計して表示する xxxx.php を作って、子テーマフォルダに追加。

・phpファイルを呼び出すために、ショートコード my_add を追加する。

・ウィジェットの「テキスト」でショートコードを許可する。

・ウィジェットエリアに「テキスト」を追加し、そこからオリジナルのウィジェットのファイルである xxxx.php を呼び出す
 

ちなみに、プラグインの「PHP Text Widget」を使って、直接ウィジェットの「テキスト」にPHPコードを書く方法もあるが、これはセキュリティ的にヤバイらしいので、やめておこう。

 

オリジナルウィジェット xxxx.phpファイルの中身

Sangoの「人気記事」ウィジェットをベースにユーザーごとに集計したPV数でランキング表示する。

HTML出力の部分を改造すれば、見た目は自由に変えることができる。

xxxx.php の中身

<?php
    $count_key = 'post_views_count'; //著者一覧を取得
    $users =get_users( array('orderby'=>'ID','order'=>'ASC') ); //全著者ループ
    $count_user = array();
    foreach($users as $user) { //処理するユーザー指定
        query_posts( array ( 'author' => $user->ID, 'posts_per_page' => -1 , 'orderby'=>'ID' , 'order'=>'ASC' ) ); //各著者の投稿ループし、アクセス数を計算
        while ( have_posts() ) {
            the_post();
            $post_count = get_post_meta( get_the_ID(), $count_key, true ); //投稿のアクセス数を取得
            if ($post_count <> '') {
                $count_user[$user->ID]=$count_user[$user->ID] + $post_count; //投稿のアクセス数をインクリメント(+1)
            }
        }
    }
    arsort($count_user,SORT_NUMERIC);
    //昇順ソート結果を出力(5個出力の場合)
    $disp_count=5;
    $n=0;
    foreach ($count_user as $userid => $val) {
        $thisUser = get_userdata( $userid );
echo "<ul id=\"members-list\" class=\"item-list\" aria-live=\"polite\" aria-relevant=\"all\" aria-atomic=\"true\"><li class=\"vcard\"><div class=\"item-avatar\"><a href=\"" . home_url() . "/author/" . $thisUser->user_login . "\">" . get_avatar( $userid, 50 ) . "</a></div><div class=\"item\"><div class=\"item-title fn\"><a href=\"" . home_url() . "/author/" . $thisUser->user_login . "\">" . $thisUser->display_name . " さん " . "</a></div></div>";
echo "<div class=\"item views\"><div class=\"item-title fn\"><p class=\"views\"> Total: ". $val . " views" . "</p></div></div></li></ul>"; //HTML出力見た目はSangoのウィジェットに似るように
        $n++;
        if ($n == $disp_count) {break;}
    }
    wp_reset_query();
?>

 

FTPでアップロード

Sangoの子テーマフォルダ(sango-theme-child)の中にtemplateフォルダを作り、その中にオリジナルの xxxx.php をアップロードしておく。

ここでは、wp-content/themes/sango-theme-child/template 。

場所やフォルダ名は、次の functions.php の記述で決めれる。

 

functions.php への記述

ウィジェットでショートコード使用を許可して、自分のショートコード my_add の働きを指定しておく。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode'); //サイトフロントのサイドバーにテンプレート追加するため、widgetのテキストでショートコードを使えるように

function Include_my_php($params = array()) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'file' => 'default'
    ), $params));
    ob_start();
    include(STYLESHEETPATH . "/template/$file.php"); //子テーマのtemplateフォルダの中のファイルを読み取る
    return ob_get_clean();
} 
add_shortcode('my_add', 'Include_my_php'); //ショートコード my_add を追加

 

ウィジェットの「テキスト」へのショートコードの記述

functions.php で追加したショートコードを使って、「テキスト」ウィジェットでオリジナルのphpを呼び出す。

[my_add file='xxxx']

でOK。 .php は不要。

この記事も読まれています