プラグインを使わずビジュアルエディターの文字修飾(TinyMCE)から不要ボタンを削除する方法 WordPress BuddyPressカスタマイズメモ SANGOテンプレート

ビジュアルエディターで、不要な文字修飾ボタンを削除する

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

WordPressには mce_buttons というフィルターフックが用意されている。

add_filter( 'mce_buttons', 'remove_mce_buttons' );

これが、1行目にあるボタンを削除する時の記述。

add_filter( 'mce_buttons_3', 'add_mce_buttons_3' );

こっちは、3行目にボタンを追加する時の記述。

removeadd削除追加
後ろに、 _2 _3 とかをつけて、2行目、3行目を操作する。
 

functions.phpへの記述

add_filter( 'mce_buttons', 'remove_mce_buttons' );
function remove_mce_buttons( $buttons ) {
  $remove = array(
    'formatselect', // フォーマット
    'bold',         // 太字
    'italic',       // イタリック
    'bullist',      // 番号なしリスト
    'numlist',      // 番号付きリスト
    'blockquote',   // 引用
    'alignleft',    // 左寄せ
    'aligncenter',  // 中央揃え
    'alignright',   // 右寄せ
    'link',         // リンクの挿入/編集
    'unlink',       // リンクの削除
    'wp_more',      // 「続きを読む」タグを挿入
    'wp_adv',       // ツールバー切り替え
    'dfw'           // 集中執筆モード
  );
  return array_diff( $buttons, $remove );
}

add_filter( 'mce_buttons_2', 'remove_mce_buttons_2' );
function remove_mce_buttons_2( $buttons ) {
  $remove = array(
    'strikethrough', // 打ち消し
    'hr',            // 横ライン
    'forecolor',     // テキスト色
    'pastetext',     // テキストとしてペースト
    'removeformat',  // 書式設定をクリア
    'charmap',       // 特殊文字
    'outdent',       // インデントを減らす
    'indent',        // インデントを増やす
    'undo',          // 取り消し
    'redo',          // やり直し
    'wp_help'        // キーボードショートカット
  );
  return array_diff( $buttons, $remove );
}

これで全て削除になる。残したい部分だけ、消しておけばOK。

この記事も読まれています

コメントを残す