「中南米」カテゴリーアーカイブ

1000年前のポケモン

メキシコ中部のビジャエルモーサにあるアステカの石像が置いてある遺跡公園。行き方は街からタクシーに乗って15分。物価の安いメキシコでは価格交渉次第で400円程度で行くことができます。
技術の高さはあまり感じないが、愛くるしい雰囲気はふんだんに感じることができる謎の石像。キャラクターデザインの仕事ができそう。

この記事も読まれています

メキシコで仕事をする女性は美しい。メリダの市場にて。

メキシコの中東部の中堅都市メリダ。語学学校などもあり、日本人には比較的馴染み深い(?)都市なのだが、市場にはとても活気がある。スーパーで買うよりも種類も豊富で値段も安く、元々物価が日本よりも安いので、楽しく散策できる。
可愛いフリフリの民族衣装を着て、頭に数十kgの荷物を載せ、歩いているお母さんをよく見かける。

遺跡の石造が何を表現してるのか分からない。

遺跡の石造や壁画が何をやっているのか分からないということはよくある。
その多くが「宗教的儀式」で片付けられてしまうのだが、この石造も同じく「宗教的儀式」の様子を表しているらしい。
昨今では人は以前からもっと実用的で、今まで信仰で片付けられていたことにも意外な実践的要素があることが分かってきているが、これはどうだろうか。ロマンだ。
メキシコのビジャエルモーサの、メキシコ各地のアステカの遺産が置いてある博物公園より。