「中央・西アジア」カテゴリーアーカイブ

生きた天然の橋。幻想的過ぎる

インドの北東部の奥地にあるメーガーラヤ州のチェラプンジというところは「生きた橋」がある。

ここはしょっちゅう洪水が起こるので、通常の橋は激流によって流されます。
そのため地元住民たちは強靭な根を持つゴムの木を、10年から15年もかけて対岸へと誘い、50人ほどが渡っても耐えうる「樹木の橋」を実現させました。
尚、橋は二重になっていて、優に500年以上の時間を経過し、いまなお成長し続けているそうです。

この記事も読まれています

【死ぬかと思った瞬間】俺の隣を象の群れが走っていった

スリランカ中部の小さな町、ピンナワラの街中をブラブラしていると、後ろから地鳴りが聞こえてきた。
振り返ると、こちらへ向かって象の一段が走ってくる。とっさに脇の店の軒先に飛び込んだので助かった。
毎日昼頃に象の群れが川に向かうという日課らしい。先に言えよ…

地獄への入り口ダルヴァザ。炎の燃え続ける穴。

トルクメニスタンにある穴。
天然ガスが噴出し続けていて、有毒ガスが充満するのを防ぐために、安直な解決法として火をつけてしまった。そうしたら消す方法が無くなった。
最近では、この地域への鉄道建設計画も進んでおり、どうにかして埋め戻したいのだとか…