「交渉」タグアーカイブ

【一眼レフを最安値で買う】ヨドバシカメラでデジカメを値切って買う方法。

ヨドバシ社員に聞いたヨドバシカメラで一眼レフを値切ろう

ヨドバシカメラは駅前の大型店舗が多く、全てのお店が激戦区だ。
なので積極的に値引き交渉ができる。

強気の値段でくることもあるが、そんなヨドバシで一眼レフとデジカメを最安値まで値切る方法を紹介。

 
 

1. 欲しいデジカメのメーカーを絞る

絶対に欲しい機種が決まっていないのなら、候補となるメーカーを絞っておくこと。

例えばNikonのD5500 ダブルズームキットCanonのEOS Kiss Xシリーズ ダブルズームキットなどと絞っておくと交渉もスムーズにいく。

 
ヨドバシカメラで値引きがしやすい商品は月間売り上げ数目標がある拡販商品だ。
売上のノルマがあるので、数を稼ぐために値引きをしてもらいやすくなる。
pop-yodobashi

ヨドバシ社員によると、デジカメや一眼の拡販商品は、NikonかSONYが多いらしい。
ちなみに毎月変更されるので、絶対にNikonが安い、値切れるという保証はない。

売り場に行けば「特価」や「売れ筋No.1」などのポップがついている場合が多いので、立ち寄る機会があればお店をのぞいてみると分かりやすい。

 
 

2. 店に行く前に価格.comの最安値とヨドバシ.comの値段をチェック

実際にヨドバシの店舗に行く前に、必ずネットの値段を確認しておこう。

価格.comヨドバシ.comだけは最低でも確認しておきたい。

お店に行ってから、スマホなどで価格.comを調べることはやめた方がいい。
ネット価格を引き合いに出して交渉する人には値引きをしてくれない。

ただし、ヨドバシ.comの値段には即座に合わせてくれる。

ヨドバシ.com以外のネット対抗は嫌われるので、言わない方がいい。

 
 

4. 社員が教えるデジカメ値切り交渉のテクニック、他店対抗価格を使う事

ヨドバシカメラは、ネットのヨドバシドットコムの値段とは同じにしてくれる。

元々ヨドバシドットコムも安いので、ヨドバシドットコムが価格.com最安値だと言う場合も結構ある。

だが、価格.com最安値よりも安く買う事は誰にでも簡単にできるので、必ず値引き交渉をするようにしよう。

例として、最安値10万円の一眼レフ ダブルレンズキットを買う場合を紹介する。

「ビックカメラで税込9万9800円のポイント10%にしてくれるらしいんだけど、ヨドバシさんのポイントを貯めてるから、できればヨドバシで買いたい。」

と言ってみよう。

価格.comや、ネットの値段は言ってはいけない。
最安値から少し安い値段を他店の値段として伝えるのが最も効果的だ。

ちなみに、値引き目安は、商品の最安値から更に10%ほど低くした値段だ。

ヨドバシの場合は、税込10万円+ポイント10%ぐらいを目標にしたい。

これで、ポイント分は価格.comよりもお得に買えるということになる。

 
 

4. 値引きしやすい商品を選ぶ、交渉をする相手を選ぶ

自分が欲しいデジカメの機種で、ヨドバシで拡販商品になっているものがあればそれが一番簡単だ。

欲しい機種が拡販拡販対象になってい無い場合は、値引き交渉が少し難しくなるが、諦めずに軽く交渉してみよう。

注意したいのが、ヨドバシの値引き価格交渉は社員しかできない。という点だ。

バイトやメーカーの店員は価格交渉できないので社員を呼んでもらおう。

ベテランっぽい関西出身の店員さんがおすすめ。

ヨドバシカメラは関西出身の店員さんが値引きをしてくれる傾向がかなり強い!
逆に言うと、関西のお店以外は値引きは意外と渋い場合もある。

 
 

5. 値引きが無理ならポイントアップも考えておく

価格交渉をしてみて
「申し訳ございません。D5500はこれ以上はできません。」
と言われる場合もありえる。

そんな場合は現金値引きは無理でも、ポイントアップなら対応できる場合もある。

ポイントも現金とほぼ同じ感覚で使えるので、貯めているなら積極的に交渉したい。

「ビックカメラでキャンペーンでポイントアップするって言ってたけど。」

と伝えるだけでポイントアップもできる場合がある。
 
 

この記事も読まれています

エディオンの値札暗号とは?値札で値引き交渉をしやすい商品を判断する方法

EDIONの値札の色やポップで最安値商品を見つける方法

 

 
エディオンでは値札の種類が少ない。
それでもエディオンの値札の意味が分かっていれば値引きをしてもらいやすい商品を見抜くことができるので、値札の見方を覚えておこう。

 
——————-
エディオンでの基本的な値引きテクニックは
社員が教えるエディオン徹底値引き方法。EDIONで底値で買う方法。を参考に。
——————
 

値札の色、黄色値札に注目

エディオンで値切りやすい商品を簡単に見抜く方法の1つに、値札の色を確認する方法がある。
ただし、黄色値札であってもそれ程値切れない商品もあるし、白値札でも値切れるものもある。あくまでも目安にしておこう。
 
 
1.黄色値札(売りたい商品)
 

ki-1-gensen
「厳選特価」。黄色値札の代表格。値札の裏側も黄色いので裏返せば分かる。店舗によって値引き幅は違うが、お店として売りたい=販売ノルマのある商品なので、ノルマ達成まで時間がない場合などは特に値引き交渉の材料になる。
ネット価格よりも下げてもらえる場合もあるので、価格.comの値段などを比べて値引き交渉してみるといい。
「値引きは一切できない。」と言われる場合は既にその店舗での販売目標を達成してしまっている場合もある。

 
 
2.白値札(普通の商品)
 
shiro-1-koukoku


「広告の品」。一見すると黄色値札のようだが、値札を裏返すと分かる。裏側が白いのでこれは白値札。つまり普通の商品だ。特別お買い得というわけではないので注意。
 
 
shiro-2-kinenbi「記念日値札」。クリスマス、新春、ハロウィーン、決算などの記念日系のもの。こちらも一見黄色値札だが、裏を返すと白い。
記念日値札にも複数種類あって、黄色値札の場合もある!

 
 
3.例外商品(展示品や型遅れの旧製品など)
 

3-tenji
「展示処分」。展示していたサンプル商品。通常の店頭価格よりも2割程度安い。メーカー生産完了した旧製品なので、新品は基本的に残っていない。
この値札の商品は基本的には大幅値引きは難しい。

 
 
3-kyuseihin
「最後の一品、奉仕品」こちらも、メーカーでモデルチェンジした旧製品。展示品との違いは、型落ちだが新品という点。
時々、びっくりするほどお買い得価格になっている場合もあり、社員本人が買っていくこともある。要チェック!
 
 

4-5pa-off
忘れちゃいけない値引きポップ。EDIONカードで5%オフ。
ショッピングモールなどに入っている場合は、ショッピングモールのクレジットカードでもOKな場合もある。
これで5%オフしてもらう場合は、必ず値切り交渉をした後で提示すること。じゃないと、5%オフ分を計算された上での値引き交渉になってしまう。
限界まで値引きをしてもらってから、そこから更に値引きを引き出す切り札だ。

 
 
 
 
———–
関連記事
社員が教えるエディオン徹底値引き方法。EDIONで底値で買う方法。