「投稿」タグアーカイブ

sango のビジュアルエディターのバグ修正(スマホでTinyMCEの文字修飾が変) WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

サンゴのテーマのビジュアルエディターで、スマホの「スタイル」のバグを修正する

WordPressのテーマ、SANGOのビジュアルエディター(スマホ版)の「スタイル」で文字修飾が使えないバグを修正する。

PCでやると、入れ子構造になって、色々な文字修飾が選べて便利。

スマホでやると、入れ子構造が表示できず、全く使えない。

 

諸悪の根源、問題の箇所

サンゴのビジュアルエディター文字修飾は、

themes/sango-theme/library/functions/style-shortcode.php の中の

add_filter('widget_text', 'do_shortcode' );
function sng_editor_setting($init) {
 //ビジュアルエディターの選択肢からh1見出しを削除(h1は記事本文では使用しない)
 $init['block_formats'] = 'Paragraph=p;Heading 2=h2;Heading 3=h3;Heading 4=h4;Heading 5=h5;Preformatted=pre';
 $style_formats = array(
 array(
 'title' => '画像のスタイル',
 'items' => array(
  array(
  'title' => '画像を小さく',
  'selector' => 'img',
  'classes' => 'img_so_small'
  ),...以下略

という記述のファンクションで規定されている。

これを自分の子テーマの functions.php で上書きする。
 

functions.php へ記述

サンゴのバグだと書いたが、実は問題は入れ子構造にある。

スマホでは、TinyMCEの入れ子構造の選択ができない。

スマホの時は、これを上書きして入れ子構造をなくす以外に方法はない。

if ( wp_is_mobile() ) { // スマホ(タッチパネルデバイスのタブレット含む)の時だけ
function yuya_style_init( $init ) {
	$style_formats_headlines = array(
      array(
        'title' => 'Q&Aの「Q」',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hhq',
      ),
      array(
        'title' => 'Q&Aの「A」',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hha',
      ),
      array(
        'title' => '見出し1:下線',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh1',
      ),
      array(
        'title' => '見出し32:フラット塗りつぶし',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh32',
      ),
      array(
        'title' => '見出し33:角丸ぬりつぶし',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh33',
      ),
      array(
        'title' => '見出し34:肉球',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh34',
      ),
      array(
        'title' => '見出し35:リボン(1行のみ)',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh35',
      ),
      array(
        'title' => '見出し36:片側リボン(1行のみ)',
        'block' => 'p',
        'classes' => 'hh hh36',
      ),array(
        'title' => '1.黒の囲み線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box1',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '2.グレイの囲み線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box2',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '3.薄い水色の背景',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box3',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '4.薄い水色+上下線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box4',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '5.二重線囲み',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box5',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '6.青の点線囲み',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box6',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '7.背景グレイ+両端二重線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box7',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '8.橙色の背景+左線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box8',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '9.赤の背景+上線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box9',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '10.ミントカラー+上線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box10',
        'wrapper' => true,
      ),array(
        'title' => '11.影+ネイビー上線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box11',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '12.水色立体',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box12',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '13.青の立体',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box13',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '14.水色ステッチ',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box14',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '15.ピンクステッチ',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box15',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '16.水色ストライプ',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box16',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '17.シャープ型',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box17',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '18.左上と右下くるん',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box18',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '19.カギカッコ',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box19',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '20.両端ドット点線囲み',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box20',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '21.グラデーション',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box21',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '22.影付き+左に青線',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box22',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '23.丸い吹き出し',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box23',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '24.吹き出し水色',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box24',
        'wrapper' => true,
      ),
      array(
        'title' => '25.右上に折り目',
        'block' => 'div',
        'classes' => 'sng-box box25',
        'wrapper' => true,
      )
    );
 $init['style_formats'] = json_encode($style_formats_headlines);
 return $init;
}
add_filter( 'tiny_mce_before_init', 'yuya_style_init', 30 );

上記は一例で、極端な話、入れ子構造をなくして、全ての文字修飾を表示することもできる。

しかしそうすると、あまりにも長くなるので、よく使う20個ぐらいを選んで並べておいて、他はスマホでは非表示にする方が使いやすいかもしれない。

何を残すかは、

themes/sango-theme/library/functions/style-shortcode.php の中の

function sng_editor_setting($init) {
...以下略

の中から選んで、順にコピペしていけばいい。

この記事も読まれています

「コメント」に、「あなたの記事に他ユーザーが書いたコメント」のみを表示させる WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

「コメント一覧」に「あなたの記事に他ユーザーが書いたコメント」のみを表示する方法

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

そのままの状態では、投稿者でも、全員のコメントが見えるし、編集、削除もできてしまう。

管理画面のコメントには、自分の投稿記事に対してつけられたコメントのみを表示する。

コメントの編集権に関しては、人が書いたコメントは編集できないようにしておく。
 

functions.php へ記述

//投稿者のみ、「自分の投稿」へのコメントのみ表示

if (!current_user_can('administrator')) {
function myblogs_user_comments_only($query){
 global $pagenow;
 if('edit-comments.php' != $pagenow || $query->is_admin) { //コメントページで
  return $query;
 } else {
  global $user_ID;
  $query->query_vars['post_author'] = $user_ID; //記事投稿者とログインユーザーIDが一致のものだけ
 }
 return $query;
}
add_filter('pre_get_comments','myblogs_user_comments_only');
}

“管理者”でも非表示にしたい場合は、一番上と一番下の

if (!current_user_can('administrator')) {

}

を削除すればいい。

なお、
投稿者が人のコメントを編集、削除できないようにする方法はこちらを参照。

WordPressのオリジナルメニュー「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパムチェック、一括操作も)削除 BuddyPressカスタマイズメモ

オリジナルメニュー「あなたのコメント」の上のコメントメニュー(スパムチェック、一括操作も)削除

 
WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

・「あなたのコメント」を管理画面のメニューに追加

・「あなたのコメント」に投稿者自身が、人の記事に書いたコメントを表示


 

functions.php へ記述

後々、人が書いたコメントを編集したり削除したりできなくするので、スパムチェック、一括操作等も削除しておく。

//投稿一覧画面とコメント画面のバルクメニューを非表示

if (!current_user_can('administrator')) {
add_filter( 'bulk_actions-edit-post', '__return_empty_array', 100 ); //投稿のバルクメニュー
add_filter( 'bulk_actions-edit-comments', '__return_empty_array', 100 ); //コメントのバルクメニュー
add_filter( 'filter_by_comment-type-edit-comments', '__return_empty_array', 100 ); //コメントの編集用フィルター
add_filter( 'bulk_actions-edit-comments-mine', '__return_empty_array', 100 ); //あなたのコメントでのバルクメニュー
}

“管理者”でもメニューを削除したい場合は、一番上と一番下の

if (!current_user_can('administrator')) {

}

を削除すればいい。

投稿者の「投稿画面」では、自分の投稿のみ表示させる方法 WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

投稿者の「投稿」では、自分の投稿のみ表示させる(他ユーザーの投稿は管理画面の投稿一覧では見えない)

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになる。

管理者ではなく、参加するメンバーが記事を投稿した場合、誰でも全員の投稿を見れるようになっているし、誰でも編集ができる。


 ↓↓↓

 

functions.php へ記述

pre_get_postで、投稿一覧を取得する時に、今ログインしている、ユーザーの投稿だけを格納するように変更する。

//投稿一覧に自分の投稿のみ表示させる

function pre_get_author_posts( $query ) {
 if ( is_admin() && !current_user_can('administrator') && $query->is_main_query() //管理画面で、管理者ではない場合
  && ( !isset($_GET['author']) || $_GET['author'] == get_current_user_id() ) ) {
  $query->set( 'author', get_current_user_id() ); //今の著者のものだけを格納する
  unset($_GET['author']);
 }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'pre_get_author_posts' );

上記の例だと、administrator は除外していて、全員の投稿を見ることができる。

編集者の場合だと、 editor など、適宜変更可能。
 

合わせて変更が必要なカスタマイズ案

自分のもののみの投稿数を取得して、記事数に代入

・upした画像は投稿者本人しか見えないようにする

こちらも参照。