「画像」タグアーカイブ

WordPressの最も簡単なバックアップ方法。データベースと画像のバックアップ。サーバークラッシュに備えよう

WordPressのバックアップは大丈夫?データベース(記事内容)、画像、とテンプレートのバックアップ方法

 
ブログを一生懸命書いても、ミスでテンプレート上書き(アップデートも含む)してしまったり、サーバーに不具合があったり、プラグインの相性が悪くデータベースが壊れてしてしまったりする。
 
大切なブログのデータをバックアップして守ろう。
 
 

WordPressの全データをバックアップしよう

 
 
大きく分けて、バックアップには3つの手順が必要。
 
1. データベース(書いた記事の文章)のバックアップ
2. 画像・写真のバックアップ
3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ
 
 

1. データベース(文章)のバックアップ方法

 
絶対に必要なものがこれ。データベースのバックアップだ。これは書いた文章そのもの。最も大切なものだ。

これにはphpMyAdminを使ってデータベースをダンプ(つまりエクスポート)する方法と、プラグインを使う方法がある。

phpMyAdminはややハードルが高い人もいるかと思うので、ここではプラグイン「WP-DBManager」を使う方法を紹介する。

まず、プラグインのWP-DBManagerを入れる。プラグインの新規追加で「WP-DBManager」と検索すればすぐ出てくる。

プラグインを有効化してから→「DB Options」をクリック。
db-backup

MySQLダンプのパスとMySQLのパスは自動で入力されているはずだが、サーバー環境によっては自動で入力されない場合もある。
“no mysqldump in /usr/local/bin /usr/bin /bin”となっていると、自動で入力されていないので自分で入力しなきゃいけない。

自動で入力されている場合は触らなくてOk。

自動で入力されないサーバーの代表格がお名前.com共有サーバーSD

この場合手動で下記入力
Path To mysqldump:
/usr/local/mysql/bin/mysqldump

Path To mysql:
/usr/local/mysql/bin/mysql

db-backup-bk1

バックアップフォルダへのパスは自動で入力されるはず。こんな感じで。
Path To Backup:
/export/sd203/www/jp/r/e/gmoserver/9/2/xxxxxxxx/xxxxxxx.com/blog/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/backup-db

db-backup-bk2

ちなみに確認方法は、
FTPで、Path To Backupのパスを見る。バックアップフォルダが自動で出来ている場合は、その中の、「1450050232_-_DB名.sql」というのがDBバックアップ。自動でバックアップフォルダが出来ていない場合(サーバーの仕様による)手動でbackup-dbと言う名前のフォルダを作るなどの作業が必要な場合もある。

心配ならDBバックアップはローカルに移しておくといい。

これで文章データは週1回自動でバックアップされていく。「DB Options」の画面でバックアップ頻度とかは変えられる。

テーマとか、テンプレートのカスタマイズのバックアップ、画像のバックアップをする場合は、wp-contentのフォルダをローカルに移しておけ。

 
 

2. 画像・写真のバックアップ方法

 
画像のバックアップもしておこう。文章データ(データベース)と画像データがあれば、仮にサーバーがクラッシュした場合であっても、記事の復元は可能なので安心だ。
 
wp-content/uploads の中にアップロードした画像や写真が保存されている。不安ならこれをFTPソフトなどで、ローカルに移動させておくといい。

2015/12
2016/01
2016/02

などと、年月毎にフォルダに格納されている。
images-backup

これで月が替わるごとにバックアップすれば完璧だ。

 
 

3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ方法

 
更に、テンプレートをカスタマイズしている場合は、テンプレート(ブログの外観)もしておこう。これは再びテンプレートphpフィアルを編集しない限りは最初の1回だけのバックアップで大丈夫だ。
 
wp-content/themes の中身をFTPソフトでローカルに移しておこう。

ちなみに、テンプレートは全くカスタマイズしていない場合、基本的にはバックアップは不要。

この記事も読まれています

WordPressのPhotonが酷すぎる件。画像が表示されなくなる問題

WordPressで画像が表示(ロード)されなくなった

 
全ての写真ではなく一部が表示されなくなった場合、Jetpackのプラグインの「Photon」が原因かもしれない。
 
↓こちらはPhoton無し。↓
 
gazounarabeta
 
 
 
↓こちらPhotonを有効化した場合。↓
 
photon-kuso
 

原因と解決策はあるのか

表示されていない画像を検証してみると、ファイルサイズが大きい画像が表示されなくなっていることが分かった。

基本的にWordpressでは、画像は小さくサムネイル化されるので、普段はあまり問題にならないが、画像素材などを並べている場合は、どうしても高画質のファイルをアップする必用があるので、この場合、Photonは使えない。

なお、解決策はない。

高画質ファイルを表示する時にこそ高速化したいのに、なんとも使えない奴だ!

この記事も読まれています

WordPressにブログを移転したら、画像の縦横比がおかしくなった時の対処法

なぜみんなWordpressを持つのか、その意味は?

blog
最近では、ブログを書いてお小遣いを稼ごう的なことも簡単にできるようになってきたので、Wordpressで自分のブログを持とうという人も多いだろう。

「別にアメブロでも、Seesaaブログでも、ライブドアブログでも何でもええやんけ」

って思う人もいるかもしれないが、同じブログを書いて人に見てもらうなら、広告収入も、ブログ運営会社じゃなくて自分の懐に入る方がいいに決まってる。
money
だからこそ、みんながスマホでネットを見る今だからこそWordpressなのだ。

 

アメブロ辞める人へ

アメブロはクソなので記事のエクスポートができない。なのでFC2のブログ移転サービスを経由して、記事をエクスポート、その後Wordpressへ移転するという手順をとることになる。

FC2のブログ移転サービスは優秀なのだが、画像の幅や高さが全て指定されてしまう。

結果として
1

こんな感じになってしまう。

 

縦横比が崩れちゃったあなたへ

そもそもの原因は、Wordpressのテンプレートに、画像を幅100%にするスタイルシートの記述がある事に由来する。

例えば、有名テンプレートのStinger3も

.kizi img, .kizi wp-caption {
margin-bottom: 20px;
height: auto;
max-width: 100% !important;
}

スタイルシートにこんな感じの記述がある。

簡単に言うと

幅を100%にします。

という事だ。
これでFC2ブログからインポートした時に

<img src=”xxx.jpg” width=”xxxpx” height=”xxxpx”>

とソースを書きかえられちゃうので、縦横の比がおかしくなる。

ということで、解決策は、ソースの縦、横のサイズを無視して、自動で調節してやればいいだけなので、

.kizi img, .kizi wp-caption {
margin-bottom: 20px;
height: auto !important;
max-width: 100% !important;
}

height: auto; に !important; をつけるだけでOK。

よく分からない場合は、Stinger3のCSSの一番下にそのままコピペするだけでもOK。

分かりにくかったらコメントプリーズ!

この記事も読まれています

【死ぬかと思った瞬間】俺の隣を象の群れが走っていった

スリランカ中部の小さな町、ピンナワラの街中をブラブラしていると、後ろから地鳴りが聞こえてきた。
振り返ると、こちらへ向かって象の一段が走ってくる。とっさに脇の店の軒先に飛び込んだので助かった。
毎日昼頃に象の群れが川に向かうという日課らしい。先に言えよ…

この記事も読まれています