「高速」タグアーカイブ

WordPress をAMP化した時に アドセンスのエラーで表示されないのを修正する手順

WordPress を公式プラグインでAMP対応にしてみた

公式プラグイン名はその名も AMP

公式プラグインだけあって、AMP化は概ね問題ないはず。

AMP化後24時間以内に、Googleから New AMP issues detected for site https://xxxx.net/ のようなタイトルで、AMPページの問題点が送られてくることがある。

まず広告を掲載する前に、このエラーを解決していく必要がある。

AMPページの問題を一つずつ解決していく

問題があると言われたページを下記のURLで張り付けてテストをすると。

https://search.google.com/test/amp

色々なエラーを教えてくれる。

WordPressで代表的なエラー(簡単に直せるもの)を2個程紹介。

Error in required structured data element
これは、ファビコンが無い場合に出るエラー。

エラー詳細を確認すると、logo 部分に、A value for the logo field is required と言われている。

管理画面→外観→カスタマイズ→サイト基本情報→サイトアイコンに適当な正方形の画像をアップロードすることで解決できる。

Image size smaller than recommended size
これは、AMPページ内に使っている画像ファイルの大きさ(容量ではなくサイズ)が小さい時にでるエラー。

該当ページの小さい画像を大きいものに差し替える必要がある。

Google的推奨サイズは横幅1200px以上でなかなかのハードルの高さ。

なお、画像の両サイドに白い部分を塗り足す等の対応でもOKだとGoogle公式ページで紹介されている。
 

AMP用 Googleアドセンスの追加

まずAMP用のGoogle Adsenseには大きく2種類ある。

自動広告と、従来のテキスト広告だ。

自動広告は、コードを、WordpressのAMP用テンプレートのヘッダーとフッターに記述しておくと、自動的に文中に広告を入れていってくれる。

自動広告貼り付け手順は Google Adsense の広告コード取得の画面で丁寧に説明してくれているので割愛。

WordPressのfunctions.phpを編集して、テンプレートのヘッダーとフッターにコードを入力させるのを忘れずに。
 

テキスト広告は、従来のアドセンスと同じように、自分で1つずつ、表示する場所にコードを貼り付けていく。

AMPのテンプレートファイルを編集する必要があるので、AMPテンプレートを子テーマ化しておかなければならない。

子テーマフォルダ(wp-content/themes/…)の中に amp フォルダを作ってその中に amp 用テンプレートを入れる。

記事部分に広告を挿入するなら
(wp-content/themes/子テーマフォルダ名/amp/single.php) のような形にする。

single.php の広告を表示したい場所に、Googleアドセンスで取得した、広告コードをコピペして完成。
 

広告を貼り付けたらまたエラーが来た場合

広告を入れてから表示されるまでに30分ぐらいと言われるが、実際には数時間必要な場合もある。

広告を入れた後にエラーが出る場合は、いつまでたっても表示されない(24時間以内にGoogleからAMPの問題点のメールが来る)。

The tag ‘amp-ad extension .js script’ is missing or incorrect, but required by ‘amp-ad’. This will soon be an error.
amp-ad 拡張タグのJSスクリプトが存在しないか正しくありませんが、amp-ad には必要です。これはまもなくエラーになるでしょう。

というエラーが出た場合。

これは広告タグを貼り付けているのに、必要なjsファイルをヘッダーに追加できていない場合に表示される。

この場合は、前述のfunctions.phpを編集するのと同じ要領で、

<script async custom-element="amp-ad" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-ad-0.1.js"></script>

このコードをAMPテンプレートのヘッダーに挿入することで修正可能。

この記事も読まれています

姫路にノイシュバンシュタイン城が。山陽自動車道から右手に見える謎の城の正体

姫路の山の上に巨大な洋風のお城

 
高速の山陽自動車道を西に向かって走っていると、加古川市 → 姫路市 → 白鳥PA → たつの市あたりで右手に大きな洋風のお城「姫路のノイシュバンシュタイン城」が見えてくる。
 
この正体はいったい?
 

ネットで検索してみる

 
「姫路 城」で検索するも、あまりに有名な「姫路城」以外何も情報が出てこない。
「姫路 ノイシュバンシュタイン城」と検索しても、「姫路城とノイシュバンシュタイン城が姉妹都市の提携をした」関連のニュースしか出てこない。
 
色々検索ワードを変えて調べても、姫路が世界に誇る世界遺産 姫路城/白鷺城(しらさぎじょう)に阻まれ、何も分からなかった。
 

兵庫県出身者に質問。その正体が明らかに

兵庫県出身者に聞いてみると、答えはすぐに見つかった。
 
その名も「太陽公園」。
 
城の名前は「白鳥城(はくちょうじょう)」と言うらしい。
 

 
太陽公園公式ホームページ
https://www.taiyo-park.com/

 
ホームページを見ても、イマイチこの施設が何なのかが分からない。
 

こんな仏像もある。摩崖仏(まがいぶつ)。
その他にも、万里の長城、兵馬俑、メキシコのククルカン神殿などなど…
 

太陽公園の正体

 
テーマパーク?いや、採算が取れないだろう…
 
宗教施設?
鶏足寺(けいそくじ)という寺が敷地内にある。
名誉のために言っておくが、多分カルトまがいの新興宗教の類という訳ではないと思う
普通のお寺のようだ。
 
そもそも太陽公園に新興宗教独特の造られた聖地感はあまりない
というか、聖地と呼べるクオリティではない(そこがこの施設の面白さなのだが)。

というわけで、どっぷり宗教施設というわけでもないらしい…
 
兵庫県出身者曰く、「あそこは狂気の塊のような場所」だと言う。
確かに常軌を逸した場所ではある。
 
鶏足寺には立派な記念碑がたくさんあり「門口堅蔵」という太陽公園を作った人の名前が出てくる。
 
記念碑の送り主は、市長、知事、県議会議員、法務大臣、厚生労働大臣などなど…
 
テーマは「福祉xテーマパーク」
テーマは偉大だが、しかし、これは常人の成し得る事ではない。
 
門口堅蔵は、「社会福祉法人 愛光社会福祉事業協会」の前理事だ(門口堅蔵さんは2015年に他界)。
お金はあったのかもしれない。
 
夢を追いかけた金持ちの道楽説が有力?
謎は深まるばかり。でも怪しい施設じゃないっぽいので、興味本位で行ってみては?
正気の沙汰とは思えない異質な体験ができる。