タグ別アーカイブ: プログラミング

A8FLY申し込み型CGIタグを埋め込む方法、プログラミング例-広告主

A8netで広告主になるにはプログラミングが必要!

A8Fly申し込み型CGIタグをアフィリエイトから到着したお客が申し込みを行う自社サイトのランディングページにタグを埋め込む必要がある。

しかもそのタグは自分で申込み番号が自動で挿入されるようにプログラミングをする必要がある。

しかもA8のサポートの質がかなり低くて不親切で、それなりに難易度が高いのでプログラミングの一例を紹介。
 
 

申し込むと、A8の運営のファンコミュニケーションズ(F@N)からメールが届く

届くメールはかなり不親切で意味不明だが、内容はこんな感じ。

A8.netのF@Nコミュニケーションズ○○です。
ご多忙のところ、プログラム準備のご対応を頂き、ありがとうございます。

下記に設置頂くタグ及びテスト手順を記載させて頂きましたので、こちらに従ってタグ設置及びテストを実施頂ければと思います。

◆設置頂くタグ
<img src="https://px.a8.net/cgi-bin/a8fly/sales?pid=s00000016717001&so=申込番号&si=2000.1.2000.a8" width="1" height="1">

◆テスト手順
(1)PC経由にてタグを設置した申込フォームから貴社にてテスト申込をおこなって下さい。
(2)完了ページ上で、・右クリック→「ソースの表示」を選択し、ファイルに任意の名前をつけて保存して下さい。
(3)当社、スタートアップ担当(xxxxxxx@fancs.com)まで、(2)で保存したソースのファイルをお送り下さい。
(4)当社にて内容を確認後、問題なければ再度当社側でテスト申込をおこなわせて頂きます。テスト申込は、最低3回おこないますので、テスト規定がある場合は、事前にご連絡下さい。

以上、ご多忙の事と存じますが、ご対応の程何卒よろしくお願い致します。

 
 

A8.netからのメールは意味不明だが、要約するとこういうこと。

rikaifunou-mail

<img src="https://px.a8.net/cgi-bin/a8fly/sales?pid=s0000001xxxxxxx&so=申込番号&si=2000.1.2000.a8" width="1" height="1">

この申込番号に自動的に、重複しない番号なり記号なりを割り振るプログラミングを自分で組んでね。ということだ。

自動的にと言われてもなかなか難しい。

方法としては自社で「申込番号」のようなものを発行しているならそれを、申し込み完了画面に自動で挿入するようにする。

問題は「申込番号」がない場合だ。

 
 

perl(cgi)によるA8FLY用プログラミング例

order-number

ソース:
my $A8FlyTag = "";
my $date1 = sprintf(“%04d/%02d/%02d(%s)%02d:%02d:%02d”, $year+1900,$mon+1,$mday,$week[$wday],$hour,$min,$sec);
my $ProgID = "s0000001xxxxxxx";
my $LeadNo = "$email";
$LeadNo =~ s/\@/-/g;
$LeadNo =~ s/\./-/g;
$LeadNo = substr($LeadNo, 0, 50);
$A8FlyTag = "<img src=\"https://px.a8.net/cgi-bin/a8fly/sales?pid=$ProgID&so=$date1-$LeadNo&si=2000.1.2000.a8\" width=\"1\" height=\"1\">\n";
print $A8FlyTag;

 

解説

my $A8FlyTag = "";
変数 $A8FlyTag を作って、中身を空っぽにする。

my $date1 = sprintf(“%04d/%02d/%02d(%s)%02d:%02d:%02d”, $year+1900,$mon+1,$mday,$week[$wday],$hour,$min,$sec);
変数 $date1 に日付を代入。これで全く同じemailアドレスからの申込を区別する(夫婦で同じメールアドレスを使っていて2回申し込みする場合などを想定)。

my $ProgID = "s0000001xxxxxxx";
変数 $ProgID にF@N発行の、自分のプログラムIDを入力。

my $LeadNo = "$email";
変数 $LeadNo に、変数 $email からメールアドレスを取得して代入。なお、emailを保持している変数が違う変数の場合は、適宜変更を。

$LeadNo =~ s/\@/-/g;
メールアドレスの中から、A8の申込番号として使用できない、 @ を – に変換する。

$LeadNo =~ s/\./-/g;
同じく、メールアドレスの中から、A8の申込番号として使用できない、 . を – に変換する。

$LeadNo = substr($LeadNo, 0, 50);
A8netの申込番号は50文字までなので51文字以上は切り捨てる。

$A8FlyTag = "<img src=\"https://px.a8.net/cgi-bin/a8fly/sales?pid=$ProgID&so=$date1-$LeadNo&si=2000.1.2000.a8\" width=\"1\" height=\"1\">\n";
$A8FlyTag にA8から指示されたソースを代入。
青字の部分で日付とメールアドレスを続けて代入。これが重複しない「申込番号」となる。

print $A8FlyTag;
変数 $A8FlyTag の中に格納されたソースを出力する。

以上のソースを、Kent-webのFormMailなどのフリーのCGIメールフォームや申し込みフォームの「送信完了」画面などに埋め込めばOK。

 
分からない場合はコメントにて連絡くれたら対応します。

こんな記事も読まれています