「js」タグアーカイブ

【解決済み】既定のアプリを変更しても、変わってくれないバグの対処法 Windows10

設定やコントロールパネルから既定のアプリを変更できない問題

Windowsで「既定のアプリ」を変更しても変わらない問題が多数報告されている。
以下の条件に当てはまれば、下記の解決法を試してみるとよい。

 

条件と症状

・ファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」から変更しても無理
・歯車マークの「設定」から「アプリ」→「既定のアプリ」→「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」から変更しても無理
・再起動しても無理
・コントロールパネルからいっても無理(結局「設定」から進むのと同じ)。


↑この辺の設定ではいくらやっても既定のアプリが変更できない

 

原因

2018年10月からに配布されたWindows updateのKB4462919が悪さをしている。

ちなみに、KB4462919には既定のアプリの問題だけでなく、PCの環境によっては起動不可になるという、恐ろしいバグを含んでいる。

 

対処法

・ウィンドウズアップデートのKB4462919をアンインストールする。

左下のWindowsのマーク→歯車マークの「設定」→「更新とセキュリティ」

「更新の履歴を表示する」

「更新プログラムをアンインストールする」

KB4462919をアンインストール

アンインストールが終わると再起動されるので、その後普通に「既定のアプリ」を変更してみよう。

 

更新プログラムが自動で再インストールされないようにする

Windows 10 に一時的に再インストールするのを止める必要がある。

Windows8 までは設定画面から更新プログラムを選んでスキップすることができたが、Windows 10では不可。

そこで、マイクロソフト公式の更新停止ツールを使う。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3073930/
このページの中ほどの
新しいドライバーの修正プログラムがリリースされるまで、一時的にドライバーが再インストールされないようにするには、Windows 10 用の Windows 更新プログラムとドライバーの非表示と表示を切り替えるユーザー インターフェイスを提供するトラブルシューティング ツールを利用できます。

次のトラブルシューティング ツールは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

[ダウンロード] アイコン 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージ」

と書いている場所から、wushowhide.diagcab というトラブルシューティングツールをダウンロードして、更新プログラムを停止させておこう。

この記事も読まれています

画面をスクロールしていくと、画像がフワッと動きながら出てくるエフェクト

画面スクロールに合わせて画像がフワッと動きながら出てくるエフェクト

 

スクロールで画像がフワッと動きながら出てくるエフェクトのデモページ
はこちら。

CSSとjQueryだけで簡単に実現できる。

 
 

用意するもの

moveinimg.js
moveinimg.css

CSS、JSファイル、画像などのセットをまとめてダウンロードするのはこちら。

moveinimg.zip

moveinimg.js の中身

$(function(){
$(‘.moveinimg’).css(“opacity”,”.1″);
$(window).scroll(function (){
$(‘.moveinimg’).each(function(){
var imgPos = $(this).offset().top;
var scroll = $(window).scrollTop();
var windowHeight = $(window).height();
if (scroll > imgPos – windowHeight + 200){
$(this).animate({
“margin”: “0px”,
“opacity”: “1”
}, 1000);
}
});
});
});

 
適当な解説:
.moveinimg のclassがついている時にまず画像を半透明にセットする。

(“opacity”,”.1″); の数字を変更することで透過度を変更できる。

if (scroll > imgPos – windowHeight + 200){ これで、画像まで200pxのところまでスクロールすると実行。

$(this).animate({
“margin”: “0px”,
“opacity”: “1”
}, 1000);
で、marginを0pxに、更に透過度を透過なしに、1秒で変更

 
 

moveinimg.css の中身の必要な部分だけ

.movein {
position: relative;
min-height: 210px;
display: block;
}
.moveinimg {
margin-left: -100px;
}

絶対に必要なのが 親要素の .movein にposition:relative;
.moveinimgの初期位置をずらしておく。→ のちのちjQueryで margin:0;に移動させる。

 
 

HTMLの<head>と</head>の間で読み込む

<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”css/moveinimg.css” /><!– moveinimg –>
<script type=”text/javascript” src=”https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js”></script><!– moveinimg –>
<script type=”text/javascript” src=”js/moveinimg.js”></script><!– moveinimg –>

先ほどの、moveinimg.cssmoveinimg.jsjqueryを読み込む。

順番に注意。
 
 

フワッと表示させるHTMLのメニューの部分

<div class=”movein”>
<p class=”moveinimg”><img src=”img/image1.jpg” alt=”image1″ /></p>

画像は準備すること。

div class=”movein” の画像が最初は、半透明で、margin -100px セットされているが、スクロールするとふわっと表示される。

 
 

CSS、JSファイル、画像などのセットをまとめてダウンロードするのはこちら。

moveinimg.zip

 
スクロールしたら途中フワッと浮き出るメニューのデモページ
はこちら。

この記事も読まれています

スクロールしたら途中から出てきて、スクロール戻すと消えるメニューを作る方法

画面をスクロールしたらふわっと出てくるメニューを作る

 

スクロールしたら途中フワッと浮き出るメニューのデモページ
はこちら。

メニューと書いたが、メニューだけでなく、単純に画像を浮かび上がらせたりページの下までスクロールした時に「ページトップへ戻る」のリンクを出したりもできる。

 
 

用意するもの

sudden.js
sudden.css

sudden.js の中身

$(function() {
var navBox = $(“#menu”);
navBox.hide();
var TargetPos = 100;
$(window).scroll( function() {
var ScrollPos = $(window).scrollTop();
if( ScrollPos > TargetPos ) {
navBox.fadeIn();
}
else {
navBox.fadeOut();
}
});
});

 

sudden.css の中身

#menu {
z-index: 1000000;
width: 100%;
position: fixed;
display: none; /*最初は非表示に設定*/
top: 20px;
right: 0;
filter:alpha(opacity=60);
-moz-opacity: 0.6;
opacity: 0.6;
}

絶対に必要なのが display:none; これで非表示にしておく必要がある。

それ以外は、場所や透過度、重なり順の設定などなので変更可。

 
 

HTMLの<head>と</head>の間で読み込む

<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”css/sudden.css” /><!– menu途中で出てくる –>
<script type=”text/javascript” src=”https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/2.1.3/jquery.min.js”></script><!– menu途中で出てくる –>
<script type=”text/javascript” src=”js/sudden.js”></script><!– menu途中で出てくる –>

先ほどの、sudden.csssudden.jsjqueryを読み込む。

順番に注意。
 
 

フワッと表示させるHTMLのメニューの部分

<div id=”menu”>
<p><img src=”img/menu.png” /></p>
<!– メニューの中身ここの<div>と</div>の間に書く –>
</div>

画像は準備すること。

div=”menu” の間の部分が全て最初見えず、スクロールでふわっと表示される。
<p><img src=”img/menu.png” /></p>
<!– メニューの中身ここの<div>と</div>の間に書く –>

この部分は任意の内容に変更可能。

 
 

CSS、JSファイル、画像などのセットをまとめてダウンロードするのはこちら。

sudden.zip

 
スクロールしたら途中フワッと浮き出るメニューのデモページ
はこちら。

この記事も読まれています

メニュー画像オンマウスで、2段目が横並びになるメニューの作り方

CSS1個とjsファイル2個で作る簡単2段メニュー

 

2段メニューデモページ

 

色々な応用ができるが、今回は、1段目のメニューは画像、1段目にオンマウスで2段目がニョロリと表れて、文字でリンクが入れれるような形。

 
 

必要なもの

まとめてダウンロードしよう → accordionmenu.zip からダウンロード。

中身:

accordion.css ← 背景色や1段目のメニューの横幅を変える時に編集する
accordion.js
jquery.min.js
・index.html ← 必要ソースは後述
・メニュー画像数個

 

上記個別ファイルは、ファイル名を変えて .txt にしているので、こちらから右クリックでダウンロード保存した場合などは、ファイル名や拡張子を .js.css なども含めて上記の状態に戻すこと。

 
 

HTMLソースコード

 
まずは <head> ….. </head> の間で CSS と js ファイルを読み込む。

<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”css/accordion.css” /><!– accordionmenu –>
<script type=”text/javascript” src=”js/jquery.min.js” ></script><!– accordionmenu –>
<script type=”text/javascript” src=”js/accordion.js”></script><!– accordionmenu –>

 
 

メニューを作りたい場所で、HTMLソースを書く。
2段メニューの文字やリンク先はここに記述。

メニュー画像の横幅や背景色を変えたい時は、 accordion.css を編集。

<div id=”gnav”>
<ul>
<li><a href=”index.html” class=”n01″><span>ホーム</span></a>
<div class=”gnavList”>
<ul>
<li><a href=”リンク先1.html”>2段メニュー1</a></li>
<li><a href=”リンク先2.html”>2段メニュー2</a></li>
</ul>
</div><!– gnavList –>
</li><!– ホーム –>
~~~~~~
以下同じ形でメニューが続いて
~~~~~~
</ul>
</div><!– gnav end –>

 
 

accordion.js、jquery.min.js、accordion.cssの3つと、メニュー画像、HTMLをサーバーにアップロード

FTPソフトを使って、ホームページ上にアップロードする。

 index.html
 jsフォルダ
  accordion.js
  jquery.min.js
 cssフォルダ
  accordion.css
 imgフォルダ
  メニュー画像など

パーミッションなどは関係ないので、644などでOK。

 

2段メニューデモページ

 

この記事も読まれています