タグ別アーカイブ: table

tableのthやtdをソースを変えずにCSSだけで縦並びにする方法 – レスポンシブデザイン編 –

HTMLのソースを全く変えずにtableの配置を縦並びにする方法

結論から言おう。実現可能だ。

一般にこの方法を実現したいならdivを使ってやる方がいいと言われている。その通りで、最初から作るならdivでやるべきだ。

でも、フォームのソースが元々あって、そこをどうしても変更できない場合や、CSSだけで対応する必要がある場合もあるだろう。
なので、今回はCSSだけで実現する方法を紹介。

miniiman

手軽なやつだと、position absoluteを使う方法と、 display blockを使う方法がある。

 

CSSに1つ記述を追加するだけ

 

table, tbody, tr, th, td {
display: block;
}

これだけ。
ちなみに、tfootやtheadを使っている場合は、それも含めてdisplay block してやるといい。

IE6,7,8まで含めて対応したい場合はtableのブロック要素化が効かないかもしれない。
そんな時には、
IE6,7,8,9だけCSSで違う記述を反映させる方法

この辺を参考に。

 

レスポンシブ(スマホ用とPC用で自動的に変える方法)で実装する

テーブルを縦並びにするだけなら先ほどの display blockだけで大丈夫だが、PCでは普通のテーブル、スマホでは縦並びにしたい場合の対応も考えよう。

table-normal

まず、レスポンシブデザインを考えるに辺り、メディアアンカーを覚えなければならない。

・PCで適用されるCSS

@media screen and (min-width:601px) { /*601px以上*/

この間にPC用のCSSを書く。

}

・スマホで適用されるCSS

@media screen and (max-width:600px) { /*600px以下*/

この間にスマホ用のCSSを書く。

}

という感じ。

「スマホ用」「PC用」と言っているが、本来の意味は、

「画面サイズが600以下の時はこのCSSだよ」
「画面サイズが601以上の時はこのCSSだよ」

という事だ。
数字は自分で勝手に変えてもいい。タブレットも分けたい場合などには、3つにしたりすることもできる。

@media screen and (min-width: 500px) and (max-width: 800px) {

画面サイズが500~800の間適用されるCSS。タブレット用とか?

}

でも、昨今のスマホの画面サイズからいくと、600pxで分けるのがおすすめ。

今回のスマホ時にだけテーブルを縦に並べたいなら、

@media screen and (max-width:600px) { /*600px以下(スマホ用)*/
table, tbody, tr, th, td {
display: block;
max-width: 98%; /*スマホ画面ほぼ一杯に広がる感じ*/
}
}

としてやれば、

table-sp

こうなる。PC版はそのまま。

ちなみに、 max-width:98%; とかは自由に変えてくれ。

overflow:hidden; なんかも使えるかもしれない。

メディアアンカーの外にテーブルの幅を指定している場合は、上記スマホ用CSSを追加しても効かない場合がある。その場合は

@media screen and (min-width:601px) { /*601px以上(PC用)*/
table {
width: 680px; /*PC版の横幅*/
}

という風に、PC用メディアアンカー内に移動すること。

こんな記事も読まれています