【クラウドGPS】TrackR bravoの使い方と設定方法【無くしたものをスマホGPSで発見】

※バージョン等により多少の違いがあるかもしれません。予めご了承ください。

バージョン違いの場合は、ページ下方の英語版を見てください。
 

TrackR bravoの使い方

TrackRを使うにはアプリと設定が必要です。

とにかくまずは、TrackRのアプリをスマホにインストールしましょう。

App storeや、Play storeでTrackRと検索すれば一番上に出てくるはず。

インストールして、アプリを立ち上げ、チュートリアルを進める。

「TrackRデバイスの追加」をタップし進める。

お持ちのTrackRの種類を選ぶ。ここでは、TrackRブラボーを選択。トラッカーの種類が違っても設定方法は基本的に同じ!

ペアリングを実行。右下の「次」のボタンをタップ。

アプリがスマホの機能を使う事を許可していく。

続けて設定をしていこう。「有効範囲の確認中」など表示されてくる。順次タップしながら設定を進めよう。

設定後、有効範囲など、今どこに何があるのかなどが確認できる。

音量の設定。音の大きさを設定できる。

音がなるので、音量を確認しよう。

クラウドGPSへの登録。登録しておけば、自分のスマホの範囲外に落としてしまった場合、別のTrackRユーザーのクラウドを利用して、無くした物を発見できるようになる。

セットアップはこれで完了。

TrackRのクラウドソースGPSはどんな感じ?

自分の周囲のクラウドGPSユーザーの位置情報が見れたりします。

 

TrackRアプリのバージョン違いの場合の解説

アプリをインストールして、アプリを立ち上げよう。
まず登録画面が出てくる。
名前、パスワードなどを入力しよう。

自分の使うトラッカーの種類を選ぼう。

次にTrackRデバイスとスマホを連動させる。
図にあるTrackRのボタンを押して、TrackRから音が鳴り、自動的にスマホとTrackRデバイスの連携される。
TrackRの種類によっては光る場合もある。

登録とスマホ連動後、TrackRが現在どの位置にあるかをを見ることができるようになる。
また、アプリのスピーカーボタンを押すとTrackRから音を鳴らす事もできるので、部屋の中での無くし物を見つける時に便利。

ちなみに、複数のTrackRを使う場合は、TrackRごとに名前を付けて、管理できる。

こんな記事も読まれています

コメントを残す