「asus」タグアーカイブ

【解決済】Windows10のタブレットPCのWiFiアイコンが消え、インターネットにつながらなくなった。ネットワークに接続できませんと言われる

2-in-1タブレットPCはLANポートがないのに、WiFiアイコンがなくなり、インターネットにつながらなくなった

このWiFiのアイコンが、LANにつながるPCのマークになっていたりする

とはいえ、薄型のノートPCやタブレットPCはLANポートなどないモノが多い。

WiFiがなければ、本当に何もできない文鎮と化してしまう。

機種はASUSのタブレットPC T90Chi Windows10
ちなみに、同じ現象はLenovo Transbook、YOGA Book、富士通Lifebook、NECのLAVIなどでも確認されている。

先に結論を言うと、

Broadcom 802.11abgn ワイヤレスアダプターとWindows10の相性の問題。

なので、ブロードコムのWiFiアダプターを使用している一部の機種に共通の問題のようだ。
 

WiFiアイコンを再度表示させてネットに接続する方法

左下のWindowsマークのところで、右クリックして「デバイスマネージャー」を選択。

ネットワークアダプターの中のBroadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapterをダブルクリック、もしくは右クリックからプロパティ。

詳細設定のタブから
40MHz Intolerant」の[Disabled]→[Enable]に変更
802.11n Preamble」の[Auto]→[Mixed Mode]に変更
Afterburner」の[Disabled]→[Enable]に変更

これでOK、で大丈夫。

この記事も読まれています

【解決済み】ZenfoneなどでPlayストアが「ダウンロード中」から動かない場合の対処法

GoogleのPlay Storeで、突然新しいアプリがダウンロードできなくなった

ASUSのゼンフォンシリーズは動作も安定していてバッテリーも長持ち。
なにより安いので人気のスマホ。

Zenfone 3, Zenfone 4, Zenfone 4 MAX, Zenfone 5, Zenfone max M1, Zenfone Laser, Zenfone max plusで確認されるバグ。
(もしかしてゼンフォン全部?)

ちなみにGoogleの公式ヘルプなどで、紹介されている解決方法は全く役に立たない

ダメだった解決法

4Gの場合はWi-Fi接続に切り替える
 → 元々WiFiだし、複数のWiFi環境で試し済みで無理。
・Play ストアのキャッシュとデータを削除する
 → やったけどダメ。
・端末を再起動する
 → 何回やってもダメ。
・ストレージの空き容量を確認する
 → たっぷり。
・SD カードを確認する
 → そもそも入れてない。
・ダウンロード マネージャーからキャッシュとデータを削除する
 → 何回やってもダメ。
・Google Play 開発者サービスからキャッシュとデータを削除する
 → 効果なし。
・Play ストアのアップデートをアンインストールして再インストールする
 → 効果なし。
・Android システムのアップデートを確認する
 → 元々最新。ちなみに、ダウングレードしてもダメだった。
・端末から Google アカウントを削除して再度追加する
 → 効果なし。
 

というわけで解決法

ASUSのスマホのアプリの「自動起動マネージャー」をオフにすると解消される。

ZenFoneの、「本体設定の歯車」→「電力管理」→「自動マネージャー」→「すべてのアプリ」をオフにする。

これだけで、後は普通にPlayストアからダウンロードもアップデートも可能になる。

※ 元々オフの場合は、一旦「すべてのアプリ」をオンにしてから、すぐにオフにするとダウンロードが開始される。

ASUSタブレット分解 T90Chiの本体を分解してBluetoothデバイスを復活させた

ある日突然bluetoothキーボードを認識しなくなった

今まで順調に使っていたASUSの 2-in-1 Windowsタブレット TransBook T90 Chiが、ある日突然キーボードを認識しなくなった。

普通に使ってても半年に1回ぐらいはある話なので、今回もデバイスからキーボードを削除して、再度認識させようとする。

認識せず。

左下のWindowsマークのスタートボタン右クリックで、デバイスマネージャーを開く。

確認すると、Bluetoothデバイス(ワイヤレス Bluetooth)に「!」が出ていた。
どうやらBluetoothデバイスがおかしいらしい。

 

Bluetoothドライバの更新や再インストール

この場合は、まずドライバの更新や再インストール。
→効果なし

そうこうしているうちに、Bluetoothデバイスの表記すら消えてしまった。

USB3.0 eXtensible Host Controller というデバイスに「!」が出ている。

もちろん、再起動もタブレットの初期化(工場出荷時に戻す)も効果なし

 

物理的な故障を疑う

これは多分故障だなと。

恐らく基板上のUSBデバイスに刺さっていたBluetoothデバイスの故障、もしくは抜けたか、ハンダが外れたか

持ち歩き使用だったのであり得る話。

 

タブレットの分解を決意


細めのマイナスドライバーをmicroSDのスロットに突っ込み、慎重にテコの原理で背面カバーとディスプレイを剥がしにかかる。

 

少しディスプレイ側が浮くので、すかさず爪をねじ込む。

 

マイナスドライバーを隙間に差し込み、横にスライドさせるように少しずつ広げていく。

 

だんだんとディスプレイ側と背面カバーが外れてくる。

 

ドライバーを使いながら慎重にカバーを外す。

 

外れました。
ほとんどがバッテリーパック。バッテリーパックを外すとバックライト。
放熱用の銅板の下にCPUやら基盤やらデバイスがある。

 

背面カバー。何やら鉛筆で書いたような文字も見えるが…工場の中国人のメモ

 

放熱の為の銅板。この下に基盤があるのだが、開けたばかりの内部に謎の指紋

さては、工場の中国人か!手袋をつけろよこのデコ助ヤロウがぁぁ~!!

 

シリアルケーブルのようなものは引っ張ると簡単に取り外し可能。つける時も奥まで突っ込むだけ。

今回は放熱銅板の下の基盤で一部ソケットが外れかかっていたので、ここを上から抑えると「パチリ」と音がした。

シリアルケーブルを指しなおして背面カバーを上から押さえつけて再度組み立て。

 

見事復活。

Bluetoothデバイスも元通り。

意外と簡単にできました。