「イギリス」カテゴリーアーカイブ

築500年の民家。テューダー調の家。柱の捻じ曲がり方が凄い

ヨーロッパは歴史ある建造物が魅力的。
日本では考えられないような古い家が今でも現役で使われている。家は傾き扉も窓も隙間だらけ、不便だしバリアフリーもない。そして狭い、低い、使いにくい。
ただ歴史には何にも変えられない重さがある。だから彼らは歴史あるものを大切にするし、下手に手直しをしたりもしない。
賛否あるだろうが、それは1つの価値を生み出していると思う。

この記事も読まれています

築1200年の橋。馬車や車は2km先の橋を使ってください

イギリス、シェークスピアゆかりの地、ボートン・オン・ザ・ウォーターの橋。歴史を大切にするヨーロッパならでは不便さよりも古さを取る。車は通れない馬車も通れない。真ん中がとがっているから不便。でも潰さないし、改築増築もしません。したいとも思いません。

列車で前に座っていたブロンド金髪ねえちゃんの髪の毛をいじりまわしてみた。

イギリスの電車、サザン・レールウェイ。日立が車両を納入していることでも有名で、サザンの車庫には大きなHITACHIのロゴが。
そんな日立の車両に座っているブロンドのおねえちゃんの髪の毛をいじり回してみた。
やっぱり黒髪よりも線が細かった。

旅行中でもピクニック気分天気のいい日は外で朝ごはんでも?

イギリスの湖水地方を旅行していたら、朝気持ちが良すぎて外でご飯を食べたくなった。そんなこともよくある。
街で野菜やパンなどを買っておいて外で座って食べてみよう。TESCO ExpressやSainsbury’s Localは街中にもある。
イギリスのご飯は基本的には最悪の味だが、この時ばかりは最高に感じる。

雑貨ブームに火をつけろ、岩塩ポット。マイナスイオン効果?

岩塩はミネラルたっぷり食事に使っても美味しいが、マイナスイオン効果もあるとかないとか?雑貨としても人気が高く、カントリー風の雰囲気にぴったりだ。ウッド調や石造りとよく合う。
ちなみに写真はイギリスの有名なコッツウォルズ。町全体が雑貨のような可愛い街だ。

イングランドの伝統料理、サンデーロースト

イギリス、イングランドのパブなどで昼間だけランチを提供しているところも多いが、日曜日の特別メニューがこれ、サンデーロースト。
人気パブでは予約をしないと入ることもできないほど。ローストの種類は、チキン、ビーフ、ラム、ベジタリアン用など様々。レシピも冷凍食品のところから、本格派までピンきりだ。

車のCMでよく使われる道。イギリス、サセックス州のイーストボーン

車のCMでよく見かける広大な台地を疾走する1台の車、そんな道はどこか現実感がない僻地のように感じるが、意外にもロンドンから1時間程度列車で行ったところでその1つを見ることができる。
バスも頻繁に通っているのでそれ程行きにくくもない。ブライトンとイーストボーンの間にあるセブンシスターズの近くだ。

ヨーロッパで大人気の飲み物、モヒート

モヒート。日本でも普通に飲むことができるが、日本のようなオシャレな飲み物ではない。
材料は、レッドブル、ウォッカ、たっぷりのミント、レモン。これらをこれでもかと潰して混ぜて飲む。これが最高。ミントをボリボリかじりながら飲むモヒートは本当にうまい。

イギリス、マンチェスターの博物館に書いてあった神風-Kamikaze-

Suicide Bomb (Kamikaze)と書いてある。太平洋戦争末期に実戦配備された「桜花」についてだ。
厳密に考えると違う気がする。自爆機=神風ではないからだ。
英語で「伸るか反るか、一か八か」と言う場合に Banzai move と言ったりもする。サッカーのプレミアリーグやモータースポーツをよくよく聞いているとそういった言葉を聞き取れる。