【年収】エディオンの社員の年収と評判。高卒、大卒の給料

エディオン社員の評判

ブラックのイメージがある家電量販店の社員。

EDIONはその中では有数のホワイト企業との呼び声が高い。

店頭でも結構親切な店員さんが多い。

平均年齢は40.6歳と、ジョーシンに次いで平均年齢が高い。

平均年齢などの詳細データ比較は下に掲載

そんなエディオン社員の年収を、知人のエディオン社員に聞いてみた。
 

エディオン社員(高卒)の年収

初任給:月給178,000円
最初の2年間は昇給はなく、その後、役職が付くまでは2千円~5千円程度上がっていく。

平均的なヒラ社員の基本給:18万円程度
残業手当含めて23万円前後→手取り20万円
ボーナス 基本給1.5ヶ月分ほど(会社の業績により変化)

手当含めた実際の年収:345万円
 

エディオン社員(大学卒)の年収

例え同期入社であっても、高卒とは給与体系が違う。
初任給も高く、比較的勤続年数が短くても転勤させられる場合もある。

平均的な基本給:20万円程度
残業手当含めて24万5千円前後→手取り21万円
ボーナス 基本給1.5ヶ月分ほど(年により変化)

手当含めた実際の年収:360万円

高卒と同じく、勤続年数に応じて役職が付くまで2000円~5000円程度ずつ基本給があがっていく。

また、子会社のデオデオやミドリ電化(現在は全てEDIONに統一されている)時代に子会社で入社した人の給与体系は、当時の給与体系が残っていた

ミドリは給料が低くて有名だったので、当時は転属でEDIONに移動になっても悲惨な給料で働いていた時代があった。

 

リーダー、主任

高卒・短大卒・専門学校卒の場合は、勤続10年前後でリーダーなどの役職が付くできる。
ちなみに、大卒の場合は、5年程度でも主任になれる。

そもそも、大卒と高卒では給与体系も違うし、昇進スピードもかなり違う。
(地域社員採用もあるので、一概には言えないが。)

更に、大卒と大卒以外では、同じ役職でも基本給に差が出る。

高卒・短大卒・専門学校卒
基本給:22万円程度
残業手当含めて26万円前後→手取り22万円
ボーナス 基本給2ヶ月分ほど(年により変化)

手当含めた実際の年収:400万円
 

大学卒
基本給:24万円程度
残業手当含めて29万円前後→手取り25万円
ボーナス 基本給2ヶ月分ほど(年により変化)

手当含めた実際の年収:440万円

大卒でリーダー以上になると実際の年収は400万円を超える。

EDIONはビックカメラやヤマダ電機に比べると残業が少ないので、実質の手取りは低くなる傾向にある。

働きまくってお金をたくさん欲しい人は、ビックカメラの方が向いているかもしれない。

 

参考:四季報の公式データ

ビックカメラ(グループ会社含まず)
従業員数:4,228名
平均年齢:33.1歳
平均年収:464万円

ジョーシン電機(グループ会社含まず)
従業員数:2,903名
平均年齢:41.3歳
平均年収:577万円

ケーズデンキ(グループ会社含まず)
従業員数:2,101名
平均年齢:37.4歳
平均年収:490万円

ヤマダ電機(グループ会社含まず)
従業員数:10,725名
平均年齢:35.4歳
平均年収:401万円

エディオン(グループ会社含まず)
従業員数:7,296名
平均年齢:40.6歳
平均年収:504万円

ヨドバシカメラ
ヨドバシカメラは上場企業ではないので非公開だが、会社概要や業界紙によると

従業員数:5,000名
平均年齢:42.3歳
平均年収:591万円

だそうだ。

会社社員の平均年齢の高い会社ほど、平均年収は高くなる。
実際に給料が良いか悪いかはまた別の話。

 

エディオンの年収や給料の特徴

大卒で5年、高卒で10年ほど勤続すると、年収は400万円を超える。

基本給が上がってくると、ボーナスも上がるので、30代半ば以降は結構給料が多くなってくる。

EDIONの全社員の平均年収は504万円なので、それほど捨てたものでもない。

こんな記事も読まれています

明日試したくなるカスタマイズ、ネットな日々に役立つ小技と、たまに旅行の妄想と。