「カメラ」タグアーカイブ

【福袋2017】ビックカメラ福袋の販売日決定、中身予想も!

ビックカメラの福袋予約開始日時決定

デジタルカメラや、パソコン、タブレット、デジタルオーディオ、ロボット掃除機、ビューティー家電、ブルーレイレコーダー、うもうふとん、など大変お得な福袋を12月20日(火)朝8時から予約販売いたします!

とのこと。

必ず会員登録をしておこう。

福袋の中身

12月20日(火)朝8時
に決定したのでぜひ参戦したい。

ちなみに福袋の種類と中身については公開されていない。

デジタルカメラ
狙い目はCanon EOS M3 ダブルズームキット29800円

パソコン
狙い目はSurface PRO4 キーボード付き!69800円

タブレット
やっぱりiPad PRO59800円

デジタルオーディオ
SONY ウォークマン NW-Z1000 + イヤホン final F310029800円

ロボット掃除機
安心のルンバ622 29800円

ビューティー家電
Panasonic 「ナノケア」(1200W) EH-CNA989980円

ブルーレイレコーダー

この記事も読まれています

【コジマでデジカメ値切り】コジマ社員が教える、コジマでミラーレスデジカメを最安値で買う方法

価格交渉は柔軟。意外とデジカメが安いコジマ

ビックカメラの子会社になって頑張っているコジマ。

都心型店舗ではないものの、ビックカメラ.comと同じ値段には合わせてくれるので、結構簡単にネット最安値まで値切る事が可能。

 
 

コジマでデジカメを買うメリット

・絶対にこの機種が欲しいというこだわりがない人
・値引き交渉でネット最安値より安くでデジカメを買いたい人
・コジマのポイント(ビックカメラポイント)を貯めている人はお得

コジマ社員に教えてもらった攻略法を以下で解説していこう。

 
 

1. 絶対にこの機種が欲しいというこだわりがない人

コジマ、ビックカメラで大幅値引きを実現するには、「厳選商品」や「キャンペーン商品」を選ぶ必要がある。

例えば、Nikon D5500 がどうしても欲しいが、コジマの厳選商品がSONY商品だった場合は、α5000 でもいいや。

一眼レフでもミラーレスでもOKというように柔軟に機種を選べる人でなくてはいけない。

camera-mirrorless

絶対に Nikon D5500 が欲しいという人は、コジマで最安値で買うのは難しいかもしれない。

もしくは、Nikonがキャンペーンになるタイミングを待つ必要がある。

 
 

2. 値引き交渉でネット最安値より安くでデジカメを買いたい人

お店で値切る前に、値切り方法と最安値の引き出し方を知っている必要がある。

自分が欲しい商品が、厳選商品になっているかどうかは、お店のポップを見ると分かる。

値引きしやすい商品(厳選商品やキャンペーン商品)を選ぶ

bic-kizuna

これが厳選商品のポップだが、売り場で商品を見るだけではキャンペーン商品を見つけ出すのは難しい。

見分ける方法としては
・複数台同じ商品を、複数個所などで展示している
・ビックカメラの店員さんが張り付いている
・店に書いている「売上ランキング」などで1位になっている

ただし、キャンペーン商品が何も無い月もあるので、上記に当てはまるからと言って必ずキャンペーンだとは限らないので注意。

値切ってみて最安値にどうしても届かなさそうなら諦めて翌月狙うことも必要かもしれない。

値切り方法

価格.comの最安値が5万だから5万までまけてくれと言っても値切る事はできない。

例として、価格.comの最安値で7万円のミラーレス一眼を買うとする。

「ヨドバシで8万円のポイント15%にするって言われたけど?できればコジマで買いたいから値段出してよ。」

などと、ライバル店の価格だという設定で交渉すること。

夏の商戦時期や新年大売出しの時期などはポイントアップキャンペーンや、大幅値引きの特価商材もある。

この時期を過ぎてしまうと基本的にはポイントアップや特価での販売は無理になってしまうが。

「この前の休みの時に案内してもらって…」
と言うことで、

名刺案内戻り客」として、キャンペーン適用してくれる場合もある(絶対にできる保証はない)ので、ダメ元でお願いしてみてもいいかもしれない。

 
 

3. コジマのポイント(ビックカメラポイント)を貯めている人はお得

ネット上のコジマネットやビックカメラ.com、ヨドバシドットコムなどの大手家電ネットショップに、

camera-campaign
「デジカメ対象商品ポイントアップ!」などのポイントアップキャンペーンがあれば

店頭でもポイントアップしてもらえる。

コジマとビックカメラをチェックするのはもちろんのこと、ヨドバシ、ジョーシン、ケーズ、ヤマダも忘れずに見ておこう。

店員に
「ヤマダでポイント20%にアップってキャンペーンやってるんですが、コジマさんでもそういうのやってますか?」

と確認すればOK。

ビックカメラSuicaカードのキャンペーンでポイント獲得ができるキャンペーンも見逃せない。

kojima-suica

コジマでもビックカメラSuicaの申し込みは可能だ。

こういったキャンペーンを活用して、ポイントをお得に貯めよう。

この記事も読まれています

【EDIONデジカメは安い?】エディオン社員が教える、デジタル一眼を値引きして最安値で買う方法

デジカメをお得に値切って買う方法をエディオン社員に聞いてみた

保証が手厚いエディオン。店員も親切で、機能の説明などは丁寧に教えてくれる。

その分ヤマダやビックカメラに比べると値引きは難しい場合も多い。

対応が良く、保証が安心のエディオンで値切って最安値で買うことができればそれが最高。

 
 

ミラーレス一眼デジカメをエディオンで買おう

・機種を絞って値切る(Canonがねらい目)
・保証内容を確認
・値切る時の交渉方法
・エディオンネットショップでは買うな
 

以上の3点を確認して一眼レフを買ってみた。

値切った機種は2種類:
キャノン デジタル一眼カメラ EOS M3 ダブルズームキット2 白 (EOSM3WHWZK2)
キャノン デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ(EOS80D)
 
 

1.機種を絞って値切る(Canonがねらい目)

canon-degital-camera-edion

エディオンは値引き交渉をせずにそのまま買うと割高なので、必ず値切ること。

ヤマダやビックカメラと違って、なかなか一発で最安値まで値切ることは難しいが、機種を絞っていると交渉がしやすい。

エディオンはCanonをキャンペーン商品としている場合が多い。Edionとキャノンが仲がいい話は有名で、キャノンが値切りやすい傾向にある。

注意:月によってはもちろんNikonやSONYのキャンペーンも行っている場合もある。

ヤマダ電機、ケーズデンキ、ビックカメラ(コジマ)、ヨドバシカメラ、ジョーシンに対しての価格対抗も行っている。

なので、少し面倒だが、ヨドバシ、ジョーシン、ビックカメラの価格をあらかじめチェックしておく方がいい。

店舗に行くのが面倒であれば、ヨドバシ.com、ジョーシンWeb、ビックカメラ.comでもいい。

その価格を元にエディオンのお店で値切っていくことになる。

 
 

2.保障内容を確認

エディオンの長期安心保障の内容は必ず確認しておこう。

カメラの場合はそうでもないが、例えば大型家電の時は保障内容が他社と違うことがある。

ちなみに、デジカメの保証は
レンズキャップ、ストロボランプ、レンズフィルター を除く修理代交換部品代が対象だ。

他社でこれ以上の保証をうたっている場合は、その内容もエディオンの店員に伝えることで、値引きを引き出しやすくなる。

 
 

3.値切る時の交渉方法

「ネットの価格で7万だった」と言ってはいけない

「ヨドバシでこのエアコンを70,000円にしてくれるって言ってたので価格対抗してください。」

と交渉する必要がある。

最安値を狙うなら他店対抗ということにしなければならない。

価格.comの最安値が6万8千円だったとする。

「ケーズデンキで聞いたら7万円だったんだけど、エディオンさんでもできますか?」

と聞くようにすること。

 
 

4.エディオンネットショップでは買うな

edion-net-shop

エディオンネットショップは全く安くないので買わないように。

値段と送料は他の家電量販店のネットショップの価格対抗はしてくれる。
しかし、送料や保証料のキャンペーンなどは対応してくれない。

必ずエディオンのお店で交渉してから買うようにしよう。

この記事も読まれています

【デジカメ値切りヤマダ】ヤマダ社員に聞いた、一眼レフカメラを最安値まで値切って買う方法

ヤマダでデジカメを価格.comの最安値以下まで値切る

ヤマダでは結構簡単に価格.comより安くデジタル一眼レフを買う事ができる。

もちろん安いデジカメもあれば高いデジカメもあるので、全てできるわけではないが、ヤマダで最安値まで値切る方法を紹介。

 
 

ヤマダ電機で最安値以下でデジカメを買う前に

正直言ってヤマダ電機の店員の対応は評判が悪い。

もちろん担当者によっては親切な人もいるだろうが、商品に関して質問をしたり、価格交渉をしても15分ぐらい待たされる覚悟はしておこう。

それでもネットの最安値よりも、他店よりも1円でも安く買いたいなら、やはりヤマダが第一候補だ。
 
 

値段の安さ、値切りやすさはヤマダが一番

デジカメを買うならヤマダがどこよりも値段は安い。

表示価格はネットやAmazonの方が安いかもしれないが、間違いなくそれ以下の価格まで値切ることができる。

簡単に価格.comやアマゾンで欲しいデジカメの最安値を調べておこう。
メーカーやレンズキットをある程度絞って機種を調べておくといい。

例)価格.comやアマゾンで最安値が69,800円の商品の場合

ヨドバシカメラで7万円のポイント15%にするって言ってましたけど、ヤマダさんでもできますか?
そこまで安くなるなら買います。」

と伝えよう。

近隣の競合店がエディオンならエディオンでもいいし、もちろんビックカメラでもいい。

ただし、価格.comや、アマゾンの値段より安くしてくれ。とは言わない事。

ネット価格には対抗してくれないからだ。

これだけで、まず間違いなく値切る事が出来る。

ポイントも柔軟に対応してくれる

yamada-point
ヤマダ電機ではポイントアップも結構簡単に対応してくれる。

例えばポイント10%の商品を13%や15%は狙う事もできる。

逆に、
「家の近所にヤマダがないから、ポイント0%がいいんだけど、現金で6万5千円にしてよ。」

と言っても対応してくれる可能性もある。

 
 

キャンペーンも必ず確認

商品を安く買うのは結構簡単だが、忘れてはいけないのが、キャンペーンだ。

夏などに多い、ポイントアップキャンペーン。

年末年始に多い、1000ポイントプレゼントキャンペーン。

ヤマダウェブコムでも何かしらのキャンペーンを行っている場合がある。

ヤマダウェブコムでキャンペーンがあるなら、お店でやっていなくても確実にキャンペーンと同等の特典が得られる

「確かヤマダウェブで送料、ポイントプレゼントキャンペーンあるって書いてましたけど、これってお店でもできるんですか?」

と一言聞くだけでOK。

 
 

ちなみに、ヤマダ電機のキャンペーンでなくてもいい

ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、ビックカメラなどの競合店で、取り外し無料のキャンペーンがあればヤマダでも対応してくれる。

bic-point-up

「ビックカメラで今日5万円以上のデジカメ4%ポイントアップなんですけど、ヤマダさんでもやってよ。」

と言えば、ほぼ間違いなくポイントアップしてくれる。

※ただし、嘘はつかないこと!

是非、確認しておこう。

この記事も読まれています

【デジタル一眼を値切る】ビックカメラ社員に聞いた。ビックで一眼レフカメラを最安値まで値切ってみた

ネットとビックカメラはどっちが安い?

ビックカメラの社員に聞いた方法でミラーレスデジタル一眼を最安値まで値切ってみた結果。

値切れる商品と値切れない商品があった。

最安値以下まで値切る方法と、その条件を紹介。

条件1. お店に行くことが苦痛ではない
条件2. 欲しいデジカメの機種にこだわりがない
条件3. 半年~1年以内に発売された機種が欲しい
条件4. ポイント還元でもいい

値切る方法. 他店対抗価格で現金値引き

 
 

条件1. お店に行くことが苦痛ではない

まずは、お店で買うのでお店に行く必要がある。

ビックカメラ.comもあって、保証や安心感という意味ではビックカメラ.comでもいいのだが、残念ながら、ビックカメラ.comではカメラは最安値では買えない。

交通費や時間の問題もあるが、ビックカメラのお店に気軽にいける方がいい。

というのも、ビックカメラでは「セレクト商品」と呼ばれる商品がある。
bic-kizuna

セレクト商品毎月変更される。しかもネットでは分からないので、お店に行く方が、値引きしやすいデジカメも分かりやすい。

 
 

条件2. 欲しいデジカメの機種にこだわりがない

ビックカメラでは、ミラーレス一眼レフでも、どのメーカーでも値引きができるわけではない。

例えば5月のこと、

CANON EOS M3 ダブルズームキット」は全く最安値まですら値切る事ができなかった。

SONY α6000 ILCE-6000Y ダブルズームレンズキット」は最安値以下まで値切ることができた。

これは、先述のセレクト商品が関係している。

「今月中に必ずOLYMPUS PEN-F 12mm F2.0レンズキットが欲しい。」

と思っている人は、最安値以下まで値切れる保証はない。

逆にメーカーや商品に強いこだわりがない人で、

「この3機種のうちどれかが安く買えればいいや。」

と思っている人は最安値以下まで値切ることができる。

 
 

条件3. 半年~1年以内に発売された機種が欲しい

大手量販店では、基本的に現行モデルしか取り扱っていない。

まれに型遅れ商品を大量にメーカーから購入して、特価商品として売り出すことはあるが、これはまた別の話だ。

特価商材以外の製品は基本的に価格.comの方が安い。

家電量販店で最安値以下を狙うのは、新モデルが欲しい場合だけだ。

逆に、安く売れ残り品を買いたい、もし買えないまま売り切れてしまってもかまわないという人は、ネットで型遅れ商品を探すか、家電量販店の特価商材を狙う方がいいだろう。

 
 

条件4. ポイント還元でもいい

ビックカメラで値切りの目標は価格.comの最安値よりも安くしてもらうことだ。

価格.comの最安値で10万円のミラーレス一眼を買う場合を例にしよう。

ビックカメラやヨドバシカメラの特徴として、現金値引きは嫌がられるということだ。

「ポイントはいらないから9万円にして。」

と価格交渉しても、交渉は決裂する場合が多い。

ポイントありきの最安値を許容しよう。

ポイントで支払った分にはポイントはつかない。なので、10%ポイントの場合は10%につくべき10%のポイントはつかないことになるので、実質9%現金値引きと同等と言える。

それを踏まえた上で最安値以下を目指して値引き交渉をしよう。

 
 

値切る方法. 他店対抗価格で現金値引き

引き続き価格.comの最安値で10万円のミラーレス一眼を例に説明しよう。

「ヤマダで10万3千円円のポイント10%にするって言われたけど?ビックカメラで値段出せるならビックで買いたい。」

という風に、ライバル店の価格だという設定で交渉すること。

「価格.comの値段」と言ってはいけない。

10万3千円円にポイント10%だと、実質価格9万7千円前後になるので、かなりお得。

更に、ポイントアップを狙ってみるのも有効。

「ヤマダ電機でポイント12%にしてくれるって言ってた。」

などという事で、最安値から更にポイントもアップすることもできるかもしれない。

 
 

この記事も読まれています

【一眼レフを最安値で買う】ヨドバシカメラでデジカメを値切って買う方法。

ヨドバシ社員に聞いたヨドバシカメラで一眼レフを値切ろう

ヨドバシカメラは駅前の大型店舗が多く、全てのお店が激戦区だ。
なので積極的に値引き交渉ができる。

強気の値段でくることもあるが、そんなヨドバシで一眼レフとデジカメを最安値まで値切る方法を紹介。

 
 

1. 欲しいデジカメのメーカーを絞る

絶対に欲しい機種が決まっていないのなら、候補となるメーカーを絞っておくこと。

例えばNikonのD5500 ダブルズームキットCanonのEOS Kiss Xシリーズ ダブルズームキットなどと絞っておくと交渉もスムーズにいく。

 
ヨドバシカメラで値引きがしやすい商品は月間売り上げ数目標がある拡販商品だ。
売上のノルマがあるので、数を稼ぐために値引きをしてもらいやすくなる。
pop-yodobashi

ヨドバシ社員によると、デジカメや一眼の拡販商品は、NikonかSONYが多いらしい。
ちなみに毎月変更されるので、絶対にNikonが安い、値切れるという保証はない。

売り場に行けば「特価」や「売れ筋No.1」などのポップがついている場合が多いので、立ち寄る機会があればお店をのぞいてみると分かりやすい。

 
 

2. 店に行く前に価格.comの最安値とヨドバシ.comの値段をチェック

実際にヨドバシの店舗に行く前に、必ずネットの値段を確認しておこう。

価格.comヨドバシ.comだけは最低でも確認しておきたい。

お店に行ってから、スマホなどで価格.comを調べることはやめた方がいい。
ネット価格を引き合いに出して交渉する人には値引きをしてくれない。

ただし、ヨドバシ.comの値段には即座に合わせてくれる。

ヨドバシ.com以外のネット対抗は嫌われるので、言わない方がいい。

 
 

4. 社員が教えるデジカメ値切り交渉のテクニック、他店対抗価格を使う事

ヨドバシカメラは、ネットのヨドバシドットコムの値段とは同じにしてくれる。

元々ヨドバシドットコムも安いので、ヨドバシドットコムが価格.com最安値だと言う場合も結構ある。

だが、価格.com最安値よりも安く買う事は誰にでも簡単にできるので、必ず値引き交渉をするようにしよう。

例として、最安値10万円の一眼レフ ダブルレンズキットを買う場合を紹介する。

「ビックカメラで税込9万9800円のポイント10%にしてくれるらしいんだけど、ヨドバシさんのポイントを貯めてるから、できればヨドバシで買いたい。」

と言ってみよう。

価格.comや、ネットの値段は言ってはいけない。
最安値から少し安い値段を他店の値段として伝えるのが最も効果的だ。

ちなみに、値引き目安は、商品の最安値から更に10%ほど低くした値段だ。

ヨドバシの場合は、税込10万円+ポイント10%ぐらいを目標にしたい。

これで、ポイント分は価格.comよりもお得に買えるということになる。

 
 

4. 値引きしやすい商品を選ぶ、交渉をする相手を選ぶ

自分が欲しいデジカメの機種で、ヨドバシで拡販商品になっているものがあればそれが一番簡単だ。

欲しい機種が拡販拡販対象になってい無い場合は、値引き交渉が少し難しくなるが、諦めずに軽く交渉してみよう。

注意したいのが、ヨドバシの値引き価格交渉は社員しかできない。という点だ。

バイトやメーカーの店員は価格交渉できないので社員を呼んでもらおう。

ベテランっぽい関西出身の店員さんがおすすめ。

ヨドバシカメラは関西出身の店員さんが値引きをしてくれる傾向がかなり強い!
逆に言うと、関西のお店以外は値引きは意外と渋い場合もある。

 
 

5. 値引きが無理ならポイントアップも考えておく

価格交渉をしてみて
「申し訳ございません。D5500はこれ以上はできません。」
と言われる場合もありえる。

そんな場合は現金値引きは無理でも、ポイントアップなら対応できる場合もある。

ポイントも現金とほぼ同じ感覚で使えるので、貯めているなら積極的に交渉したい。

「ビックカメラでキャンペーンでポイントアップするって言ってたけど。」

と伝えるだけでポイントアップもできる場合がある。
 
 

この記事も読まれています

【デジカメはケーズで安い】ケーズデンキでカメラを値切って安く買う方法。ケーズ社員「現金値引きがお得。」

ケーズデンキでデジカメや一眼レフを安く買う方法

ポイントカードがないケーズデンキは大手家電量販店の中でも現金値引きが分かりやすい。

実際に払う金額は一番値引きしてもらいやすいので、ポイントを貯めていない人にはケーズがおすすめ。

そんなケーズで価格.comより安く買う方法をケーズデンキの社員に聞いてみた。

 
 

1. 買いたいデジカメの機種の値段を調べる

ケーズデンキは旧製品や型遅れが安い。新製品は安くないので、新商品が欲しい場合は、メーカーの商品ラインナップが入れ替わる時期を待った方がいい。

コンパクトデジカメは半年ごと、一眼レフは半年~2年ごとが多い。

まず、欲しい機種とメーカーを決めよう。

ちなみに、ケーズデンキで大幅値引きを目指すならSONY、Panasonicが値切りやすい。

Canon、Nikonは強気な場合が多い。

ただ、これはあくまでも傾向なので、時期によってはCanonがキャンペーンをしていたりすることもある。

ケーズデンキのオンラインショップではキャンペーン商品は分からないので、店舗にいく必要がある。

キャンペーン商品は毎月変わるので、月末に購入予定なら、月の中旬あたりにでもお店を簡単に下見しておくといいかもしれない。

ks-tokusen

店員さんに(メーカーから来てる店員さんはダメ)に今お勧めの商品どれですか?と聞くと、キャンペーン商品を勧められる事が多いので参考にしよう。

また、値札にも「大特価」や「特選」と書かれている場合も多い。

ks-daitokka

 
 

2. 価格.comで最安値を確認

あまり、ネットの価格対抗はしてくれないケーズデンキ。でもポイントシステムがないので、現金値引きの交渉は可能。

ケーズデンキ オンラインショップはあるが、あまり安くないのでケーズの公式オンラインは無視してもいい。

価格.comの値段は絶対に、店に行く前に調べておく。

ケーズデンキの店頭、売り場でスマホで価格.comの値段を確認するのは絶対にやめよう

ネット価格に対しての値引き交渉をすると「ネット対抗は出来ません」と最悪な態度で断られてしまう場合もある。

 
 

3. ケーズデンキで最安値を出してくれる価格交渉相手の選び方

欲しい機種のデジカメや一眼レフが、ケーズの拡販商品になっていれば、最安値は簡単に出してもらえる。

ただし、値切り交渉をする相手を選ばなければならない。

ケーズデンキでは値段交渉はケーズの社員しかできない
アルバイトやメーカーから来ている店員さんでは、大幅値引きはできないので、必ずベテラン社員と交渉しよう。

ke-zu-syain

首から吊っているバッヂや、胸についている「○○マイスター」、もしくは、腕に巻いている腕章がバイトよりも多い人を狙うように。

 
 

4. ケーズで最安値を引き出す値引交渉テクニック

最低でも価格.comの最安値より安くしてもらう。

ただし、本体価格が元々6980円などの場合はハッキリ言って大幅値引きは難しい。

値切り交渉をして、「できません」と言われたら、食い下がらずすぐ諦めよう。

例えば、狙い目の一眼レフのダブルレンズキットが、価格.comの最安値で10万円だったとする。

ケーズデンキはポイント制がないので、ビックカメラやヨドバシカメラなどの大量ポイントでお得感を出すタイプの量販店は価格交渉の引き合いとして使いにくい。

なので、ポイント1%やポイント無しも結構やっている、ヤマダがおすすめ。

「ヤマダ電機で9万8000円のポイント1%にしてくれるって言われたけど、ケーズで値段出せるならケーズで買いたい。」

などと、ライバル店の価格だという設定で交渉すること。

「価格.comで10万だったからそれより安くして。」

などと言ってしまっては値引きは交渉は失敗におわるだろう。

価格.comよりもう少しだけ安い値段で言うが、ヤマダ電機で価格交渉をしたらその値段になったという設定にしておくこと。

11万が底値ですなどと言われた場合は、拡販商品ではない可能性が高いので、別機種で交渉するか、どうしてもその機種が欲しいなら諦める方がいい。

 
 

覚えておこう

値引きの一番の武器は、値引きをしてもらいやすい社員さんと仲良くなる事だ。

はっきりと、「この値段までなら値引きできる」という線引きがあるわけではない。その場での采配になるので、高圧的な態度を取らず、和やかに迅速に価格交渉をしていこう。

簡単な例を、ケーズデンキで値切れる言い方。好かれる交渉方法。 にまとめているので参考に。

あらかじめ価格.comよりも低い値段で買えるならば、サービス面、保証面では大手量販店の方が何かと安心だ。

ついでに、おまけの洗剤やお菓子なんかももらえるかもしれない。

この記事も読まれています

【値引き比較】家電量販店5社で値切ってみた結果-その1:ヨドバシカメラ、ビックカメラ

家電量販店5社で値引き比較

家電量販店5社でぶっちゃけどこが安いんだと思って同じ商品で値引き比較してみた。

試した5店舗:
ヨドバシAkiba店
ビックカメラ有楽町
ヤマダ電機 新宿東口館
エディオン AKIBA店
ジョーシン 板橋前野店

残念ながら、ケーズデンキは近くに無かったので試せなかった。
コジマはビックカメラグループで、値引きでビックカメラへの価格合わせはしてくれるらしいので、最終的な値引き価格はビックカメラと同じのはず。

実験した時期:
時期は12月中の年末商戦時期なので、結構大きく値引きできた時期だと思う。

実験した商品(2個):

日立の冷蔵庫…価格.comの最安値で ¥149,600 のそれなりに人気のありそうな物。
東芝のノートパソコン…価格.comの最安値で¥88,900でそれなりに人気があって、直販モデルじゃないもの。スペックも全く同じもので比較。

ヨドバシカメラ

yodobashi_akiba

【ヨドバシ価格交渉結果】
日立冷蔵庫:165,000円 ポイント10%
東芝のノートパソコン:99,000円 ポイント10%

交渉の流れとして、ヨドバシカメラ徹底値引き攻略の値引き攻略を参考に、

「ヤマダ電機で160,000円にするって言ってたんだけど?」

と切り出してみた。

ちなみに、160,000円にポイント10%だとポイントを加味すると実質144,000円になり、価格コム最安値の¥149,600よりも5,000円以上安い値段だ。

色々とレジの横で相談しながら、最終的に「ウチでは、165,000 で限界です。その代わり送料と設置料は無料でさせてもらいます。」と言われた。

パソコンの場合は、価格の話をした人が直接電卓をたたいて、「99,000が底値です。」とアッサリ敗北宣言。
99,000円だと価格.comよりも割高になるので、ヨドバシにとっては拡販モデルではなかったのかもしれない。

【結論】
ヨドバシカメラの値引きは、できる範囲でならやってもらえる。
 
 
 

ビックカメラ

bic-yurakuchou

【ビック価格交渉結果】
日立冷蔵庫:160,000円 ポイント10%
東芝のノートパソコン:96,800円 ポイント10%

交渉の流れとして、ビックカメラで底値で買う方法の値引き攻略を参考に、ここでもヤマダをダシに使った。

日立の黒いベストを着ている人に
「ヤマダ電機で160,000円にするって言ってたんだけど?」

160,000円にポイント10%で実質144,000円。でも、ポイントで購入した分にポイントはつかないので、10%のポイントの内のさらに10%は損をすることになる。
それでも価格コム最安値の¥149,600よりも5,000円以上安いのでかなり安い値段。

5分ほど待たされたのち、「OKです!160,000 でやります!」といい返事だった。素晴らしい。

パソコンも東芝のベストを着た人に声をかけた。
「値段下げれますか?ヤマダ電機で96,800円だったんだけど。」と。

レジの方へ小走りで行き、パソコンを操作してヤマダ電機の値段を調べてる様子だった。その後1分もたたないうちに戻ってきて。
96,800円のポイント10%でやらせていただきます!」といい返事だった。
ポイント分を換算すると実質87,120円なので、これまただと価格.comよりも2,000円以上安いのでかなり優秀だ。

【結論】
ヤマダ電機対抗価格はかなり使える。
 
 
 
————————————
家電量販店5社で値引き比較してみた結果-その2:ヤマダ電機、エディオン、ジョーシン編へと続く。
————————————
 
 
 

家電5社の値引き比較結果

1位 ヤマダ
冷蔵庫:159,000円 ポイント10%(実質143,100円)
PC:96,800円 ポイント10%(実質87,120円)

2位 ビック
冷蔵庫: 160,000円 ポイント10%(実質144,000円)
PC: 96,800円 ポイント10%(実質87,120円)

3位 エディオン
冷蔵庫:149,600円 ポイント1%(実質148,104円)
PC:88,900円 ポイント1%(実質88,011円)

参考価格の価格.com最安値
冷蔵庫:¥149,600
PC:¥88,900

4位 ヨドバシ
冷蔵庫:165,000円 ポイント10%(実質148,500円)
PC:99,000円 ポイント10%(実質89,100円)

5位 ジョーシン
冷蔵庫:168,000 ポイント0.1%(実質167,832円)
PC:99,000円 ポイント0.1%(実質98,901円)

この記事も読まれています

社員が教えるエディオン徹底値引き方法。EDIONで底値で買う方法。

とある家電量販店で働き、偶然にも数名知り合いが他の家電量販店で働いている。

大手は網羅していたりするので、そんな皆で教えあった家電量販店の内情から、底値で買う方法を紹介していこう。
——————-
関連記事
エディオンの暗号は?値札で値引き交渉をしやすい商品を判断する方法
——————
 

エディオンで最安値で買う方法

エディオンのオンラインショップ「ネットショップ限定!最低価格保証」をうたっている。
でも実際は、ビックカメラ.comやヨドバシ.comの方が安かったりするし、ネットじゃなくて、実際に物を見て買いたいという人も多いだろう。

そんなエディオンで最安値で買おう。

 

①edion.com‎の値段と価格.comの値段を調べる

郊外型メインの家電量販店であるエディオンのお店は激戦区というわけではないので、他店対抗を出しにくい。
だが、やはり値下げ交渉の時には、インターネットの価格を知らずして最安値はありえない

必ず、edion.com、ヨドバシ.com、ジョーシンWeb、ビックカメラ.com、ヤマダウェブの値段はチェックしておこう。
有名な商品なら価格.comで全て確認することもできる。

特にヨドバシカメラ、ビックカメラ、ジョーシンの3社はネット販売が強いのでこの価格は一つのベンチマークになる。

 

②お店では値札を見ること

店舗によって違うのだが、値札を見る事が大切。

「店長おすすめ」「厳選商品」と書いていたり、「値札の裏が黄色い」などは見落としてはいけない。

「値札の下に数字が書いてありその数字を店番号で割ると底値が分かる」という情報はもう古く、今はこれは使われていないので注意。

エディオンも、価格交渉は基本的には社員でするということが徹底されている。
アルバイト相手にいくら粘っても無駄なので、さっさと「買うつもりだが、他店でこの値段だったんだけど?」と言って社員を呼んでもらおう。

 

③ライバル店の価格を伝える(最安値を)

予め他店の安値、価格.comの最安値をチェックしていれば、その値段よりもほんの少しだけ低い値段を伝えよう。
10万円が最安値の場合は「9万9千円でポイント10%つけるって言ってました」などと、現実的な数字を言うのがポイント。

極端な安値は逆に諦められて、相手をしてもらえなくなるので注意。

 

④クレジットカード

エディオンでもクレジットカードがあり、JCBエディオンカードというものがある。
新規加入にはノルマがあるので、ノルマ達成のために更に値引きをしてくれる場合もある。
「これクレジットカード入れば何か値引きとかポイントアップのキャンペーンとかあるんですかね?」

と聞いてみるといい。

既にノルマを達成している場合はクレジットカードでの更なる値引きはできない。

これで最安値を引き出せるはずだ。

関連記事:

ヨドバシカメラで底値で買う方法。

ビックカメラで底値で買う方法。

コジマで底値で買う方法。

ジョーシンで底値で買う方法。

ケーズデンキで底値で買おう。

ヤマダ電機で底値で買う方法。

ヨドバシカメラで底値で買う方法。

エディオンの暗号は?値札で値引き交渉をしやすい商品を判断する方法

この記事も読まれています