「一眼レフ」タグアーカイブ

【デジタル一眼を値切る】ビックカメラ社員に聞いた。ビックで一眼レフカメラを最安値まで値切ってみた

ネットとビックカメラはどっちが安い?

ビックカメラの社員に聞いた方法でミラーレスデジタル一眼を最安値まで値切ってみた結果。

値切れる商品と値切れない商品があった。

最安値以下まで値切る方法と、その条件を紹介。

条件1. お店に行くことが苦痛ではない
条件2. 欲しいデジカメの機種にこだわりがない
条件3. 半年~1年以内に発売された機種が欲しい
条件4. ポイント還元でもいい

値切る方法. 他店対抗価格で現金値引き

 
 

条件1. お店に行くことが苦痛ではない

まずは、お店で買うのでお店に行く必要がある。

ビックカメラ.comもあって、保証や安心感という意味ではビックカメラ.comでもいいのだが、残念ながら、ビックカメラ.comではカメラは最安値では買えない。

交通費や時間の問題もあるが、ビックカメラのお店に気軽にいける方がいい。

というのも、ビックカメラでは「セレクト商品」と呼ばれる商品がある。
bic-kizuna

セレクト商品毎月変更される。しかもネットでは分からないので、お店に行く方が、値引きしやすいデジカメも分かりやすい。

 
 

条件2. 欲しいデジカメの機種にこだわりがない

ビックカメラでは、ミラーレス一眼レフでも、どのメーカーでも値引きができるわけではない。

例えば5月のこと、

CANON EOS M3 ダブルズームキット」は全く最安値まですら値切る事ができなかった。

SONY α6000 ILCE-6000Y ダブルズームレンズキット」は最安値以下まで値切ることができた。

これは、先述のセレクト商品が関係している。

「今月中に必ずOLYMPUS PEN-F 12mm F2.0レンズキットが欲しい。」

と思っている人は、最安値以下まで値切れる保証はない。

逆にメーカーや商品に強いこだわりがない人で、

「この3機種のうちどれかが安く買えればいいや。」

と思っている人は最安値以下まで値切ることができる。

 
 

条件3. 半年~1年以内に発売された機種が欲しい

大手量販店では、基本的に現行モデルしか取り扱っていない。

まれに型遅れ商品を大量にメーカーから購入して、特価商品として売り出すことはあるが、これはまた別の話だ。

特価商材以外の製品は基本的に価格.comの方が安い。

家電量販店で最安値以下を狙うのは、新モデルが欲しい場合だけだ。

逆に、安く売れ残り品を買いたい、もし買えないまま売り切れてしまってもかまわないという人は、ネットで型遅れ商品を探すか、家電量販店の特価商材を狙う方がいいだろう。

 
 

条件4. ポイント還元でもいい

ビックカメラで値切りの目標は価格.comの最安値よりも安くしてもらうことだ。

価格.comの最安値で10万円のミラーレス一眼を買う場合を例にしよう。

ビックカメラやヨドバシカメラの特徴として、現金値引きは嫌がられるということだ。

「ポイントはいらないから9万円にして。」

と価格交渉しても、交渉は決裂する場合が多い。

ポイントありきの最安値を許容しよう。

ポイントで支払った分にはポイントはつかない。なので、10%ポイントの場合は10%につくべき10%のポイントはつかないことになるので、実質9%現金値引きと同等と言える。

それを踏まえた上で最安値以下を目指して値引き交渉をしよう。

 
 

値切る方法. 他店対抗価格で現金値引き

引き続き価格.comの最安値で10万円のミラーレス一眼を例に説明しよう。

「ヤマダで10万3千円円のポイント10%にするって言われたけど?ビックカメラで値段出せるならビックで買いたい。」

という風に、ライバル店の価格だという設定で交渉すること。

「価格.comの値段」と言ってはいけない。

10万3千円円にポイント10%だと、実質価格9万7千円前後になるので、かなりお得。

更に、ポイントアップを狙ってみるのも有効。

「ヤマダ電機でポイント12%にしてくれるって言ってた。」

などという事で、最安値から更にポイントもアップすることもできるかもしれない。

 
 

この記事も読まれています

【デジカメはケーズで安い】ケーズデンキでカメラを値切って安く買う方法。ケーズ社員「現金値引きがお得。」

ケーズデンキでデジカメや一眼レフを安く買う方法

ポイントカードがないケーズデンキは大手家電量販店の中でも現金値引きが分かりやすい。

実際に払う金額は一番値引きしてもらいやすいので、ポイントを貯めていない人にはケーズがおすすめ。

そんなケーズで価格.comより安く買う方法をケーズデンキの社員に聞いてみた。

 
 

1. 買いたいデジカメの機種の値段を調べる

ケーズデンキは旧製品や型遅れが安い。新製品は安くないので、新商品が欲しい場合は、メーカーの商品ラインナップが入れ替わる時期を待った方がいい。

コンパクトデジカメは半年ごと、一眼レフは半年~2年ごとが多い。

まず、欲しい機種とメーカーを決めよう。

ちなみに、ケーズデンキで大幅値引きを目指すならSONY、Panasonicが値切りやすい。

Canon、Nikonは強気な場合が多い。

ただ、これはあくまでも傾向なので、時期によってはCanonがキャンペーンをしていたりすることもある。

ケーズデンキのオンラインショップではキャンペーン商品は分からないので、店舗にいく必要がある。

キャンペーン商品は毎月変わるので、月末に購入予定なら、月の中旬あたりにでもお店を簡単に下見しておくといいかもしれない。

ks-tokusen

店員さんに(メーカーから来てる店員さんはダメ)に今お勧めの商品どれですか?と聞くと、キャンペーン商品を勧められる事が多いので参考にしよう。

また、値札にも「大特価」や「特選」と書かれている場合も多い。

ks-daitokka

 
 

2. 価格.comで最安値を確認

あまり、ネットの価格対抗はしてくれないケーズデンキ。でもポイントシステムがないので、現金値引きの交渉は可能。

ケーズデンキ オンラインショップはあるが、あまり安くないのでケーズの公式オンラインは無視してもいい。

価格.comの値段は絶対に、店に行く前に調べておく。

ケーズデンキの店頭、売り場でスマホで価格.comの値段を確認するのは絶対にやめよう

ネット価格に対しての値引き交渉をすると「ネット対抗は出来ません」と最悪な態度で断られてしまう場合もある。

 
 

3. ケーズデンキで最安値を出してくれる価格交渉相手の選び方

欲しい機種のデジカメや一眼レフが、ケーズの拡販商品になっていれば、最安値は簡単に出してもらえる。

ただし、値切り交渉をする相手を選ばなければならない。

ケーズデンキでは値段交渉はケーズの社員しかできない
アルバイトやメーカーから来ている店員さんでは、大幅値引きはできないので、必ずベテラン社員と交渉しよう。

ke-zu-syain

首から吊っているバッヂや、胸についている「○○マイスター」、もしくは、腕に巻いている腕章がバイトよりも多い人を狙うように。

 
 

4. ケーズで最安値を引き出す値引交渉テクニック

最低でも価格.comの最安値より安くしてもらう。

ただし、本体価格が元々6980円などの場合はハッキリ言って大幅値引きは難しい。

値切り交渉をして、「できません」と言われたら、食い下がらずすぐ諦めよう。

例えば、狙い目の一眼レフのダブルレンズキットが、価格.comの最安値で10万円だったとする。

ケーズデンキはポイント制がないので、ビックカメラやヨドバシカメラなどの大量ポイントでお得感を出すタイプの量販店は価格交渉の引き合いとして使いにくい。

なので、ポイント1%やポイント無しも結構やっている、ヤマダがおすすめ。

「ヤマダ電機で9万8000円のポイント1%にしてくれるって言われたけど、ケーズで値段出せるならケーズで買いたい。」

などと、ライバル店の価格だという設定で交渉すること。

「価格.comで10万だったからそれより安くして。」

などと言ってしまっては値引きは交渉は失敗におわるだろう。

価格.comよりもう少しだけ安い値段で言うが、ヤマダ電機で価格交渉をしたらその値段になったという設定にしておくこと。

11万が底値ですなどと言われた場合は、拡販商品ではない可能性が高いので、別機種で交渉するか、どうしてもその機種が欲しいなら諦める方がいい。

 
 

覚えておこう

値引きの一番の武器は、値引きをしてもらいやすい社員さんと仲良くなる事だ。

はっきりと、「この値段までなら値引きできる」という線引きがあるわけではない。その場での采配になるので、高圧的な態度を取らず、和やかに迅速に価格交渉をしていこう。

簡単な例を、ケーズデンキで値切れる言い方。好かれる交渉方法。 にまとめているので参考に。

あらかじめ価格.comよりも低い値段で買えるならば、サービス面、保証面では大手量販店の方が何かと安心だ。

ついでに、おまけの洗剤やお菓子なんかももらえるかもしれない。