「翻訳ファイル」タグアーカイブ

BuddyPressのサイドバーウィジェットのログイン文言変更「登録」→「新規登録」に WordPress BuddyPressカスタマイズメモ

BuddyPressのWigetの「登録」を「新規登録」にする

WordPressのSNSプラグイン、BuddyPressを導入すると不特定多数のメンバーが参加することになるので、できるだけわかりやすくしたい。


登録を
 ↓↓↓


新規登録に変えておく。
 

翻訳ファイルに変更を加える

poeditを使って、buddypressの翻訳ファイルを編集する必要がある。

poeditの入手方法と、基本の使い方は下記ページを参照。

【poeditのインストールと使い方】WordPressで「カテゴリ」を「カテゴリー」にしたい場合など

.poファイルを編集して.moファイルを作る。

今回変更したいのは、BuddyPressのウィジェットの「登録」なので…

wp-content/languages/pluginsのフォルダの中の
buddypress-ja.poファイルをFTPソフトでダウンロードして開く。

編集→検索で「登録」と入力して検索すると、

もろもろ出てくる。今回は文中の「登録」は無視して、1つの単語だけで「登録(元は英語のRegister)」である部分を見つける。

翻訳:の欄が「登録」になっているはずなので、「新規登録」と書き換えて、保存する。

この時に出力される.moファイルと合わせて、FTPソフトでアップロードして終了。

この記事も読まれています

【poeditのインストールと使い方】WordPressで「カテゴリ」を「カテゴリー」にしたい場合など

言語ファイルを編集して、言葉を自由に変更する方法

分かりやすく言うと、Wordpressは元々英語のものなので、日本語や、他の言語に翻訳する場合は、言語ファイルと呼ばれるものを使用している。
Wordpressでは、.moファイルが言語を定義している。
 
人にはそれぞれこだわりがあるので、「カテゴリ」と訳されているが「カテゴリー」にしたい!とか思う人もいるだろう。
 

Podeitと、.poファイルをダウンロードする

Poeditはここからダウンロードしてインストールしよう。
http://poedit.net/

 
インストールが完了して起動すると、こんな感じの画面が出てくる。
poedit-installed

これで「.poファイル」を編集しよう。

ちなみに.poファイルは

「/あなたのドメイン.com/html/wp-content/languages」

の中にある。環境によって変わるので自分のサーバーの中で探すべし。

FTPソフトなどで

「ja.po」

をダウンロードしよう。
ja.ponoyatu

 

Poeditを設定しよう

「ファイル」→「設定」から設定画面へ行き、
.mo-create
「保存時に.moファイルを自動生成する」にチェックを入れておこう。

WordPressで実際に動いてるのは.moファイルなので、.poファイルを編集しアップロードするだけでは変更は反映されないので注意。

 

.poファイルを編集して.moファイルを作ろう

.poファイルをPoeditで開いて、対応する言葉を探し出して編集、保存。
.po-edit
こんな感じ。特に何も考えなくても大丈夫。

注)友達のパソコンで、これをやって、Wordpressの色々な単語を「うんこ」とかに変えたらヤバイことになる。

 

FTPでアップロードしよう

保存したら勝手に出来る

「ja.mo」

をFTPで上書きアップロードすればOK。