【解決済】iPhoneの「最近削除した項目」を削除しても容量が回復しない時の対処法

iOSのアップデートのタイミングなどで、iPhoneの容量が足りずに、写真や動画を削除し、「最近削除した項目」全部削除したのに空き容量が増えない

iOSのアップデートや、アプリをインストールしようとしたら容量不足になる時がある。
iPhoneはSDカードを入れて容量を増やすことはできないので、容量を増やすには主に下記の方法しかない。
・不要なアプリを削除する
・キャッシュを消す
・写真を消す
・動画を消す
 

アプリは全部必要、キャッシュなんか消したって焼け石に水

そんな時には、写真(フォト)と動画(ビデオ)を消すしかない。
写真や動画を消して、いわゆるPCのゴミ箱のような役割をする「最近削除した項目」の中身も全部削除しても容量が減らない場合がある。

そんな時はiCloudが悪さをしている場合があるので、こちらを試してみよう。
 

iCloudは写真やアプリ、履歴をバックアップしてくれる便利機能だが、「最近削除した項目」を中途半端に同期している最中とかだと、最近削除した項目をiCloudで変に同期していることが原因だ。
 

「最近削除した項目」を削除しても容量が増えない場合

「設定」の歯車→「写真とカメラ」から設定を行う。

「iCloud フォトライブラリ」がOFFの場合、ONにして、同期が完了するまで待つ。数時間かかる場合もある。
ONの場合はそのまま待つか、一旦OFFにしてから再度ONにしてみる。
iCloudの容量がいっぱいの場合は、一生同期が終わらない(もしくはONにできない)ので、それはまた別問題。この記事の最後にメモを書いておく。

↓↓
フォトの中の不要な写真が復活している可能性があるので削除。
↓↓
「最近削除した項目」の中に写真も全て削除。
↓↓
PCがある場合は、PCも同期を行っておく。写真は消えているはず。
↓↓
「iCloud フォトライブラリ」をOFFに戻す。元々ONの場合はONのままでいい。

これで空き容量が増える。
 

iCloudの容量がいっぱいの場合

設定(歯車)→一番上の名前の部分→iCloud→ストレージを管理→「写真」が多いはず。

「写真」を選択して、「無効化して削除
※写真以外が多い場合は、その容量多いヤツを選ぶ。

これでiCloudの容量は減る。

この記事も読まれています

コメントを残す