「iphone」タグアーカイブ

【解決済み】Googleファミリーリンク13歳以上になった後の設定方法、「管理ツールを設定」画面でスマホに赤く「!」が出て動かない

13歳の誕生日後、ファミリーリンク親アプリで、子供の情報が見れなくなる

中学生になり、子供の年齢が13歳以上になるとGoogleのファミリーリンクアプリが使えなくなる。

状況は下記の通り。

・13歳の誕生日の後もしばらく普通に使えていた
・GPSの監視などができなくなった
・子どもが自分で解除したわけではない(解除したら解除しましたよとメールが来る)
・画面ロック等の機能も使えない
・夜間の自動ロックなどもかからない

昨日まで見れてたのに、親のファミリーリンクアプリを見ても、スマホが赤で「!」、「管理ツールを設定」「詳細」以外何も見えない。

「管理ツールを設定」は何も反応しない

「詳細」を押しても意味はない。何ができるのかという文章が読めるけど、読めるだけで実際には何もできない。

こんな時の解決方法。
 

子どもスマホにファミリーリンクアプリをインストール

使えない原因は、簡単に説明するとこんな感じ。

13歳未満の場合は→
親Googleアカウントに紐づけされた、子Googleアカウントをファミリーリンク経由で作っていた。

13歳以上になると→
子Googleアカウントが親Googleアカウントから独立するので、子Googleアカウントに対しての親ファミリーリンクのリンクが死ぬ

というわけで、解決方法は、

子スマホのファミリーリンクアプリから子アカウントを一旦削除。

子スマホに新しく
18歳未満のお子様向けGoogleファミリーリンク
というアプリをインストールする(子のPlayストアから)。

Googleのサポート情報はこんな感じ。

子ファミリーリンクアプリ→左上のメニューからアカウント削除→削除→パスワード入力で削除

子スマホでFalmilyLinkアプリをアンインストール

ちなみに子スマホでアプリをアンインストールしてもアプリのアイコンは見えたままになる(30日後に消える)

子スマホで新しく「18歳未満のお子様向けGoogleファミリーリンク」をインストール完了して開いて

その後、再度、親ファミリーリンクとリンクさせる。
 
なお、一部機能が正常に動かない場合(ロックはできるが、GPSだけダメとか)は、親スマホのファミリーリンクアプリ、ファミリーリンクマネージャーもを一旦アンインストールして、もう一度インストールしなおしてから設定するとうまくいく場合もある。
 

それでも解決しない場合、現在のファミリーリンクの状況確認方法は下記。
 

PC版(Web版)でログインして状況確認

Webブラウザで「ファミリーリンク」と検索して、Android で使っているGmailのアカウントでログイン。

こんな感じでファミリーリンクでリンクされているメンバーが見える。

子が見えてない場合は、そもそもリンクされてないので、初期設定から再開。

子をクリックすると、「このアカウントはファミリーリンクで管理されています」と見える。

管理されていますと出るのに、デバイスの設定を見ると「赤!」
→ つまりリンクはできてるのに端末情報が得られない。

次に、メールを確認。
メールの通知はちゃんと来てるが、「子がファミリーリンクの解除を行いました」といった趣旨のメールは来ていない。
つまり、子の造反により、リンクが解除されたわけではない。

試しにアプリをインストールすると、
アプリインストールの通知は届く。

通知は届くのに、ロックやGPSでの位置情報が見えない状態。

この時は、18歳未満用のファミリーリンクのアプリを子スマホにインストールするといい。
 

余談だが…

ファミリーリンクアプリの親アプリの評価は上々で、☆4つぐらいある。

しかし、子アプリの評価がひどく☆1個しかない。

レビューの中身を見ると、子供側の評価が
「くそアプリ、うざすぎる」

「ホントうざい、Google何考えてるの?俺高校生だぞ?」

「ゴミアプリはやくサービス終了してくれ。不便でしかない。事あるごとに親に制限かけられてLINEできなくなって仲間外れにされてるんだぞ、「親に宿題やれって怒られてロックされたんだわ」とか恥ずかしくて言えねーよ。この世から消え去れクソアプリが。」

と散々だ。

子どもの健やかな成長のためにも、13歳以上の導入は子供と親でよく話し合った上で使ってください。
とGoogle自身も語っている。

この記事も読まれています

iPhone, Androidでスマホのタップ(クリック)で電話を掛けるリンクを、PCで無効にする方法

スマホページで画像バナーをタップで、電話発信させる方法

 
リンクや画像をタップするだけで電話をかけることができる機能がある。
SafariやSkypeをインストールしている場合、普通の電話番号をリンクにする機能がある。
この機能には色々と問題点があるので、それをクリアしていこう。
 

従来の<a href=”tel:xxxxxx”></a>の方法の問題点

 
<a href=”tel:01-0000-0000″>01-0000-0000</a>
と、リンクにしておくと、タップ(クリックすると)
tel-tap-to-submit
 
こんな感じのダイアログが出てきて通話ができる機能だ。
 
しかし、このリンクをPCでクリックしてしまうと、
 
tel-link-error
 
こんな感じのエラーが出てきて嫌な感じになる。
 
これを解決する方法はいくつがあるが、iPhoneだけでなくAndroidにも対応する方法を紹介する。
 

<span>を使って、PCの時にリンクにならないようにする方法

 
まず、HTMLファイルの電話のリンクにしたい部分を

<span class=”tel-link”>01-0000-0000</span>

 

と記述する。
 
これは、span なので、当然リンクにならない。PCでクリックしても何も起こらない。
 
スマホの時にこれをリンクに書き換える必要があるので、
 
jsファイルに

$(function(){
var ua = navigator.userAgent;
if(ua.indexOf(‘iPhone’) > 0 || ua.indexOf(‘Android’) > 0){
$(‘.tel-link’).each(function(){
var str = $(this).text();
$(this).html($(‘<a>’).attr(‘href’, ‘tel:’ + str.replace(/-/g, ”)).append(str + ‘</a>’));
});
}
});

と書いておく。
 
分からなければ、ここから右クリックして「リンク先を保存(言葉違う可能性あり)」tel-link.jsをダウンロードしよう。
 
あと、jQueryが必要なので。こちらもダウンロードしておこう。既に導入済みの場合は新たにアップロードする必用はない。
jquery-1.11.3.min.js
 

HTMLファイルにjsファイルを読み込ませる記述

 

<head>
…….中略……
<script type=”text/javascript” src=”js/jquery-1.11.3.min.js”></script>
<script type=”text/javascript” src=”js/tel-link.js”></script>
</head>

 
という感じで、

<span class=”tel-link”>01-0000-0000</span>

と記述したHTMLファイルのheadの間に記述。

 

jsファイルをアップロードして搭載

 
jquery-1.11.3.min.js
tel-link.js
HTMLファイル

 
上記3つをサーバーにアップロードする。
 
 
完了。
 
 
 

関連記事:
スマホやSkypeでホームページ上の電話番号の自動リンクを無効化する方法

画像リンクをタップして電話発信するiPhone, AndroidのバナーやボタンをPCで無効にする方法

画像リンクをタップして電話発信するiPhone, AndroidのバナーやボタンをPCで無効にする方法

スマホページで画像バナーをタップで、電話発信させる方法

 

従来の<a href=”tel:xxxxxx”></a>の方法は絶対NG

 
<a href=”tel:01-0000-0000″>01-0000-0000</a>
と、リンクにしておくと、タップ(クリックすると)
tel-tap-to-submit
 
こんな感じのダイアログが出てきて通話ができる機能だ。
iPhone, Androidでスマホのタップ(クリック)で電話を掛けるリンクを、PCで無効にする方法
でも紹介した通り、spanをリンクにしてスマホで電話発信する事ができる。
これでPCでクリックしてしまっても、
 

アドレスのプロトコルが不明です
telというプロトコルはどのアプリケーションにも関連づけられておらず、
Firefox でこのアドレスを開く方法が分かりません。
・このプロトコルを使用するアドレスを開くには、別のソフトウェアをインストールする必要があるかもしれません。

 
というような、エラーメッセージが出てくることはない。
 
ただし、iPhone, Androidでスマホのタップ(クリック)で電話を掛けるリンクを、PCで無効にする方法では、文字リンクにする必要があった。
 
これを画像リンクやバナー、ボタンで行う方法。もちろんiPhoneだけでなくAndroidにも対応する方法を紹介する。
 

<span>を使い、PCでリンクにさせない

 
まず、HTMLの電話のリンクにしたい部分に

<span class=”tel-link”><img src=”img/co_contact.jpg” alt=”0100000000″ /></span>

 
と書く。

alt から電話番号を取得するので、必ず記入する事!
 
jsファイルに

$(function(){
var ua = navigator.userAgent;
if(ua.indexOf(‘iPhone’) > 0 || ua.indexOf(‘Android’) > 0){
$(‘.tel-link img’).each(function(){
var alt = $(this).attr(‘alt’);
$(this).wrap($(‘<a>’).attr(‘href’, ‘tel:’ + alt.replace(/-/g, ”)));
});
}
});

と書いておく。

分からなければ、ここから右クリックして保存などで、tel.jsをダウンロードしよう。

あと、jQueryが必要なので。こちらもダウンロードしておこう。既に導入済みの場合は新たにアップロードする必用はない。
jquery-1.11.3.min.js
 

拡張子やファイル名がちゃんとなっているか注意!

HTMLファイルにjsファイルを読み込ませる記述

 

<head>
…….中略……
<script type=”text/javascript” src=”js/jquery-1.11.3.min.js”></script>
<script type=”text/javascript” src=”js/tel.js”></script>
</head>

 
という感じで、

<span class=”tel-link”><img src=”img/co_contact.jpg” alt=”0100000000″ /></span>

と記述したHTMLファイルのheadの間に記述。

 

jsファイルをアップロードして搭載

 
jquery-1.11.3.min.js
tel.js
HTMLファイル

 
上記3つをサーバーにアップロードする。
 
 
完了。
 
 
 

関連記事:
スマホやSkypeでホームページ上の電話番号の自動リンクを無効化する方法

iPhone, Androidでスマホのタップ(クリック)で電話を掛けるリンクを、PCで無効にする方法

この記事も読まれています