圧倒的透明度。水中石膏洞窟

ロシアのオルダ洞窟というところです。
ロシア西部のウラル地方にある世界最長の水中石膏洞窟で、天然記念物とされており、2008年にユネスコ世界自然遺産に登録。
全長約4.8km、深さ約200mもあり、水中の視界は約46mもあるそうです。

この記事も読まれています

生きた天然の橋。幻想的過ぎる

インドの北東部の奥地にあるメーガーラヤ州のチェラプンジというところは「生きた橋」がある。

ここはしょっちゅう洪水が起こるので、通常の橋は激流によって流されます。
そのため地元住民たちは強靭な根を持つゴムの木を、10年から15年もかけて対岸へと誘い、50人ほどが渡っても耐えうる「樹木の橋」を実現させました。
尚、橋は二重になっていて、優に500年以上の時間を経過し、いまなお成長し続けているそうです。

マジで凄い魔法の王冠。空中に浮かんでいる。

この王冠、正真正銘トリックなしで、下から吹き上げる噴水の圧力のみで浮かんでいる。
水圧は後ろにあるハンドルで調整可能で、王冠の高さが変わる。何気に脅威の映像。
秘境でもなんでもなく、ロンドンから電車で普通に行ける、イギリス南部のアランデル城の庭にある。

チャーチル首相の住んでいた家Chartwell

チャーチルはこの家に住み、イギリス本土爆撃を試みたドイツ軍の戦闘機を見ていたらしい。
イングランド南部はドイツ軍の猛攻にさらされたが、安全地帯に避難することは最後まで拒否して、ドイツ軍爆撃機を護衛するメッサーシュミットと、制空権を渡すまいと奮戦するスピットファイアの激戦を肉眼で見ながら国の舵取りを行った。

明日試したくなるカスタマイズ、ネットな日々に役立つ小技と、たまに旅行の妄想と。