「サーバー」タグアーカイブ

WordPressの最も簡単なバックアップ方法。データベースと画像のバックアップ。サーバークラッシュに備えよう

WordPressのバックアップは大丈夫?データベース(記事内容)、画像、とテンプレートのバックアップ方法

 
ブログを一生懸命書いても、ミスでテンプレート上書き(アップデートも含む)してしまったり、サーバーに不具合があったり、プラグインの相性が悪くデータベースが壊れてしてしまったりする。
 
大切なブログのデータをバックアップして守ろう。
 
 

WordPressの全データをバックアップしよう

 
 
大きく分けて、バックアップには3つの手順が必要。
 
1. データベース(書いた記事の文章)のバックアップ
2. 画像・写真のバックアップ
3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ
 
 

1. データベース(文章)のバックアップ方法

 
絶対に必要なものがこれ。データベースのバックアップだ。これは書いた文章そのもの。最も大切なものだ。

これにはphpMyAdminを使ってデータベースをダンプ(つまりエクスポート)する方法と、プラグインを使う方法がある。

phpMyAdminはややハードルが高い人もいるかと思うので、ここではプラグイン「WP-DBManager」を使う方法を紹介する。

まず、プラグインのWP-DBManagerを入れる。プラグインの新規追加で「WP-DBManager」と検索すればすぐ出てくる。

プラグインを有効化してから→「DB Options」をクリック。
db-backup

MySQLダンプのパスとMySQLのパスは自動で入力されているはずだが、サーバー環境によっては自動で入力されない場合もある。
“no mysqldump in /usr/local/bin /usr/bin /bin”となっていると、自動で入力されていないので自分で入力しなきゃいけない。

自動で入力されている場合は触らなくてOk。

自動で入力されないサーバーの代表格がお名前.com共有サーバーSD

この場合手動で下記入力
Path To mysqldump:
/usr/local/mysql/bin/mysqldump

Path To mysql:
/usr/local/mysql/bin/mysql

db-backup-bk1

バックアップフォルダへのパスは自動で入力されるはず。こんな感じで。
Path To Backup:
/export/sd203/www/jp/r/e/gmoserver/9/2/xxxxxxxx/xxxxxxx.com/blog/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/backup-db

db-backup-bk2

ちなみに確認方法は、
FTPで、Path To Backupのパスを見る。バックアップフォルダが自動で出来ている場合は、その中の、「1450050232_-_DB名.sql」というのがDBバックアップ。自動でバックアップフォルダが出来ていない場合(サーバーの仕様による)手動でbackup-dbと言う名前のフォルダを作るなどの作業が必要な場合もある。

心配ならDBバックアップはローカルに移しておくといい。

これで文章データは週1回自動でバックアップされていく。「DB Options」の画面でバックアップ頻度とかは変えられる。

テーマとか、テンプレートのカスタマイズのバックアップ、画像のバックアップをする場合は、wp-contentのフォルダをローカルに移しておけ。

 
 

2. 画像・写真のバックアップ方法

 
画像のバックアップもしておこう。文章データ(データベース)と画像データがあれば、仮にサーバーがクラッシュした場合であっても、記事の復元は可能なので安心だ。
 
wp-content/uploads の中にアップロードした画像や写真が保存されている。不安ならこれをFTPソフトなどで、ローカルに移動させておくといい。

2015/12
2016/01
2016/02

などと、年月毎にフォルダに格納されている。
images-backup

これで月が替わるごとにバックアップすれば完璧だ。

 
 

3. テンプレート(ブログの外観)のバックアップ方法

 
更に、テンプレートをカスタマイズしている場合は、テンプレート(ブログの外観)もしておこう。これは再びテンプレートphpフィアルを編集しない限りは最初の1回だけのバックアップで大丈夫だ。
 
wp-content/themes の中身をFTPソフトでローカルに移しておこう。

ちなみに、テンプレートは全くカスタマイズしていない場合、基本的にはバックアップは不要。

この記事も読まれています

【ヨドバシ福袋攻略】2016年 ヨドバシカメラ福袋再販売決定の徹底攻略法

ヨドバシ福袋攻略法

2016年夢のお年玉箱についての重要なお知らせ

平素はヨドバシ・ドット・コムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2016年夢のお年玉箱について、本日2015年12月17日午前9時より、ご予約受付を行わせていただきましたが、アクセス集中による不具合が発生し、一旦ご予約受付を終了させていただきました。 
本日ご予約受付できなかった分につきましては、改めて2015年12月21日午前9時よりご予約を再開させていただきます。

なお、本日ご予約いただきましたお客様の整理券は有効です。
有効期限内のお手続きをお願いいたします。
お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

ヨドバシ・ドット・コム

という記事が、現在yodobashi.comに掲載されている。

yodobashi_saihan

ヨドバシ福袋が再販決定しました!

まずは、社員が教えるヨドバシカメラの福袋”夢のお年玉箱”の中身 2016年を見て欲しい。自分の欲しい商品は何かを厳選しておこう。
1つの住所につき、福袋は1個しか買えない。全てを買うことはできない。

攻略ポイント

2015年まではガラケーでヨドバシ.comにアクセスすると、アクセス集中が少なく、確保しやすいという噂があった。しかもそれは事実だったのだが、2016年はガラケーでのアクセスは不可となっている。

アプリも使えない。

実はヨドバシの福袋は、商品ごとにアクセス制限を掛けている。17日に挑戦した人は分かるだろうが、RULでは、「limit=0000586」 や、「limit=0000552」などとなっていたことを覚えているかもしれない。
つまりこれは、商品ごとにアクセスを管理しているという事になる。

しかし、実は、ゴルフで整理券を貰っても、おもちゃで整理券を貰っても、後から専用の注文ページからは何の商品でも買うことが出来る

iPadや一眼レフなど人気商品は、アクセスが集中する商品は避け、釣具などの人気のない商品を狙い、整理券を貰って、注文URLが記載されたメールアドレスから欲しい商品を狙う方が断然有利だ。

※上記情報は現在は無効!変更されています!2016年の再販売に関しては、選んだ商品しか買えないので注意!

人気のある無しは社員が教えるヨドバシカメラの福袋”夢のお年玉箱”の中身 2016年を見て確認して欲しい。

この方法を活用し、実家や家族の家などを活用して複数福袋を確保した猛者もいる。

みんなも是非この手法を活用して欲しい。

この記事も読まれています

ECCUBE スマホサイトのカスタマイズ。リンクの色を変えるには

ECCUBE 2.11.4-2.13系まで確認

ECCUBEのスマホサイトのカスタマイズ。元々完成度はかなり高いが、少しカスタマイズしてみた。

文字リンクの色。まず、
/ドメイン名/user_data/css/common.css
a:link
とかを変えても何もスマホサイトには影響しない。

ソースを辿ってみると、どうやら、

/ドメイン名/user_data/packages/sphone/css/jqm.css
の一番下。
.ui-link:link
の部分でスマホサイトのリンクの色を制御している。

うーむ。分かりにくい!

この記事も読まれています

海外の無料ホームページスペースおすすめトップ10

海外の無料ホスティング事情

インターネットの世界ではアクセスを集めるサービスの95%以上が英語媒体だと言われている。
ページ数で言うと英語ページは30%程度なのだが。そこに95%以上のアクセスが集中しているわけだ。

national-flag-icon

世界のアクセスの95%は海外のホームページスペースや、海外のサーバーに集まっている。

例えばFacebookなどでは、もちろん普段使っているページは日本語だろうが、でも、それは英語サイトの日本語翻訳ページなわけだ。

 

なぜ海外でホームページ作るの?

先述の通り、マーケットの広さは日本国内の比ではない。可能性は無限大だ。

決して、国内サーバーに載せたら著作権や肖像権で訴えられるのを避けるために海外サーバーにデータを逃がすとかじゃないよ。

 
日本語OKのところもあるよ。
 
website-img

トップ10

概ねおすすめ順。

1. Biz.nf
PHPが使える。
MySQLのデータベースも使える。
WordPressの簡単インストール可能
Joomlaの簡単インストール可能。
無料ドメイン(.co.nfのもの)。
広告無し

2. Free Hosting EU
無料ブログ。
無料サイトビルダー。
無料ドメイン(.eu.pnのもの)
広告無し。

3. Wix.com
ある程度は日本語OK
無料サイトビルダーでHTML5、Flash、スマホサイトなど制作可能。

4. AwardSpace.net
PHPが使える。
MySQLのデータベースも使える。
広告無し。
無料サブドメイン。

5. Biz.ly
無料サイトビルダー、ブログビルダー。
無料フォトアルバム。
無料ドメイン(.biz.ly)。

6. ByetHost.com
PHPが使える。
MySQLのデータベースも使える。
無料Wikiシステム。
無料サブドメイン。

7. Host-ed.net
PHPが使える。
MySQLのデータベースも使える。
無料簡単スクリプト(CGIなど)。
広告無し。
無料サブドメイン。

8. x10Hosting.com
cPanelのコントロールパネル。
PHPが使える。
FTP機能。
広告無し。
無料サブドメイン。

9. Yola.com
無料サイトビルダー。
無料動画投稿、写真投稿用ページビルダー。
無料ショッピングカートシステム。

10. Webs.com
無料サイトビルダー。
無料ブログ。
無料メールフォーム。
無料サブドメイン。

無料なので、一定期間ログインがしないまま放置したりすると広告が出てきたり、などの制約があるホスティングサービスもある。

この記事も読まれています

お名前.com 共用サーバーSDって実際どうよ?

お名前.com 共有サーバーSDの限界

 

今やレンタルサーバーの最大手に上り詰めたGMOのお名前.com。

色々悪口も言われているが、総じてコストパフォーマンスは非常に高い。
特にWordPressを始めたい人初心者には強い味方だ。かくいうこのサイトもお名前.comの共有サーバーSDを使っている。

 

その他にも、Xサーバー、海外のJust Host、さくらのレンタルサーバ スタンダード、ロリポップ、を併用している。

併用している事でお分かりいただけるかと思うが、大前提として、全てある程度のコストパフォーマンスと安定性を兼ね備えている。

 

お名前.com 共有サーバーSD11

onamae-saever
まず共有サーバーSDだが、かなり激しく使用していた時期があった。具体的にはWordPressを5個(データベースも別で5個)、Zen Cart1個(データベース1個)程度。

共有サーバーSDではデータベースが30個まで追加可能なので、まだまだ大丈夫だと思っていたが、ある日突然限界が来た。

g-access
WordPressの1つの人気が徐々に高まり、それに合わせてサイト表示速度が遅くなっていった。
ユニークアクセスが1日10000件に近づいたあたりから、かなりの確率で500 Internal Server Errorが表示されるようになってしまった。

 

他のサイトのアクセスは多くても1日1000以下、なので、原因はハッキリしていた。

プラグインの整理、キャッシュの最適化、軽いサイトを作る方法などを試したが一向に改善せず。

 

サイトの品質が下がると、それにつれて徐々にアクセス数も低下していった。

 

そこで一念発起し、人気サイトのみXサーバーに移転させたのだ。その後、表示速度は元通りになり、アクセスも1日9000あたりで落ち着いたので一件落着。

結論は、新品状態のお名前.comよりもXサーバーの方が圧倒的に高速だという事だ。

 

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

Xサーバー

xserver1

お名前.com共有サーバーSDからの避難場所として選んだXサーバー。サーバー代金こそお名前.comより、ほんの少し高額だが、その価値はある。

安定性、表示速度はかなりのもの。

データーベース、perl、sendmailなども問題なく使える。

目下もっともおすすめするサーバーだ。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード

sakura-internet

初めて使用したレンタルサーバー。

大きな不満もないので今でも継続使用している。

サービスそのものは可もなく不可もなくといったところだが、データベースの個数制限、サブドメインの個数制限などは貧弱。

cron設定も個数制限が厳しい。

普通のホームページ用のWebサーバーとしては問題ないが、データベースなどを仕様するWordPress用としてはあまりおすすめはできない。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

Just Host

just-host

大手アメリカ系ホスティングサービスで、アメリカ、イギリス、カナダなどで最大手の一角。

2000年ごろまでは、海外サーバーは国内系に比べて安かったが、現在では国内系もかなり頑張っており、料金はほぼ同等。(サーバー代月額1000円程度)。

データベース、メールアドレス、サブドメイン、cron等は全て無制限で使用できる太っ腹ぶり。でもそんなにいらないっすよね…

国内からのアクセスは遅め。

やはり海外サーバーは海外からのアクセスをメインで考える方がよさそうだ。

逆に、英語でのサイト運用などを考えている場合は、国内系サーバーだと海外で遅くなっているの可能性もある。

体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

ロリポップ(ロリポプラン)

lolipop-server
一言で言うと、ここで挙げた中では最低のサーバー。プランによっては価格は一番安いかもしれない。

さくら同様、データベース数、cron、cgiなどの環境は消していいとは言えない。

悪名高き、データ全部消えちゃいました事件も記憶に新しいし、サイトの表示速度も残念ながらお名前.comよりも遅い。

上位プランを仕様するぐらいなら、Xサーバーなどを使うほうが断然おすすめ。

とにかく安くあげたい人向けか。
体感速度・機能や値段等の比較はこちらを参照

 

 

名称 お名前.com 共有 Xサーバー さくら Just Host ロリポップ
体感速度 × ×
DB個数 30個 30個 20個 無制限 1個
cron × 無制限 5個 無制限 5個まで
月額料金 1300円 1000~4000円 500円 8.99ドル 500円

 

 

結論

お名前.com共有→ドメインをいっぱい取りたい人におすすめ。コストパフォーマンス良。速度はそれほど速くはないが…

Xサーバー→なんといっても高速。高速サーバーが欲しい人におすすめ。2chもXサーバーを使ってるとかなんとか。

さくら→使い勝手は悪くない。可もなく不可もなく。DB数も最近拡充され意外と悪くないし、大手なので結構速い。

Just Host→DBやCronを大量に使いたい人おすすめ。あと海外向けのサービスを考えている人にも。

ロリポップ→とにかく安くあげたい人。データベースなんていらねー、月額を限りなく安く。という人向き。

 

この記事も読まれています