「ロック」タグアーカイブ

【解決済み】Googleファミリーリンク13歳以上になった後の設定方法、「管理ツールを設定」画面でスマホに赤く「!」が出て動かない

13歳の誕生日後、ファミリーリンク親アプリで、子供の情報が見れなくなる

中学生になり、子供の年齢が13歳以上になるとGoogleのファミリーリンクアプリが使えなくなる。

状況は下記の通り。

・13歳の誕生日の後もしばらく普通に使えていた
・GPSの監視などができなくなった
・子どもが自分で解除したわけではない(解除したら解除しましたよとメールが来る)
・画面ロック等の機能も使えない
・夜間の自動ロックなどもかからない

昨日まで見れてたのに、親のファミリーリンクアプリを見ても、スマホが赤で「!」、「管理ツールを設定」「詳細」以外何も見えない。

「管理ツールを設定」は何も反応しない

「詳細」を押しても意味はない。何ができるのかという文章が読めるけど、読めるだけで実際には何もできない。

こんな時の解決方法。
 

子どもスマホにファミリーリンクアプリをインストール

使えない原因は、簡単に説明するとこんな感じ。

13歳未満の場合は→
親Googleアカウントに紐づけされた、子Googleアカウントをファミリーリンク経由で作っていた。

13歳以上になると→
子Googleアカウントが親Googleアカウントから独立するので、子Googleアカウントに対しての親ファミリーリンクのリンクが死ぬ

というわけで、解決方法は、

子スマホのファミリーリンクアプリから子アカウントを一旦削除。

子スマホに新しく
18歳未満のお子様向けGoogleファミリーリンク
というアプリをインストールする(子のPlayストアから)。

Googleのサポート情報はこんな感じ。

子ファミリーリンクアプリ→左上のメニューからアカウント削除→削除→パスワード入力で削除

子スマホでFalmilyLinkアプリをアンインストール

ちなみに子スマホでアプリをアンインストールしてもアプリのアイコンは見えたままになる(30日後に消える)

子スマホで新しく「18歳未満のお子様向けGoogleファミリーリンク」をインストール完了して開いて

その後、再度、親ファミリーリンクとリンクさせる。
 
なお、一部機能が正常に動かない場合(ロックはできるが、GPSだけダメとか)は、親スマホのファミリーリンクアプリ、ファミリーリンクマネージャーもを一旦アンインストールして、もう一度インストールしなおしてから設定するとうまくいく場合もある。
 

それでも解決しない場合、現在のファミリーリンクの状況確認方法は下記。
 

PC版(Web版)でログインして状況確認

Webブラウザで「ファミリーリンク」と検索して、Android で使っているGmailのアカウントでログイン。

こんな感じでファミリーリンクでリンクされているメンバーが見える。

子が見えてない場合は、そもそもリンクされてないので、初期設定から再開。

子をクリックすると、「このアカウントはファミリーリンクで管理されています」と見える。

管理されていますと出るのに、デバイスの設定を見ると「赤!」
→ つまりリンクはできてるのに端末情報が得られない。

次に、メールを確認。
メールの通知はちゃんと来てるが、「子がファミリーリンクの解除を行いました」といった趣旨のメールは来ていない。
つまり、子の造反により、リンクが解除されたわけではない。

試しにアプリをインストールすると、
アプリインストールの通知は届く。

通知は届くのに、ロックやGPSでの位置情報が見えない状態。

この時は、18歳未満用のファミリーリンクのアプリを子スマホにインストールするといい。
 

余談だが…

ファミリーリンクアプリの親アプリの評価は上々で、☆4つぐらいある。

しかし、子アプリの評価がひどく☆1個しかない。

レビューの中身を見ると、子供側の評価が
「くそアプリ、うざすぎる」

「ホントうざい、Google何考えてるの?俺高校生だぞ?」

「ゴミアプリはやくサービス終了してくれ。不便でしかない。事あるごとに親に制限かけられてLINEできなくなって仲間外れにされてるんだぞ、「親に宿題やれって怒られてロックされたんだわ」とか恥ずかしくて言えねーよ。この世から消え去れクソアプリが。」

と散々だ。

子どもの健やかな成長のためにも、13歳以上の導入は子供と親でよく話し合った上で使ってください。
とGoogle自身も語っている。

この記事も読まれています

【解決済】WordPressのセキュリティでロックされ {“error”:”Bad Request”,”message”:”Invalid input.”} と言われて復旧できない時の対処法

WordPressでJetpackを導入している時にロックされた時の対処法

Jetpackのセキュリティ設定の中の「総当たり攻撃からの保護」が原因でログインできなくなる症状が時々報告されている。
 


曰く、
Jetpackがログインページをロックしました。
「お客様のIPアドレス(xx.xx.xx.x)はセキュリティ違反の可能性があるため、フラグが立てられました。ログインのロックを解除するには、特殊リンクをメールで自分自身に送信します。さらに詳しく」

 
と出てきてWordpressの管理者のメールアドレスを入力させられる。

そもそも管理者のメールアドレスなんか覚えてない場合が多い。
覚えてたとして、メールを送信してきても、その「特殊リンク」とやらをクリックすると
 
Google Chromeでは
{“error”:”Bad Request”,”message”:”Invalid input.”}

FireFoxで
error “Bad Request”
message “Invalid input.”

などと表示され、全然ロックを解除できない。
 
解決法は3つあるのでそれぞれ紹介。
 

解決法1:Wordpress.com から IPのセーフリストに追加

 
まず調べると出てくるのは、Wordpressにログインして、管理画面の「総当たり攻撃からの保護」の欄にセーフIPを記入しろと言われる。
しかし、そのログインができねんじゃー!である。

まあ…一時的にスマホを使ってログインしてもいいのだが。

Akismetなどを利用している場合など、高確率で WordPress.com のアカウントを持っているかと思う。

WordPress.com からも同様にセーフリストにIPを記入することができる。

WordPress.com のアカウントなど無い!もしくはあるかもしれんが忘れたわ!という人は無理なので、次の解決法2か3を参照のこと。

まず、Wordpress.com からログインする。

ログイン後、左上の「My Sites」へ移動。


問題のブログが表示されていればOKだが、されていなければ、その下の「Switch Site」で、該当ブログを選択。


下の方の「設定(Settings)」をクリック。


セキュリティ(Security)の中の「総当たり攻撃からの保護(Prevent brute force login attacks)」の下向き矢印をクリックして開く。


ここの「IPアドレスのホワイトリスト(Whitelisted IP addresses)」に自分のIPを記入する。
ちなみに自分のIPはすぐ上に記載されている。

※ここで注意が必要なのだが、JetpackのセキュリティではじかれているIPとこのIPが一致していない場合は、自分のIPではなく、サーバーのIPをはじいている場合がある。
この場合はサーバーのIPのロック画面に記載されている。(xx.xx.xx.x)も合わせて記入しておこう。

これで解決できれば完了。以下の解決法は見なくていい。

WordPress.com のアカウントとブログのリンクがうまくいってない場合は、設定ができない場合もあるので、その時は解決法2か3を試してみること。

 

解決法2:wp-config.phpにセーフIPを記入

 
FTPソフト、またはWebサーバーのファイルが見れる場所から、wp-config.php をダウンロード。

テキストファイルなどで開いて、中ほどの空白行(/* */とか書いてない場所)に下記のコードをコピペして上書きでアップロードしなおす。

define('JETPACK_IP_ADDRESS_OK', 'X.X.X.X');

x.x.x.xの部分を自分のIPにすること。


こんな感じ。色々書いてあるものは、サーバーや環境によって結構違うので、注意されたし。

これでログインできるようになる。

ログインした後は、管理画面から、Jetpackの設定で「総当たり攻撃からの保護」欄のホワイトリストIPに改めて追加しておく方が無難。

※この方法では、wp-config.phpに記載したIPアドレス1個しか、セーフリストに載らない。複雑な環境下などで、複数のIPアドレスを記載する必要がある場合は、下記を参照。

 

解決法3:プラグインのjetpackごと一時無効化

 
色々あって、どうしても無理な場合は最後の手段。

FTPソフトなどで、Webサーバーにつなぎ、wp-content/plugins/jetpack
の「jetpack」のフォルダ名を変更
する。例えば「jetpack_backup」などに。

するとプラグインの読み込み自体がなくなるので、セキュリティ設定も死に、無事ログインできるようになる。

ログインできるようになった後は、WordPress.comのアカウントを作成した後で、「解決法1」の方法で複数のセーフIPを登録する。

最後に「jetpack_backup」などのフォルダ名を元の「jetpack」に戻すと、jetpackの他の機能も含めて元に戻ってくれる。
 

上記の3つの方法のうちどれか1つで確実に解決できるはずだ。