「sysmain」タグアーカイブ

【解決済み】Windows10で起動や動作が重い時の対処法 – ディスク使用率が常に100%の場合

解決法を色々試して全然軽くならなかった時、最終的に解決できた方法

Windows10が重すぎる。
 
重いといっても、原因は様々。
CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなど重い原因が色々あるが、Ctrl + Shift + Del からタスクマネージャーを出してみると分かりやすいかと思う。
 
ちなみにスペックは、
CPU: Core i7
メインメモリ: 8GB
ネットワークは光回線のWifi。

Core i7 でメモリ8GBなので、PCが遅くなるようなスペックではないと思う。
というか持ってる、i3 メモリ4GB、のHDDのものより遥かに重い。


 

重い原因の可能性と、ダメだった解決法

 

バックグラウンドのオンラインストレージを疑う
→ 使っていないOneDriveは既にアンインストール済み、右下のタスクトレイからDropboxを停止。効果なし。
 

常駐アプリを疑う
→ プリンターの常駐監視ソフトを停止、スタートアップも切る。効果なし。
 

再起動する
何回やってもダメ。
 

自動 Windows Update を停止
→ 歯車→更新とセキュリティ→から、アップデートを確認し、最新であることを確認してから

Windowsの検索画面で「services.msc」と入力して検索。


「サービス」が起動するので、下の方の「Windows Update」を右クリックでプロパティ。


スタートアップを手動にする。
今のサービスの状態:を停止に。

意味なし。なので、セキュリティの観点から元に戻しました。
 

ここまでは効果のなかったもの。下記が効果のあったもの。

 

Sysmainの停止
→ Sysmainは依然(環境によっては今も)Superfetchと呼ばれる機能。
細かくは違う物だが、同じものの名前が変わったと思ってもらっていいい。
環境によってはこいつが悪さをする。

上記の Windows Update 停止と同じ手順で、Sysmain (場合によってはSuperfetch)を右クリックしてプロパティ。

スタートアップを無効に。
サービスの状態:停止に。

これでもう一度ディスク使用率を調べると、10%ぐらいになったので解決。

この記事も読まれています